吉田玉誉さん!

2018/07/18 水曜日 - 18:49:32 by 髙岡

今日のゲストは人形遣いの吉田玉誉さんです。
優しい人柄がにじみ出てはりましたねぇ。

文楽の世界に入ったキッカケをうかがうと、縁ってあるもんだなぁと思いました。

高校生の時「クイズ100点満点」(タイトル不明?)という番組をみている時に、
「文楽の技芸員募集。誰でも技芸員になれますよ」というような場面があったのだそうです。

その時は、「誰でもなれるのか~。」と思いつつ、踏ん切りが付かないままでした。
東京で予備校生活を送ってはったある日、
たまたまテレビCMに出演している文楽人形を見て、以前興味をもっていた気持ちに火が付きました。国立劇場に文楽を見に行き心が決まりました。

そして平成4年20歳の時に、文楽研修生15期生に応募しはったんです。
平成6年に名前をもらって初舞台。
ところが、6年たったときに急に他の事をやってみたくなり、
「青年海外協力隊」に応募しますが、落選。
東京で就職されて高層ビルの窓ふきなどをされていました。

3年ほどする内に、「文楽の世界に戻りたい」と思うようになりましたが、
大見得切ってやめた手前、言い出しにくい...。

そこへ、「戻ってこないか」というお話が持ち上がり今に至ったのだそうです。

お話ぶりはとても穏やかな方ですのに、大胆な行動力にちょっと驚きました!

一旦離れていたからこそ文楽への気持ちも再認識されたんでしょうね。

7月21日(土)から始まる夏休み文楽特別公演は3部構成です。
第一部では玉誉さんは文楽の解説に登場しはりますよ。(7/30~8/7)

シリーズ 文楽技芸員の手です。

夏休み文楽特別公演  於)国立文楽劇場

第1部 【親子劇場】          瓜子姫とあまんじゃく(うりこひめとあまんじゃく)
 午前11時開演             木下順二=作 二代目野澤喜左衛門=作曲         

                      解説 文楽ってなあに?

                      増補大江山(ぞうほおおえやま)
                        戻り橋の段

第2部 【名作劇場】          卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)
午後2時開演                平太郎住家より木遣り音頭の段

                      大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)
                        六波羅館の段/身替り音頭の段
          

第3部 【サマーレイトショー】    新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)
午後6時15分開演           野崎村の段

                      日本振袖始(にほんふりそではじめ)
                        大蛇退治の段                                                                            近松門左衛門=原作 鶴澤清治=補綴・補曲
       

サマーレイトショーにも玉誉さん、出演されますよ~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「あっちこっち行ってみ~」は兵庫県立美術館で開催中の『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』をご紹介しました。

スペインの首都マドリードにあるプラド美術館は、1819年に王立の美術館として開設されました。

今回はスペインを代表する画家のひとり、ベラスケスの作品7点が一挙来日! そのほかにも、16世紀以降のスペイン王家によって収集されたヨーロッパで活躍した巨匠たち、スペイン美術の黄金時代を彩った名作の数々が展示されています。
関西では12年ぶり、兵庫県立美術館では初めてのプラド美術館展の開催です。

会場では7つのテーマに沿った展示と、大パトロンであったフェリペ4世の収集品から見るスペインのアートシーンを知ることができます。

そして 17世紀スペインを代表するのみならず、西洋美術史上最も傑出した画家のひとりであり、マネやピカソなど後世の芸術家たちにも大きな影響を与えた巨匠ディエゴ・ベラスケスの傑作が「7点」そろう画期的な展覧会なのです!

このベラスケスの作品がすごいんです!
素人目に見てもすごい迫力です。

ディエゴ・ベラスケス(1599~1660)は17世紀スペイン絵画を代表する巨匠で、国王フェリペ4世の側近として王宮の重職にも就きました。もちろん宮廷画家として活躍した彼は、国王が強く賢い人物であることをプロモーションする作品を多数描いています。

そして、「彼の作品には、巧みな空間表現、貴人、矮人(わいじん)、道化を区別せずに描くリアリズム、印象派の先駆とも呼ばれる近代的な筆遣いが見られる。」といわれています。
肖像画の前に立つと、見ているこちらを射貫くかのまなざしを感じます。
描かれた人物と、その人物が見つめる人物、絵を見る私たちなど、様々な視線が行き会い、不思議な感覚です。

また偉大な哲学者や神話の神々を市井の人のように描いています。

あの軍神マルスの弱々しい姿にはビックリです。でも、この姿にも実は意味があるんです。

このように、作品に込められている意味などに注目すると、絵画が時代や権力者にとってどのような働きが求められていたのかがわかって、これも興味深いです。

プラド美術館では、彼が残した作品の半数近くを所蔵していますが、国民的画家としての重要性から、まとまった数で貸し出される機会は極めて限られています。本展には重要作ばかり7点が出品されますが、これは日本で開催される展覧会では過去最多の作品数です。

