ミキペディアVol.18《穴の開いている木べら》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という疑問をリスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回は堺市のすずらんさんから頂いた疑問です。
「調理に使う木べら。
穴が開いた木べらと開いていない木べらは何が違うのでしょうか」

この疑問に対する皆さんからの回答です。

【フック説】
柄の部分に穴の開いているものと、へらの部分に開いているものがあるが、
木べらの穴はフックにひっかけるためのもの。
枝の部分は分厚いため、フックによっては引っ掛けにくいので
へら部分に穴の開いているものはその改良型。

【力の軽減説】
粘性の強いものを混ぜるときに穴から具材が通り抜けるため抵抗が少なく、
かき混ぜる力が少なくて済む。
また、具材がへらにくっつきにくくはがれやすい。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回の疑問です。
住吉区のキティ大好き乙女さんから頂いたお題です。
「あくびをするとなぜ涙が出てくるのでしょう?」

根拠を聞いたことあるという方、ご自分なりのご意見がある方、
推測でもかまいません。
皆さんのご意見、お待ちしています!

AD アーニー

人形遣い 吉田一輔さん。

「べっぴんサークル文楽へ行こう」は久々にゲストの登場です。
人形遣いの吉田一輔さんです。

一輔さんは、13才でお父様に入門。
でも、最初は反対されたそうです。
世襲ではないので、お父様もそのつもりはなかったそうですが、
一輔さんの心は固かったのですね。

年月を経て、まさかご自分の息子さんが同じ道を選ぶという事も
想像していらっしゃらなかったそうです。

そして、やはり「反対」なさったそうです。
不思議なものですね。


(高岡人形を遣っていただきました。)

息子さんが入門なさってからはより一層
「ちゃんとせなあかんな」という思いが強くなられたとか。

文楽の世界でも珍しい四代目の誕生に、
(人形遣いでは初めてのこと)
昔からの文楽ファンは益々楽しみでしょうね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~

商店街を歩いていて、お母さんと三姉妹を見かけました。

三姉妹はそれぞれが好きなヘイセイジャンプのメンバーの
顔写真のうちわを持っていました。
前を行くお母さんが振り返って、「たこ焼きは一つづつ?」。

うちわもそれぞれ、たこ焼きもそれぞれ。

大変ですよねぇ。

みなさんから「私のアイドル」のお便りをいただきました。

昔から変わらず松島アキラさん、
生まれ変わっても桜田淳子さん、
死ぬまで前川清さん、と思っていたのにいつの間にか山内惠介さんに・・・。

みなさん様々ですね。

夢中だった時期はいまから考えると宝ものです。

もちろんそれが持続しているなら、今を存分に楽しみたいですよね!
たくさんのお便りありがとうございました。

    ~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 夏のシルエット / スターダスト・レビュー

 2. 人生は一度きり / Little Glee Monster

 3. 夏の決心 / 大江 千里

 4. 女神 / 井上 陽水

 5. 気分は逆光線 / 来生 たかお

 6. 今治みれん雨 / 北野 まち子

 7. 想い出のサマー / Bryan Adams