あべのタカイデス!

今日の中継コーナーは日本一の高層ビル、あべのハルカスからの中継でした!
行ってくれたのは代走みつくにさん。

あべのハルカスの展望台の広場に今、
ウォールクライミングができる壁が設置されているんです。

上が吹き抜けになっている天空庭園という広場に5mと10mの壁が設置されています。
「地上300m ウォールクライミング」、5月8日までの土日祝に開催中です!
今日は平日ですが特別に体験させてもらいました。

ウォールクライミングとは、道具をつけて
壁についている突起に手や足をひっかけながら登るというものです。

それをあべのハルカスの58階でさらに上を目指すという
他では体験できない体験ができるわけです。

代走さんはもちろん高みを目指して10mの壁にチャレンジ!!

上に行くにつれて金山プロデューサーも必死にマイクをのばします。

意外とスイスイ行ったかと思いきや、
なんとあと2mのところでギブアップ!

代走みつくにさんが高みに上がるのはいつになるんでしょうか。
スタジオで言い訳言うの、やめてくださいね(笑)

このウォールクライミングは5月8日までの土日祝に開催されています。
体重30~90kgの小学生以上の方から参加して頂けます。
料金は500円で、別途展望台への入場料が必要です。

詳しくはあべのハルカスのホームページをご覧頂くか、
ハルカス300インフォメーション 06-6621-0300 までお問い合わせください。

地上300mの空気を体感しに、ぜひお出かけください!

AD アーニー

ミッキパッドVol.53《タケノコ》

ミッキパッド
リスナーの皆さんにレシピを教えてもらうコーナーです。
今回は「たけのこ」を使ったレシピを教えてもらいました。

▼タケノコのピクルス
①鍋に酢200ml、水200ml、砂糖40g、塩小さじ1を入れて
火にかけて沸かし、砂糖を溶かす
②タケノコは1cm幅の薄切りにし、熱したフライパンにサラダ油を入れて炒める
③タケノコ全体に軽く焼き色がついたら、酒、みりん、醬油を各大さじ1、
かつお節一掴みを入れて水分がなくなるまで炒める
④容器に炒めたタケノコを入れ、①のピクルス液を熱いまま注ぎ、半日以上置く
タケノコいっぱいもらって消費に困る~!という時によさそうですね。

▼タケノコグラタン
①鶏胸肉をそぎ切りにし、塩コショウをして炒める
②タケノコも切って炒める
③わかめは戻しておく
④お皿に鶏、タケノコ、ワカメを入れてホワイトソースをかけ、チーズを乗せて焼く
⑤上にワカメをトッピングする

▼タケノコの小判焼き
①タケノコの固いところ300gをすりおろして水気を切る
②剥きエビ200gをたたきつぶす。
③グリーンピース、片栗粉大さじ2、酒、薄口醬油各小さじ2、塩小さじ1、
タケノコ、むきエビを全部合わせてフライパンで焼く
④レモンを添える
タケノコをすりおろすという発想がスゴイ!
お子さんも好きそうなメニューですね。

▼タケノコの唐揚げ
①ゆでたタケノコを縦8等分に切ってだし汁、酒、薄口醬油、砂糖でひと煮立ちさせ、
そのまま冷めるまで置いておき味を含ませる。
②タケノコの水気をキッチンペーパーで拭いて、片栗粉を全体にまぶす
③170度の揚げ油で3~4分揚げる
④器に盛り、大根おろし、すだち(レモンでも)を添える
天ぷらはよく聞きますが、タケノコを唐揚げに。
味がしゅんでおいしそうですね。

今週もたくさんのレシピ、ありがとうございました。
皆さんもぜひ試してみてくださいね。

次回は「さくらえび」を使ったレシピを教えてください。
どんな料理に使いますか?

皆さんの「さくらえび」レシピ、お待ちしています!

AD アーニー

アボカドのメニュー

アボカドレシピを試しました!

アボカドとマグロのディップ。
「サーモンでもいいですよ・・・」とのことでしたので、出物があったサーモンで試しました。

本当にアボカドってわさび醤油とあいますよね。

もう一つはアボカドと鶏挽肉のピリ辛炒め。
アボカドに火をいれたメニューは初めて作りました。

赤唐辛子がちょっと多すぎましたが、こちらもおいしくいただきました!

自分で作っていると、ついつい同じようなものになってしまいます。
みなさんからのレシピが大助かり。
ありがとうございます!

来週は‘さくらえび’を使ったレシピをお待ちしております!

     ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. Ambitious / ハウンドドッグ

 2. ダンデライオン~遅咲きのタンポポ~ / 松任谷 由実

 3. 面白山の滝 / 岩本 公水

 4. まっすぐ / ヒグチ アイ

 5. 速達 / ばんば ひろふみ

 6. 春夏秋冬 / 泉谷 しげる

 7. Sailing / Christopher Cross