『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』は

 期 間 2018年6月13日(水)~10月14日(日)迄
 会 場   兵庫県立美術館
 開館時間  10時 – 18時(金曜日、土曜日は午後8時まで)
         *入場は閉館の30分前まで
 休館日   月曜日(ただし祝休日の場合は開館、翌火曜日休館)

アクセス   阪神「岩屋駅(兵庫県立美術館前)」から南側へ徒歩8分、
        JR神戸線「灘駅」南口から南側へ徒歩10分、

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. パスワードシンドローム / さだ まさし
 2. 星屑のステージ / チェッカーズ
 3. 高嶺の花子さん / back number
 4. MESSAGE -メッセージ- / Bank Band with Salyu
 5. みれん節 / 水雲-MIZMO-
 6. 浅い眠り / 中島 みゆき

花園直道さん

2018/06/27 水曜日 - 18:30:39 by 髙岡

今日のゲストは日舞パフォーマーの花園直道さん。
日舞の世界では珍しい181cmの長身です。

「人とは違うことがやりたい」という思いもあって、12歳で日舞を始めその後三味線も本格的にお稽古をはじめはりました。
10代の頃は健康ランドなどで師匠について様々な舞台をつとめはったそうです。

その後、師匠からの言葉で自分の舞台をスタートさせました。
コツコツ小さな舞台を大事にしてはる内に、様々なところから出演のオファーが増えてきたんだそうです。

「お稽古は定期的に今も見ていただいています。」
マイケルジャクソンの曲にあわせて踊るという、新しい試みに挑戦し続けていても
基本を大切にするという気持ちは常に忘れないんですね。

9月13日(木) 14時半~/18時半~
NHK大阪ホールで 「花園直道 百花繚乱 華FUBUKI」が行われます。

花園さんを始め、新進気鋭の若手舞台人が登場して繰り広げる
〈和〉の新感覚エンターテインメントショー!です。

ぜひお出かけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「べっぴんサークル文楽へ行こう」のゲストは吉田玉翔さん。

高校まで高知県で育った玉翔さんは、18歳の時、先代の吉田玉男師匠に入門されました。

当時の玉男師匠のお弟子さんの名前は‘玉’という玉の文字のあとに一文字という名前だったそうですが、
「もう文字がないなぁ~」となって当時流行っていた‘翔’という文字が採用されました。

ただ、玉翔さんの中では「師匠と懇意の母親が頼んだかもしれない...」と疑ってはるのですが、「母親に確認して、‘お母さんがつけたよ’って言われたくない」ので、
確認してはらへんそうです。

「師匠がつけてくれた」と信じたいですから。

小学生のお嬢ちゃん2人のパパでいらっしゃる玉翔さん。
運動会に行ったり、お嬢ちゃんの通う学校へ「学校訪問」された事もあるそうです。

劇中で雪が降るシーンがあって、子ども達が大喜び!!「芝居見てへんやろぅ」というくらい
大騒ぎだったそうです!

シリーズ「技芸員の手」です。
おしゃべりしながらの撮影でした。笑

7月21日からは「夏休み文楽特別公演」です。
    1部 「親子劇場」  2部「名作劇場」  3部「サマーレイトショー」と

中身が変わりますので、お好みの作品を選ぶのもいいですよね。
もちろん全作品、みたいですけどね~。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

昨年大阪城天守閣前にオープンした「ミライザ大阪城」に、新たなアミューズメント施設が誕生しました。

古今東西のマジック、トリック、イリュージョン等を一堂に集めた「イリュージョン・ミュージアム ~幻影博物館~」です。

今まで考えたこともなかった「マジックの歴史」。
一番最初は「幽霊」なんだそうです。
1848年、ニューヨークで起こった超常現象です!
家の中に鳴り響く不気味な音とこの家の姉妹が交信できると主張したのです!

この出来事から、全米にスピリチュアルブームが巻き起こります!
そして様々な交霊現象のデモンストレーションを行う霊媒が登場するんです!

交霊現象を‘見せる’デモンストレーションって!
当時、このデモンストレーションを見た人達の驚きは今とは比べものにならなかったでしょうね!
でも、今も昔も「怖いモノ見たさ」というのは変わらないんですね~。

1812年、探検家のコレクションを見せる「ロンドン・ミュージアム」が
イギリスにオープンします。
後に外観から「エジプシャン・ホール」と呼ばれたこの舞台で、伝説的な名奇術師がその技を披露しました。

映画「グレイテスト・ショーマン」の主人公の興行もこのホールで多くの人を驚かせたんです!

