ミキペディアVol.45《1月2月3月が早く過ぎることについて》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回は「1月2月3月が早く過ぎるように感じるのはなぜでしょう?」という疑問です。

【寒さが本番説】
普段は仕事帰りに飲みに行ったり、休日には娯楽地に遊びに行ったりするが、
1月~3月は外が寒いのでどこにも行かず、早く自宅に帰って寝てしまうため短く感じる。

【休みが多い説】
1月は一般的には仕事が正月休みの期間の分短く感じられ、
2月は28日か29日までしかなく、祝日もあるため3月が来るのが早い。

【行事が多い説】
1月は元旦、2月は節分、3月はひな祭りと月初めに象徴的な行事があり、
それぞれが昔から根付いている伝統行事のため、
行事の時期が訪れるたびにバタバタと月が変わっていくように印象付けられている。
また他にも、新年会、自治会役員改正、バレンタインデー、ホワイトデー、卒業、入学など、
企画行事が目白押しのため、あっという間に過ぎてしまう。

【年度末は忙しい説】
3月は年度末のため仕事量が多く、日数が相対的に足りなくなるため、短く感じる。

【実は1月2月3月だけではない説】
4月は年度初めの仕事が多く、4月下旬から5月上旬にかけて大型連休もあるため、
人によってはあっという間に半年が過ぎると感じている人もいる。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回の疑問は「女性はなぜテレビドラマをよく見るのか」です。
テレビドラマの話でもっぱら盛り上がっているのは女性・・・という気がしないでもありません。
このことについて理由があるのでしょうか?
皆さんなりの回答をお待ちしています。

AD アーニー

簑紫郎さん

文楽は2月は東京公演なのですが、吉田 簑紫郎さんは後半からのご出演です。

物静かで、人形一筋な吉田簑紫郎さんの趣味はカメラ。
一眼レフのカメラを持って、先日は曽爾高原へ行かれたそうです。
自然に親しむというよりは、撮影の為に出かけはるタイプなようです。

もうひとつは映画鑑賞。
といっても劇場上映は時間が合わない上に、
単館で短い期間上映されているような映画までご覧になるので、
専ら自宅で鑑賞するパターンなようです。

因みに私はコスチュームもの、中世ヨーロッパやシェークスピアものが好きなのですが、
ここは一致しませんでした!

動画を撮影するのも好きとおっしゃるので、
ぜひ舞台の裏側などのドキュメンタリーを撮って欲しいとお願いしました!

すると、「師匠(人間国宝の吉田 簑助 さん)が人形を動かしてはるところを個人的に残しておきたいですね・・・」と
しみじみおっしゃった表情が印象的でした。

仕事として、と言うより本当に文楽・人形がお好きなんだなぁと
つくづく感じさせられました。

長かった足遣い・左遣いの期間も、「かえって得したなぁと思います。」とおっしゃる簑紫郎さん。
これからも目が離せません!

今日は国立文楽劇場の手ぬぐいを2名、
クリアファイル3枚セットを3名にプレゼントします。

どちらが欲しいかをお書き添えの上、ご応募ください。

    ~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. ラブ・ストーリーは突然に / 小田 和正

 2. 今夜はドラマチック / 純烈

 3. SNOW!SNOW!SNOW! / Kinki Kids

 4. 薄紅 / LACCO TOWER
    (今月のA-MUSIC)

 5. 風に吹かれて / Bob Dylan

 6. TIME STOP / 米米CLUB