ミキペディアVol.11「電池」

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という疑問をリスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回は「リモコンなどの電池で動く製品で、電池が弱くなってきた時、
電池の場所を左右入れ替えたりすると一時的に復活するのはなぜ?」
という疑問でした。

今週はファンタジーなお答えが多かったようです。
いろんな説をご紹介しました。

【思い込み説】
電池を一回外してもう一度入れると、新しい電池を入れて貰ったと勘違いし元気になり張り切るため。

【リフレッシュ説】
人間と同じように、たまには心の洗濯が必要。リフレッシュしてもう少し頑張るため。

【人事異動説】
もう疲れた・・仕事、辞めようと・・と思っているときに配置換えに。
もう一度頑張ろうとするが、疲れは回復していないので退職する。

【電池の感謝説】
電池の気持ち
「今まで窮屈に行儀良く並べられてしっかり働いてきました。でも疲れてきました。
人間が自分を動かしてくれて気分がすっきり。
もう一働きしよう!と少しだけ働くのです。
もったいないので最後まで使ってね。
そして私を捨てるときは、約束を守って捨ててほしいな。
大切に使ってくれてありがとう。」

・・・・・・・・・・・

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

———————-
さぁ、来週は
「満腹なのに、自分の好きなものだと別腹で食べられてしまうのはなぜ?」
という疑問です。

こんな経験、ありますよね。
皆さんのご意見、お待ちしています。

AD アーニー

笑福亭枝鶴さん

ゲストは笑福亭枝鶴さん。

高校2年生の時入門して今年40周年。
「中身は入門した時のまんまです。」とおっしゃっていました。

26~7歳の頃、笑福亭枝鶴さん、桂小春団治さん、北野誠さんの3人で、
コントギャグユニット「ギャグ性感隊」として活動してらしたそうです。
今回30年ぶりに3人が集まって当時のネタを舞台にかけはります。

打ち合わせもその打ち上げも盛り上がった(?)そうですよ。

そのほか、当日は北野誠さんの漫談や桂小春団治さんの落語もあるという
盛りだくさんの40周年の記念の舞台。

枝鶴さんは「ろくろ首」と「遊山船」をかけはります!

30年ぶりのコントは「ネタを覚えられへん」そうで、
「舞台で、意味があるのか無いのかわからん‘間’があるかもしれへんので、
 それも見に来てください。」とのこと。

「枝鶴芸歴40周年の宴」は、6月27日(土)18時半から。
道頓堀にあります、DAIHATSU MOVE 道頓堀角座 です。

    ~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. Bibbidi-Bobbidi-Boo / 松田 聖子

 2. 安里屋ユンタ / 夏川 りみ

 3. DANCE WITH ME / ORLEANS

 4. サマータイムラブ / Shiggy Jr.
    (今月のA-MUSIC)

 5. Don’t be Love feat. 斉藤和義 / シシド・カフカ

 6. 永遠にともに / コブクロ

 7. ケ・セラ・セラ / 小野 リサ

 8. なみだ百年 / 北川 裕二

 9. milk tea / 福山 雅治