その後、この奇術の殿堂ではストーリーマジックが生まれ、
人体浮遊術も1849年にはすでに演じられていました。

館内にはそういったマジックの歴史や展示物が紹介されていたり、
トリックの不思議を体験するコーナーもあります。

これ、すごいでしょ?
同じ部屋にいるのに、こんなに大きさに差があるようにみえるんですよ!
これは目の錯覚を利用してるんです。

こういう目の錯覚を利用するのもマジックには重要なんですね。

実際のマジックショーも見られます(別料金)

そしてそしてマジック体験コーナーもあるんですよ!
私浮いてます!?

マジック界のアカデミー賞とも言われる「マーリン・アワード」という賞があります。
この賞を日本人として20年ぶりに受賞したメイガス氏が
この「イリュージョン・ミュージアム」をプロデュースしました。

今もマジックは心理学を駆使して新しいマジックが誕生し続けています。

この博物館も、定期的なアップデートが予定されているそうです。
今も生き続けるトリックを、間近で見る事もできますよ!

アクセス   JR大阪城駅、大阪メトロ谷町四丁目駅・森ノ宮駅から約15分
         大阪城天守閣を目指してください。

開館時間  10:00~17:30(最終入場 17:00)
料金    【入場】 大人 1,200円 / 小人(4~11歳) 700円
  3歳以下 無料  
※障がい者手帳等ご提示(介護者1名) 700円

【イリュージョンショー】(別途)  大人 500円 / 小人以下 無料
              (上演時間:約15分)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. HABANA EXPRESS / 寺尾 聰
 2. じょんからロック / 花園 直道
 3. 夏はこれからだ! / 福耳
 4. ズルい女 / シャ乱Q
 5. This Love / アンジェラ・アキ

稲川淳二さん

2018/06/26 火曜日 - 18:03:21 by 髙岡

今日のゲストは怪談家の稲川淳二さん。
2年ぶりにお越しくださいました。

今回もわたし、数珠を持ってきました。
「数珠はいいんでしょうね。ヨーロッパにもよく似たモノがあるんですよ。」と
稲川さん。とっても優しい笑顔で話してくださいます。

なのに怪談話しは・・・!怖過ぎ~。
舞台で稲川さんが語る「異世界」には引き込まれます!

先日からずっとついてくる女性の霊のおかげで指先が切れたまんまで
痛いんですって!確かに両手の何本かの指先、痛そうでした。

「稲川淳二の怪談ナイト」では舞台に幽霊が現れた事もあるそうですよ!
大阪で何人ものお客さんが目撃したんです!

いよいよ7月から、ツアーがスタートします。
関西でも京都、大阪、奈良で行われます。

8/11(土) ロームシアター京都サウスホール
8/23(木)、24日(金)、25日(土)、26日(日) 森ノ宮ピロティホール
8/22(土) なら100年会館大ホール

蒸し暑い夜は「稲川淳二の怪談ナイト」で決まりです!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

先週はトマトのレシピをありがとうございました。

おいしくできました~。これからの季節にもよさそうですよ。

来週はきゅうりのレシピをお寄せくださいね。
お待ちしています!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. A Perfect Sky / BONNIE PINK
 2. 足跡 / 19
 3. 自転車 / JUDY AND MARY
 4. SEGODON / レキシ
 5. Circus Game / シュガー
 6. シンデレラガール / King&Prince

安部龍太郎さん

2018/06/25 月曜日 - 18:23:16 by 髙岡

直木賞受賞作家の安部龍太郎さんにお話をうかがいました。
2004年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。
また2013年には、『等伯』で第148回直木賞受賞なさっています。

新作の舞台は奈良です。
藤原京が完成してわずか4年で遷都が行われた「平城京」がテーマとなっています。
しかも工期がたったの2年半だったんです!

遷都しなくてはならないどんな理由があったのか?
何故そんなに急がなくてはならなかったのか?
この出来事の不思議!

この工事を率いる若き主人公の行く手を阻む様々な出来事。
そして最後のどんでん!

まぁ~後半の展開には何度もビックリでした!
関西の人間にとっては、なじみのある地名がたくさん出てくるのも楽しいです。

以前先生の作品「信長、燃ゆ」がテレビ東京の年末時代劇でドラマ化されました。
信長役は東山紀之さん。

そして先生はなんと時の帝としてこのドラマに出演なさっていました!
すっごーい!

今回の「平城京」なら、どんな役をなさるでしょうね?

安部龍太郎さんの「平城京」はKADOKAWAから発売中です。

   ~*~*~*~*~*~*~*~

昨日から有馬温泉に一泊して、今日はそのまま直接ラジオ大阪にやってきました。
日曜日夕方の有馬はすごい人です!

