◇ブロッコリーとチーズのマフィン◇

2018/08/29 水曜日 - 16:46:02 by アーニー

スプーン印の三井製糖の「スローカロリーシュガー」を使ったレシピを
4週にわたってご紹介してきました。

三井製糖が30年かけて開発した次世代型のお砂糖。
「スローカロリーシュガー」は、
添加物・合成甘味料などは使っていません。
糖質を<ゆっくり>消化・吸収してくれる、植物由来100%の
カラダにやさしいお砂糖です。

いつものお砂糖と同じ分量で、同じように使えますよ。

ブロッコリーとチーズのマフィン

<材料> (直径7cm×高さ4cmのマフィン型4個分)
・ブロッコリー       1個(200g)
・クリームチーズ      50g
・バター(食塩不使用)   80g
・スローカロリーシュガー  20g
・溶き卵          1個分
・薄力粉          100g
・ベーキングパウダー    小さじ1
・塩            小さじ1/2
・牛乳           60ml
・粗挽き黒胡椒       少々

<調理時間>
1時間

<下準備>
オーブンは180℃に予熱する
バターは常温において柔らかくしておく
マフィン型にオーブン用の紙を敷いておく

<つくり方>
具材づくり
:ブロッコリーは小さめの小房に分ける
:クリームチーズは1cm角に切る

生地づくり
:ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる
:スローカロリーシュガーを加え、白っぽくなるまでさらに混ぜる
:溶き卵を少しづつ加えながら混ぜ合わせ、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、塩を加える
:ゴムべらで切るように混ぜ、粉っぽさがなくなってきたら、牛乳を2~3回に分けて加え、そのつど混ぜ合わせる

型づくり
:マフィン型に②の生地を大きめのスプーンでひとすくいずつ流し入れる
:それぞれにブロッコリーとクリームチーズを3~4切れずつ乗せ、残りの生地を等分に流し入れる
:残りとブロッコリーとクリームチーズを等分に乗せて、粗挽き黒胡椒をふる

焼き上げる
:180℃に温めたオーブンで約20分焼く

ほんのりやさしい甘み。口の中でホロリとほどけます。
ブロッコリーとチーズの塩気が絶妙のバランスです。

前回ご紹介したレシピはこちら。
≫ キャラメルバナナチーズケーキ  ≪
≫ ごまとわかめのおつまみクッキー ≪
≫    ふんわり鶏つくね     ≪

ぜひつくってみてくださいね。

(AD アーニー)

◇ふんわり鶏つくね◇

2018/08/22 水曜日 - 16:46:27 by アーニー

スプーン印の三井製糖の「スローカロリーシュガー」を使ったレシピを
今週も番組でご紹介しました。

糖質はとりすぎると太るイメージがありますが、
バランスの良い健康的な生活に必要な栄養成分なんです。
この「スローカロリーシュガー」は糖質をゆっくり消化・吸収する
体に優しいお砂糖です。
いつものお砂糖と同じ分量で、同じように使えますよ。

ふんわり鶏つくね

<材料> 2人分
◆タネ
 ・鶏ひき肉         300g
 ・スローカロリーシュガー  小さじ1/2
 ・たまねぎ(みじん切り)  1/2個分(100g)
 ・しょうゆ         大さじ1/2
 ・塩・粗挽き黒胡椒     各少々
 ・しょうが(すりおろす)  1かけ
 ・片栗粉          小さじ1

・サラダ油  適量
・梅干し   (大)1個分
・青じそ   2枚分
・白ごま   適量

<調理時間>
20分間

<つくり方>
タネづくり
:ボウルに鶏ひき肉、スローカロリーシュガーを入れて混ぜる
:馴染んだら、残りのタネの材料を加え、粘りが出るまで混ぜる
:手にサラダ油少々(分量外)をつけて12等分にし、円形に整える

焼き上げる 盛り付け
:フライパンにサラダ油を中火で熱し、①を並べ入れ、2~3分間焼く
:裏返し、さらに2~3分焼き、こんがりと焼けたら、器に盛る
:種を取ってたたいた梅肉、青じその千切り、白ごまをのせる

<ポイント>
ひき肉は加熱すると堅くなりがちですが、
ひき肉に先に砂糖を練り混ぜると、砂糖の保水効果で焼き上がりがふんわりします。

ふんわりさにビックリ!たまねぎの食感がアクセントになっています。
梅の味付けに鶏肉が旨みが引き立っています。

前回ご紹介したレシピはこちら。
≫ キャラメルバナナチーズケーキ  ≪
≫ ごまとわかめのおつまみクッキー ≪

ぜひつくってみてくださいね。

(AD アーニー)

