ばくりょう

JR・地下鉄弁天町の交通科学博物館で開催中の
「曝涼展」へ行ってきました。

曝涼とは、いつもは蔵に入っているものに日や風をあて、虫やカビを払い、
状態を点検するという意味です。

今まで目にする事の無かった収蔵品が公開されています。

なんだか愛嬌のある合図燈

駅構内でた~くさんの人たちがすわったであろうイス。

なつかしい硬券を作るハンコもありました。
そして、この不思議な新幹線カラーの長細い板?

これは、新幹線の「転落防止カバー」でした。
今なら、連結部分には蛇腹のアコーディオンカーテンのようなものがついています。

想像ですが、この防止カバーは新幹線ができあがってから付け足したのでは?
できあがってから、「アッコレあぶないんちゃうん?!」となったのではないでしょうか?!

そんな想像していると、このカバー、
なんだかとっても人の暖かみが感じられます。

車両で駅弁も食べました。

この日も常設展のジオラマは大人気。
1日3回、係の方が列車を動かしてくれます。
ぜひ、時間を確認して、ご覧になってください!

交通科学館が来年4月で閉館します。
曝涼展パートⅠは12月15日までです。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 愛はふしぎさ / 米米クラブ

 2. 走れ風のように / 木之内 みどり

 3. 迷い道 / 渡辺 真知子

 4. ある朝、風に吹かれて / エポ

 5. 大阪バッテリー / アツコとイチロー

 6. 愛しき日々 / 堀内 孝雄

 7. 虹 / ゆず

 8. 涙から明日へ / 堺 正章

    ~*~*~*~*~*~*~

「道の駅から町自慢」のコーナーは
「紀ノ川万葉の里」をご紹介しました。

柿のプレゼントいただきました!