また、訪れる度に新しいお店が増えている気がします。
今回はジェラート屋さんを発見しました。

昨晩は先輩二人とワールドカップを観戦しながら大盛り上がり!
久しぶりに大はしゃぎした有馬の1日でした。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Sunshine Girl / Moumoon
 2. 恋衣 / 林部 智史
 3. わたしはわたしのためのわたしでありたい
              / ヒグチアイ
 4. 水無月 / 秦 基博

吉田玉翔さん 

2018/06/20 水曜日 - 17:53:47 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」は
人形浄瑠璃文楽技芸員の男前代表、吉田玉翔さんがゲストでした!

玉翔さんは、高知県のご出身。
高校時代は野球をやってらしたそうです。スポーツマンなんですね。
お母様が先代の吉田玉男さんの大ファンで、大阪へ文楽を見に行かれる時に
一緒に出かけた事が文楽に触れるキッカケです。

ファンだったお母様は玉男師匠の楽屋にもいらっしゃっていたとかで、
子供の頃から師匠の事を「カッコいいおじちゃん」と思ってらしたそうです。

そのまま玉男師匠に弟子入りをしたのが18歳。
以来25年です。

「野球部を途中で辞めた事を、後々まで後悔したんです。
あんな思いは絶対にしたくないという気持ちで、辛抱ができるようになったと思います。」
と、おっしゃっていました。

今週末、6月23日(土)・24(日)は国立文楽劇場で、
「若手文楽会」が行われます。
玉翔さんも忠兵衛を遣わはりますので、ぜひお出かけくださいね!

開演時間  午後1時 (午後4時30分終演予定) 
        ※開場時間は、開演の30分前の予定です。

演目     万才 (まんざい)
 
        絵本太功記 (えほんたいこうき)
         夕顔棚の段
         尼ヶ崎の段

        傾城恋飛脚 (けいせいこいびきゃく)
          新口村の段

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「あっちこっち行ってみ~」は

没後50年「藤田嗣治展」が開催されている山王美術館へ行って来ました。
山王美術館はJR難波駅に直結するホテルモントレ グラスミア大阪の22階にあるという
ホテル常設の美術館です。 珍しいですよね?

本展覧会は、山王美術館のコレクションから、全28点が展示される展覧会です。

作品点数が少ないと思われるかもしれませんが、
山王美術館では、‘同館の収蔵品’での展覧会を行っています。
よそから借り受けたり、もしくは他館へ貸し出したりは原則なさっていないんです。
ですから、ここでしか見られない作品ばかりなんですね。とても貴重ですよね。

藤原嗣治は東京美術学校卒業後、1913年初めてパリへ渡り、
成功を収める為に模索・工夫を重ね、独自の画風を築き上げます。
作品の中には常に日本人というアイデンティティが生き続けていて、この頃のサインには漢字の‘嗣治’が併記されているんです。

藤田は美しい「乳白色」「線描」といった画法でパリの人々を魅了し、
瞬く間にパリ画壇の寵児となります。
ピカソやモジィリアニも大変注目していたんだそうです。

その後、世界恐慌、世界大戦と時代に翻弄されながらも、国際的画家として制作を続けます。
戦後、再度渡仏。その後1955年にはフランス国籍を取得し、1959年にはカトリックに改宗し洗礼を受けています。

本展ではパリ留学時代の初期の作品の初展示から晩年の作品まで時代ごとに紹介しています。

初期の風景画・水彩画から晩年の子ども像、
「ど~なってんのん?」とつい見入ってしまう繊細で美しい油彩画まで、
明治から昭和にかけての作品の変遷を見る事は、時代が画家に与えた影響について考えさせられます。

日本画や木彫の展示もありますので、ぜひご覧になってくださいね。

ホテル内の美術館ですから、前後にゆっくりランチやティータイムを楽しむのもいいですね。

山王美術館 

会期 2018年3月1日(木)~7月31日(火)
開館日  毎週月~金曜日(月~金曜日の祝日は開館)
開館時間 11時~17時(入館は16時半)
アクセス  JR難波駅から約2分、大阪メトロ四つ橋線なんば駅北改札30番出口約2分
        他各線なんば駅から約2分~10分

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. VICTORY / EXILE
 2. VOLT-AGE / Suchmos
 3. 雨 / Gigliola Cinquetti
 4. アンブレラ / 椿屋四重奏
 5. 永遠の一秒 / 田村 直美
 6. 愛のしるし / PUFFY

ゲストは代走みつくにさんです!

