吉田山田さん

2013年にNHKみんなのうたで流れた曲、‘日々’が大好評!
以来幅広い年代に指示されている‘吉田山田’のおふたりです。

黒髪が吉田さん。金髪が山田さんです。
おふたりのおしゃべりの完成度が高くて、すっかりのせられてしまいました!

ちなみに山田さんの肩幅が広いのは、小学校時代好きだった’さっちゃん’目当てで
「プールを習っていた」からだそうです。

「プールを習う」って!(笑)

3月2日に、アルバム「47【ヨンナナ】」がリリースされます。
3月4日にはリリース記念イベントがあべのキューズモールで行われますよ!
そしてそして4月24日の大阪を皮切りに、「47都道府県ツアー~二人また旅2016~」がスタート!

言うときますけどこのポーズは吉田さんのプロデュースですから!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 君に逢いたくなったら… / ZARD

 2. Beautiful Smile~NO MUSIC,NO LIFE~ / SOFFet with Tokyo Junkastic Band

 3. 寒い夜だから… / 徳永 英明

 4. 再会タイムマシン / 野口 五郎

 5. 母のうた / 吉田山田
    (ゲスト)

 6. イエスタデイにつつまれて / 塩乃 華織

 7. Heaven / Bryan Admas

    ~*~*~*~*~*~*~*~

大阪 日本橋の国立文楽劇場には、文楽に関係する書籍を集めたスペースがあります。

1階ロビー奥の史料展示室の奥。

興味深い展示も見られます。

もうひとつは、劇場の3階にある閲覧室です。

間もなくここに並ぶのが、先日出版された「簑助伝」です。

先週このコーナーに来てくださった吉田蓑紫郎さんの師匠
人間国宝の吉田蓑助さんの写真集なんです。

今後、こんなところまで入り込んで写真に収めることはムリだろう・・・というウラのウラまで

また、「弟子にも見せない」、人形の頭を支える‘胴串(どぐし)’を操る手も
公開されています。

写真に添えられた簑助さんの言葉がまた、いいんです!

82歳になられた今も「死ぬまで修行を続けます」とおっしゃる・・・
静かな炎を垣間見た気がしました。

休館日など確認してからいらしてくださいね。

ミキペディアVol.46《TVドラマ》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回は「女性はどうしてテレビドラマをよく見るのか」という疑問でした。

【女性の意見】
・育児や家事、仕事、あるいは旦那さんから現実逃避するため。
ドラマの話をしている間は現実を忘れ、自分がヒロインになった気分で夢中になり、
エネルギーを貰って、再び現実に戻るため。
・女優の衣装チェックをして、特に同年代の女優さんの着こなしや流行を参考にするため。
・医療ドラマや刑事ドラマなどでは、自分が医者や刑事になった気分を味わいたい。
また、先の展開を予想したい。
・恋愛ドラマの場合、ヒロインを自分に当てはめて好きな俳優と擬似恋愛をしている気分に浸るため。

【男性の意見】
・女性はいくつになっても「夢見る少女」で、
現実離れした恋愛漫画やドラマでも主人公や内容に共感しやすい。
男性は夢を見るにも現実路線のため、現実離れした内容には共感しにくい。
・女性に見て欲しいと作られているドラマは、女性が感情移入しやすい設定に作られているし、スポンサーも女性向けのものが多いため。
・一般的に男性がロマンチストで、女性はリアリストと言われている。
リアリストな女性がドラマを見るのは、ドラマを見ているときだけ息抜きとして、自分自身をドラマのヒロインとダブらせてロマンに耽っているから。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回の疑問は今日のお題に対して、男性編です。
「男性はどうしてテレビのチャンネルをコロコロ変えたがるのか」
あなたの周りにこんな男性、いてはりませんか?
または自分がそう!という方いてはりませんか?

皆さんからのご意見、お待ちしています。

AD アーニー