◇ごまとわかめのおつまみクッキー◇

2018/08/15 水曜日 - 16:43:23 by アーニー

スプーン印の三井製糖の「スローカロリーシュガー」を使ったレシピを
先週に引き続き、番組でご紹介しました。
「スローカロリーシュガー」は、
三井製糖が30年かけて開発した次世代型のお砂糖です。
糖質を減らすのではなく‘ゆっくり吸収させる’ことがコンセプト。
いつものお砂糖と同じ分量で、同じように使えますよ。

ごまとわかめのおつまみクッキー

<材料>(4人分)
・カットわかめ     大さじ2
・白いりごま      大さじ1
・オリーブオイル    大さじ3
・しょうゆ、みりん   各小さじ1
◆生地
 ・薄力粉          80g
 ・全粒粉          20g
 ・スローカロリーシュガー  30g

<調理時間>
30~40分

<下準備>
オーブンは180℃に温めておく

<つくり方>
具材づくり
:わかめは水でもどして水気をしっかり絞り、みじん切りにする
:フライパンにオリーブオイル小さじ1(分量外)を熱してわかめをサッと炒め、しょうゆ、みりんを加えて火を止め、粗熱を取る

生地づくり
:ボウルに生地の材料を入れてサッと混ぜ、オリーブオイル、ごま、わかめを加え、全体がしっとりしてひとまとまりになるまでゴムべらで混ぜる

形づくり 焼き上げる
:生地を麺棒で厚さ5mmほどにのばし、好みの形に切る
:オーブン用シートを敷いた天板に並べ、180℃のオーブンで15分間焼く

甘辛いしょうゆ味で炒めたわかめと白いりごまを生地に混ぜた
栄養たっぷりのクッキー。
しょうゆの塩気とスローカロリーシュガーの甘みがきいて、
おやつにもオススメです。

前回ご紹介したレシピはこちら。
≫ キャラメルバナナチーズケーキ ≪

ぜひ、つくってみてくださいね。

(AD アーニー)

◇キャラメルバナナチーズケーキ◇

2018/08/08 水曜日 - 16:46:17 by アーニー

今日はスプーン印の三井製糖の「スローカロリーシュガー」を使ったレシピを
番組でご紹介しました。
「スローカロリーシュガー」は、
糖質をゆっくり消化・吸収する、カラダに優しいお砂糖です。
いつものお砂糖と同じ分量で、同じように使えますよ。

キャラメルバナナチーズケーキ


<材料>
(底が抜けるタイプの直径16cmの丸型1台分)
・バナナ          2本
・クリームチーズ      200g
・スローカロリーシュガー  40g
・卵            1個
・小麦粉          大さじ3
・生クリーム        カップ1/2
・レモン汁         大さじ1
・市販のココアクッキー   80g
・バター(食塩不使用)   20g
◆キャラメルソース
  ・スローカロリーシュガー  30g
  ・水            大さじ1
  ・バター(食塩不使用)   5g

<調理時間>
1時間20分
(下準備・型を冷やす時間、ケーキを冷ます時間は除く)

<下準備>
・ボウルにクリームチーズを入れ、ラップをして30分間ほど室温においておく
・バター適量(分量外)を耐熱容器に入れ、電子レンジで溶けるまで加熱し、ハケで型の底と側面に塗る
・型に合わせて切ったオーブン用の紙を側面と底に貼り付ける
(側面の巻き終わりは1cmほど重ねる)
・オーブンは180℃に予熱する

<つくり方>
バナナをキャラメリゼする
:バナナは皮をむいて1cm幅の輪切りにする
:小鍋にキャラメルソースの材料を入れて中火にかけ、濃い茶色になったら、バナナを加えてサッと煮からめる

土台づくり
:ジッパー付きのポリ袋にココアクッキーを入れ、袋の上から麺棒でたたいて砕き、麺棒を転がして大きな塊がなくなるまで細かくつぶす
:バターを耐熱容器に入れ、電子レンジ(600W)に約20秒かけて溶かしてポリ袋に加え、袋の上からもんでよく混ぜる
:型にクッキーを入れ、コップの底などでギュッと抑えながら敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておく

生地づくり
:クリームチーズはラップを外し、ゴムべらで練り混ぜ、なめらかなクリーム状になったらスローカロリーシュガーを加えて泡立て器ですり混ぜる
:卵を溶いて加え、なじむまで混ぜ、生クリーム、レモン汁を加え、よく混ぜる
:小麦粉をふるい入れてよく混ぜる
:バナナを加え、サックリと混ぜる(キャラメルソースはとっておく)

焼く 仕上げ
:型に生地を流し入れて表面を平らにし、180℃のオーブンで45分間焼く
:粗熱を取って冷まし、型から取り出す
:食べやすく切って器に盛り、キャラメルソースをかける

抜群に相性がいいバナナとキャラメル。
濃い甘みとチーズがあとをひく美味しさに。

ぜひ、つくってみてくださいね。

(AD アーニー)