2018/06/19 火曜日 - 19:14:28 by 髙岡

今日スタジオゲストは代走みつくにさんです。

大阪市内に住んでいらっしゃる代走さんのお宅もかなりの揺れだったそうですよ。
片付けに追われる中、独演会のお知らせにきてくれはりました。

7月でフィナーレを迎える大阪道頓堀角座。
ここで、6月30日(土)代走みつくにさんの単独ライブが行われます。
ラジオでは伝わりにくいネタもライブでは本領発揮です!
夜7時スタートですよ~。

ぜひおでかけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

※あくまで個人の感想です。第6弾
「とかすだけで髪がみるみる生き返る!魔法のブラシ」
(ブログ記事はこちら

毎日、寝る前と朝寝起きの30分過ぎに、ブラッシングを実践しました。

ブラッシングの気持ち良さを忘れていました!

特に頭のてっぺんにブラシを当てたときのなんとも言えない気持ち良さ。
昔こんなやったかなぁ?
いや~このツボかなり刺激されています!

感想・問題点
1)梅雨時の広がる髪への対処方が書かれていない。
2)ブラッシングにいい時間、避けるべき時間がある事がわかる。
3)頭はツボがいっぱい。血流を促し刺激する事で良い効果が?

一週間でそんなに効果が出るとは思いませんが、「ツヤでてますやん」」と言われると、
まんざらでもありません。

上が一週間前。下が今日です!

本の中には体験談が載っていました。
「ブラッシングを続けている内に、病気で抜けた髪の毛がはえてきた・・・。」
という声もありました。

「新しいヘアブラシが欲しいな~と思ってた!」という方には丁度いいかもしれませんね。

評価は・・・・よくできました!

とさせていただきます。

あくまで個人の感想ですけどね。

来週はどんなムック本でしょうか。お楽しみに!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

先週はエビのレシピをお送りいただき、ありがとうございました。
おいしくできました~。

来週は火を使わず電子レンジで作れるレシピをお待ちしております!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. LOVE RAIN~恋の雨~ / 久保田 利伸
 2. えりあし / aiko
 3. ニューヨーク・シティ・セレナーデ / Christopher Cross
 4. 赤い衝撃 / 山口 百恵
 5. 勇気100% / NYC

NPO法人 人形浄瑠璃文楽座 峯田悦子さん

2018/06/13 水曜日 - 18:27:23 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう」は、峯田悦子さんにお話うかがいました。

峯田さんはNPO法人人形浄瑠璃文楽座の事務局長でいらっしゃいます。

「たくさんの方に文楽を知っていただいて、魅力に触れてもらいたい」と、
いつも忙しくされています。

より文楽を楽しめるようにと、様々なイベントもなさっているんですよ。

6月16日 竹澤團七師匠出演の「文楽座話会」
8月 4日 有栖川有栖さん、桐竹勘十郎さん、竹本織太夫さん出演の
       「そうだ、文楽に行こう!!」
7月 8日 ルネッサながと への「日帰り観劇ツアー」

初心者向けから文楽通の方が楽しめる催しまで色々な企画です。

日頃から文楽を支えてくださる‘賛助会員’さんも随時受け付けてらっしゃいますので、
興味がおありの方はお問い合わせくださいね。

かわいいグッズは、組み合わせて抽選で3名様にプレゼントです。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「あっちこっち行ってみ~」は横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念して京都国立近代美術館で行われている「生誕150年 横山大観展」をご紹介しました。

初日はオープン前から長い列ができました。
人気の程がうかがえますね。

横山大観は明治から昭和初期にかけて活躍した美術家・日本画家です。
東京美術学校で学び、師の岡倉天心と日本美術院を設立した大観は、西洋画の画法を取り入れた新たな画風の作品を発表した人です。
でも、その先進的な画風は当時の画壇から批判を浴び、「曖昧でぼんやりとした画風」という意味を込めて「朦朧体」と呼ばれたんだそうです。

一時食べるのにも困っていた頃、「作品に向かう以外は釣り竿を持っていた」という逸話も
あるそうです。

大観は、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。
また当時としては珍しい主題を作品にし、従来の型から抜け出し注目を集めました。

やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。

今回は、大観の代表作で重要文化財の「生々流転」、「夜桜」、「紅葉」などに加え、
100年ぶりに発見された「白衣観音」(ひゃくえかんのん)も展示されます。

一番混雑が予想されるのはお昼をはさんだ午前と午後です。
比較的見やすいのは夜間拝観が行われる金・土曜日の17時以降だそうですよ。

生涯お酒を愛した大観は、意気投合した杜氏さんのつくる、「酔心」を好んだそうです。
食べるものも喉を通らなかった時も、酔心は口にしたという話しも残っています。

横山大観の作品がこんなにバラエティに富んでいるなんて驚きでした。
しかも巨匠は革新的で常に新しいものにチャレンジしていたんですね!

