胴上げ!

先日お仕事で担当した結婚式で、おひらき後、
新郎のお友達が新郎を胴上げしてらっしゃいました。

一生の内でなかなかない事ですよね。

胴上げは江戸時代初期から行われていました。
あの大奥でも、すす払いや節分などに行われていたそうです。

お祝いの印象がある胴上げですが、「制裁」の意味もあるそうです。

井原西鶴の「好色一代男」に、牢に入ってきた新入りの罪人を胴上げして
下に落とす場面があるそうです。

大相撲では、千秋楽の表彰式のあと、土俵上で行司を胴上げします。
これは、「神送りの儀式」といいます。

場所が始まる前に「土俵祭り」で神が宿り結界を結んだ土俵から、
神を返すという意味があります。

「娘の結婚式で、婿の友達をけしかけて胴上げさせ、それにまぎれて
2,3発どついた」というお父さんからのお便りをいただきました。

これは「制裁」ではなく、「お祝い」ですよね。


大阪中央区の大手前病院にある寺内商店です。


手書きのポップでおススメ商品などを紹介してはります。店内にもカラフルなポップがいっぱい。
スタッフの皆さんもとっても明るくて、今までの‘病院内の売店’のイメージとちょっと違います。

平成18年から手書きで作ってはる「ばいてんだより」が40号をむかえました。

介護用品や便利グッズなども紹介してはりますので、
必要とされてる方達からとても重宝がられているようです。

希望者には郵送もしていただけるそうですよ。
「患者さんとの接点になれるように」
という気持ちが伝わってくる内容です。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 恋のダイヤル6700 / フィンガー5

 2. 大阪すずめ / 永井 みゆき

 3. 春うらら / 田山 雅充

 4. 七色の幸せ / ピンキーとキラーズ

 5. 浮世絵の街 / 内田 あかり
    (今だから話せる、マダムの恋バナ)

 6. シー・シー・シー / ザ・タイガース

 7. 学校の先生 / 坂上 二郎

 8. おんなの神輿 / 森山 愛子

 9. マイ・スウィート・ホーム / 小泉 今日子

10. ついてくるかい / 小林 旭