会場で見られる84歳の時の作品もそうでした。
豪快で緻密。繊細で大胆。

1つの作品の中にもうかがえる、、、。
巨匠はやはり巨匠でした!

会期   2018年6月8日(金)~ 7月22日(日)  ※期間中、展示替を行います。
      前期:6月8日~7月1日/ 後期:7月3日~7月22日

開館時間  午前9時30分~午後5時
        6月8日~6月30日の金曜日、土曜日は午後8時まで開館
        7月6日~7月21日の金曜日、土曜日は午後9時まで開館
        *入館は各閉館時間の30分前まで

休館日    毎週月曜日 (ただし、7月16日(月・祝)は開館し、7月17日(火)は閉館)

アクセス   京都市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
        地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩約10分

会期中、前後期以外にも作品の入れ替えが細かくありますのでご注意ください。

「生々流転」は3回にわけて展示。
その他にも展示期間が短い作品もありますので、ご覧になりたい作品は予め調べてお出かけになる方がいいかもしれませんね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 公園通り / ゆず
 2. REINCARNATION / 松任谷 由実
 3. I am a Father / 浜田 省吾
 4. Hero / 安室 奈美恵

吉田玉助さん

2018/06/06 水曜日 - 18:36:45 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」は
大阪・東京と襲名披露公演を終えられた 吉田玉助さんがゲストでした。

大阪の初日では思わぬハプニングに見舞われました。

人形の主遣いは左手で‘かしら’、首の部分を操作します。
そのかしらを支える糸が、舞台で切れたんだそうです!

これはエラい事です!普通に遣ってたら人形はずっとうつむいたままみたいなもんです!
なんとか持ちこたえながら、後見の持ってきたかしらに変えたんだそうです。

これが初日ですから。まぁ、1番大きな山を越えたようなもんですよね。

左は奥様の中西らつ子さんです。

東京の千秋楽の口上では、司会の簑二郎さんや大先輩の方々の言葉に、
玉助さんもウルッとこられたとか。

緊張の2ヶ月間を終えて「今は抜け殻です~。」とおっしゃっていましたが、

6月公演は鑑賞教室。
7月は夏休み文楽特別公演と大忙しですね。

奥様の内助の功がありますから、玉助さんは大丈夫ですね。

お体に気を付けて、これからも益々のご活躍をお祈りしております。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「あっちこっち行ってみ~」は

フランス宮廷に育まれたセーヴル磁器製作所の300年に及ぶ活動が紹介されている、
大阪市立東洋陶磁美術館の特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」を
ご紹介しました。

 セーヴル製作所は、軟質磁器工房として、1740年にパリ東端のヴァンセンヌに生まれました。
国王ルイ15世の庇護を受けて、パリとヴェルサイユの間に位置するセーヴルへ移転した製作所は、王立の磁器製作所となり1769年には硬質磁器の開発に成功します。
そして、ルイ16世とその王妃マリー・アントワネットに納めたほか、外交上の贈り物としても、ロシア皇帝エカテリーナ2世をはじめとした王侯貴族を魅了しました。
今では国立磁器製作所となっています。
中国では6世紀後半から白磁が知られていますが、15世紀までにヨーロッパにもたらされた中国磁器は、エジプトを経由した大変な貴重品でした。
白く薄く美しい白磁、磁器を見たとき、ヨーロッパの人たちは驚嘆したでしょうね。
ですから、美しい磁器を所有することは権力の象徴でもあったんですね。
18世紀前半にヨーロッパで初めての磁器がマイセンを先駆けとして制作されることになりました。

磁器の製作所がその時代の権力者、ひいては国立となって国が守っていという点は、日本とは全く違う形ですね。

今回の催しのチラシにドーンと写っているのは
18世紀には特に寝室や浴室において欠かせないアクセサリーだったポプリ壺「エベール」です。高28cmの小さなものですが、形も基調となるグリーンの色も素晴らしく美しいものです。

数々の作品の中で私が一番心惹かれたのが
「スープ用の蓋付小鉢と受け皿」です。 小さな受け皿にのった小鉢は、高さ5.5cm、
蓋:高6cmです。これ実は、1781年10月22日に誕生したルイ16世とマリー・アントワネットの息子の誕生を機に、セーヴル製作所が制作したものです。取っ手にイルカの装飾が施されています。イルカ(dauphin)、つまり「ドファン」という呼び名は、
未来の王位継承権を持つフランス王の長男を指す名称であり、フランス革命に消えることとなる将来のルイ17世を表わします。
王子の誕生の際、ドファンを象徴する動物であるイルカで装飾された特別な品々を製作しました。
このスープ用蓋物も、その誕生イベントを記念したものです。
潤沢な金彩装飾もまた、王の用いるものであることを強調しています。

「ベルバラ世代」の私にとってはルイ15世、寵妃ポンパドゥール公爵夫人、ルイ16世、
マリー・アントワネットなどが使っていたものを見ているというだけでもワクワクドキドキでした!

セーベルは20世紀初頭に外国人作家として初めて、沼田一雅が型の製作に携わりました。最近では草間彌生さんともコラボしています。
展示室を順に見ていくと、驚くほど変化していきますよ。
これは本当におもしろいです。
現代のアーティストとのコラボレーションも精力的に行っていて、作品の窯出しの際の映像も楽しかったです。

 今回、製作所の300年の歴史を物語る、セーヴル陶磁都市の所蔵作品約130件が展示されています。変化しながらも常に優雅で洗練された作品を製作し続けてきた、セーヴル磁器。その魅力にたっぷり浸ってください!

会期 平成30年4月7日(土)~7月16日(月)
休館日 月曜日(4/30、7/16は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

最寄駅
・京阪中之島線「なにわ橋駅」1号出口すぐ
・地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」1号出口、
地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」26号出口各駅から約400m 大阪市中央公会堂東側

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 雨のMelody / Kinki Kids
 2. 雨の日は家にいて / 山下 久美子
 3. U.S.A. / DA PUMP
 4. 今夜はBeat It / Michael Jackson
 5. 丸の内サディスティック / 椎名 林檎
 6. いとしのテラ / 杉 真理
 7. 髪をほどいて / bird

鶴澤清公さんⅡ

2018/05/23 水曜日 - 18:16:20 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」は先週に続いて文楽・三味線の鶴澤清公さん。
研修生から文楽の世界に入られた清公さんは現在鶴澤清介師匠のお弟子でいらっしゃいます。

2年の研修生を終えると、それぞれがどなたに入門したいのか希望を出します。
「『ウチの師匠』、という感じがウチの師匠だったんです。」というのは、
なんだかイイですよね~。

入門時、三原からご両親が大阪へ出ていらして、初めて師匠と対面という‘顔合わせ’がありました。
「しゃべることないで~」とおっしゃっていた師匠はなんと2時間しゃべり通しだったそうです。
「石にかじりついてもなんて思わずに、合うなぁと思ったら続けたらええんです。」
ともおっしゃったそうです。

師弟の様子がうかがえるお話でしたね。

写真はシリーズ化しています「技芸員の手」です。

清公さんは宝塚歌劇の大ファン!
ヅカジェンヌの方が劇場にいらっしゃると、周りの技芸員の方々がすぐさま清公さんに教えてくれはります。
すると清公さんはかねて用意の三味線の胴板を持って行って、サインをもらいはるんだそうです。

楽屋にはタカラヅカの公演チラシが皆に見えるように必ず飾ってあるのは、ご自身のメンタルの為にも必要だとか・・・!
舞台では、三味線のみならずお琴や胡弓も担当される清公さん。

6月の公演でもぜひ注目してくださいね。

     ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「あっちこっち行ってみ~」は神戸市立小磯良平記念美術館をご紹介しました。

こちらでは今、昨年35周年を迎えた神戸市立博物館のリニューアル休館にあたり、
収蔵されている、金山平三、林 重義、小磯良平、田村孝之介、川端謹次らの近代洋画に、明治初期に活躍した山本芳翠、高橋由一の油彩画、チャールズ・ワーグマン、
エドアルド・キヨッソーネ、C.B.バーナードら来日した西欧人の作品などを加えた、約100点を紹介する作品展が行われています。

幕末から昭和にかけて、洋画における、平面に三次元的奥行きを持たせる再現方法、
遠近法などに触れた日本の画家達は、この画風を取り入れるために工夫を重ねたり、教えてもらえる先生を探したり、多分苦労しはったんでしょうね。
そんな日本で近代洋画が生まれた頃に思いを馳せながら作品に囲まれる、貴重な時間を過ごしました。

作品を残した人たちも、日本画出身、浮世絵出身、元々貿易商だったり、武士だったり、と様々です。
自分の藩主と渡米し、のちヨーロッパで公務のかたわら油彩を学んだ高級官僚という人もいてはります。

1896年東京美術学校に西洋画科が発足に際し、フランスから帰国した黒田清輝が教員となります。

近代の美術家たちの描いた作品の中には懐かしい神戸の風景が数多く登場します。ご覧になっている方も、「いやぁ、三宮てこんなんやったかしら?」なんて会話が交わされていました。

作品からは当時の神戸のモダンな空気がかもし出されています。

先日行われた「神戸まつり」の前身「神戸みなとの祭り」の第2回のポスターの原画となった小磯作品「洋和服の二人」や、神戸の賑々しい港の様子が描かれたY.コジマの「神戸港眺望」、多分日本人が描いた初めての裸婦、百武兼行の「裸婦図」など、私のような人間が見ても充分楽しめました。

また「小磯良平作品選Ⅰ―油彩―」では、『特集・静物画、室内画』と『小磯芸術の流れ』と題し、約30点の小磯良平の油彩作品が紹介されています。今更ながら、素晴らしいです。

「リュートのある静物」に描かれている楽器リュートがそのまま置かれた小磯さんの素敵な
アトリエが、記念館の中庭に移築されています。
1日2回、このアトリエの解説も行われています。
とっても楽しいエピソードがいっぱいですので、これはぜひ参加してみてください。
おすすめです。

山本芳翠の「猛虎逍遙図(しょうようず)」の撮影スポットも楽しいですよ。

特別展「神戸市立博物館所蔵 洋画セレクション」
2018年4月21日(土)~2018年7月8日(日)
(会期中、5月29日(火曜)以降一部作品を展示替えします)

神戸市立小磯記念美術館
六甲ライナー「アイランド北口」駅下車すぐ
開館時間  10:00-17:00  ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし4月30日は開館)、5月1日(火)

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. マシマロ / 奥田 民生
 2. ダンス・ウィズ・ユー / TUBE
 3. Ashes / Celine Dion
 4. 言ノ葉 / 秦 基博
 5. A Little Dance SKA / EGO-WRAPPIN’
 6. 愛しい人よGood Night… / B’z
 7. My Song For You / 尾崎 亜美

大瀬戸千嶋(おおせどちしま)さん

2018/05/17 木曜日 - 19:31:02 by 髙岡

今日のゲストは大瀬戸千嶋さん。
広島から世界へと活躍の場を広げていらっしゃいます。

京都鉄道博物館へ演奏に行った時に、「鉄道をイメージした曲」を新しく作って披露されたところ、大変喜ばれたそうです。以来、鉄道の魅力にはまり始めてはるとか・・・。

いい人感いっぱいのエレクトーンの千嶋さんとチョコチョコボケたり突っ込んだりの
サックスの大瀬戸さんの魅力が楽しめるライブがありますよ!

ニューアルバム「CHANGE2」をひっさげて、先ずは
6月2日(土) イオンモール四条畷店 「空のステージ」で 13時~ 15時~ 
インストアライブが行われます!

そして7月7日(土)大阪 南堀江ネイブ 19時~ から全国5カ所でツアーが始まります!
最終は7月28日(土) 京都 都雅都雅 19時~ です。

大盛り上がりのライブです。おしゃべりだけじゃない、ステージにぜひお出かけください!(笑)

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「べっぴん屋」は道の駅「吉野路大淀iセンター」の「大淀バーガー」です!!
おいしかったんですよ-。

道の駅 「吉野路大淀iセンター」にあるレストランときんさんが、大淀をもっと知ってもらいたいとの思いから作ったご当地バーガーです。
正式には「大和牛とヤマトクラッシックポークのWパテ番茶、薫るバーガー」といいます。

特製トマトソース、番車薫る炙りポーク、大淀町産新鮮野菜、焦がしチェダーチーズ、
2種のきのこ入りオニオンソース、
大和牛とヤマトクラッシックポークを6:4にあわせた手作りパテ
この贅沢な内容をこれまた金ごまをつかった番茶入りバンズではさみます。

しつこくなく、うま味たっぷりのホントにおいしいハンバーガーなんです~!
今でも1日1回思い出してしまいます。(笑)

こんな手描きのメモもうれしいですね。

うれしい事にこのバーガーは予約ができるんですよ。
今は1日20食くらいだそうですから、このほうが確かかもしれません。

レストランときんさんは、モーニングから定食や麺類、丼ものなどメニューも豊富ですよ。
持ち帰りOKのカツサンドもおいしかったですよ。

番茶ソフトもしっかりしたお茶の風味がいけます!

お立ち寄りの際はどれもオススメです!

西名阪自動車道 柏原インターチェンジから約25km
南半名自動車道 高田・橿原インターチェンジから約20km
近鉄吉野線 下市口駅か、壺阪駅から車で約10分

営業時間 8時~18時(土日祝 7時半~18時)季節により変更有
定休日   火曜日

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 愛情 / 小柳 ゆき
 2. 虹 / コブクロ
 3. Go!Go!Swing! / 大瀬戸千嶋
 4. DUEL / 大瀬戸千嶋
 5. シンデレラガール / King&Prince
 6. 歌うたいのバラッド / 斉藤 和義