増田有華さん、高見こころさん

2017/05/17 水曜日 - 18:37:46 by 髙岡

マイナビプレゼンツ「TOKYO CITY GIRL-2016-」に出演の
増田有華さんと高見こころさんです。

東京に生きる少女たちの4つの物語がオムニバス形式で描かれています。

10代でAKB48のオーディションに合格して上京した増田さんは
当時の自分自身を「クソガキでしたね」とおっしゃっていました。
自分のことを一人前だと思っていたので、ご両親の心配すら煩わしかったそうです。
「今は、ありがとうです。」とのことでした。

ラジオ大阪で番組を担当してらした事もある高見さんは、30歳になって
初めての一人暮らしが東京だったそうです。
映画の中での号泣シーンは震災の体験と似ていたとのお話しでした。

マイナビプレゼンツ「TOKYO CITY GIRL-2016-」は
九条シネ・ヌーヴォXで5月19日まで上映です。
(夜19時半からの1日1回の上映)

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターはご存じグリコのヒット商品「プッチンプリン」。
今年45周年です!

1970年頃のスーパー等ではデザート商品は売られていませんでした。
そこで世間で人気のプリンを商品化。

カラメルを上に、パーラーなどで食べるような形で自宅でも食べられるように開発したのが
プッチンプリンでした。

容器の底の突起をプチンと折るだけで、穴があいて空気が入り、
きれいなプリンがお皿にプリン!

一躍ヒット商品になりました。

その後も、小さいサイズの3個売りや、逆に大きいサイズで楽しくさせる、
あえて自宅で作るプッチンプリンなど、様々な商品で楽しませてくれます。

でもミルキーでコクのある味は変わりません。

久々に食べましたが、安心と安定の味。

さすがにベタは違います!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 田園 / 玉置 浩二

 2. あなたに会えなくなる日まで / Ms.OOJA

 3. Pripri scat / Scatman John

 4. It’s So Easy / Linda Ronstadt

 5. Desert Moon / 谷山 浩子

 6. 煙が目にしみる / 中条 きよし

 7. Here I Stand / JAY’ED

竹本文字久太夫さん

2017/05/10 水曜日 - 18:31:21 by 髙岡

べっぴんサークル文楽へ行こう!
スタジオに竹本文字久太夫さんをお迎えしました。
お目にかかるまで、こんなにチャーミングな方だとは思いませんでした!

文字久太夫さん、元は演劇青年で、玉川大学卒業後は新国劇に入り、
あの辰巳隆太郎さんの書生として舞台にも上がっていらしたそうです。

「辰巳先生はとても厳しい方で、目から星が出るほどたたかれました。」とのお話でした。

ところが3年後新国劇は倒産。
芝居の為に習っていらした常磐津のお師匠さんのすすめで
文楽の世界を志した・・・と今日のお話はここまででしたね。

さて、竹本住太夫師匠は厳しい方なのでしょうか?
来週に続きます!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターは「カルピス」

うわぁ~なつかしい~!って、今も人気です!

「カルピスの生みの親」三島海雲さんは
1878年にお寺の長男として箕面に生まれました。

勉強と仕事のため中国から内モンゴルを訪れ、現地の飲み物「酸乳」に出逢いました。
これがカルピスの原点です。
この酸乳を毎日のように飲んでいたところ、長旅で弱っていた胃腸の調子が良くなり、
体も頭もスッキリしてきたのだそうです。

三島さんは、「モンゴルの人達の元気の元はこれか」と思い至りました。

帰国した1915年当時の日本では、ヨーグルトがはやり始めていたんですが、
それよりおいしく、体にいいものを作りたいと、翌年「酸乳」をの研究をかさね、
乳酸菌で発酵させたクリームを商品化した「醍醐味」を発売しました。

さらに製造過程で残った脱脂乳で発酵させた「醍醐素」を発売。
1919年この醍醐素を改良して発売したのが、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」でした。

「初恋の味カルピス」というキャッチフレーズは、
三島さんの後輩の「カルピスは初恋の味だ」という言葉から生まれました。

茶色いビンに入った白い液体。
私は、もったいなくてついつい薄めに作ってしまう子供でした。

まもなく100年を迎えるカルピス。

大人も子供も大好きです。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 空はまるで / MONKEY MAJIK

 2. 愛をとりもどせ!! / クリスタルキング

 3. TORA TORA TORA / MAX

 4. ラストチャンス / サムシングエルス

 5. コトノハ / 絢香

 6. ライブがはねたら / NOKKO

 7. NEW LOOK / 安室 奈美恵

 8. Boogie Wonderland / Earth,Wind&Fire

 9. 雪舞い桜 / 夏木 綾子

10. Mother’s Touch / 藤井 郁弥

キユーピーマヨネーズ

2017/05/03 水曜日 - 18:00:19 by 髙岡

ベタベタベーターはキユーピーマヨネーズ

キユーピーが初めてマヨネーズを製造・販売したのが1925(大正14)年。
当時は知名度のなさから‘ポマード’と間違えられた事もあるとか。

マヨネーズの基本原料は卵、植物油、酢、塩の4つ。
キユーピーマヨネーズは卵黄を使っています。450㌘のマヨネーズには卵黄約4個はいっているそうです。
着色料などの保存料、増粘剤などは一切使用できません。
しかし、酢や塩の力で細菌の繁殖を抑えています。

製造過程で発生する卵の殻は、年間2万5千トンだそうです!
この100%を再資源化しているのにもビックリですね。

海外でも販売しているキユーピーマヨネーズ。
中国ではお砂糖を加えた甘いタイプのもの。
これはフルーツサラダを食べる現地の嗜好に合わせて作られたそうです。

みなさんはマヨネーズをどこに保存なさっていますか?

ベストは冷気のあたらない冷蔵庫のドアポケット!
開栓前は冷暗所に、開栓後は冷えすぎない場所がいいそうですよ。

開栓したら冷蔵庫で保存して1ヶ月程度で使い切るのがいいようです。

最近はマヨネーズで炒めものをしたり、他の調味料と合わせたりと
使い方も多様になりました。

そのままでも大好きです!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 365日の紙飛行機 / AKB48

 2. 五線譜のメッセージ / 崎谷 健次郎

 3. Galaxy Girl / 角松 敏生

 4. 鼻声 / 阪本 奨悟

 5. 風をあつめて / はっぴいえんど

 6. 情熱の薔薇 / THE BLUE HEARTS

 7. 慎吾ママのおはロック / 慎吾ママ

 8. 中央フリーウェイ / 松任谷 由実

 9. Back For Good / Take That

10. 人生(ブルース) / 長保 有紀

11. 夢の彼方 / 矢沢 永吉

姫路城

2017/04/26 水曜日 - 18:39:24 by 髙岡

今日のベタベタベータは平成5年、法隆寺とともに日本初の世界文化遺産になった
「姫路城」です。

5年に及ぶ平成の大修理を終えてその姿を現したのが2015年でした。
「しろすぎ城」なんて言われていましたが、
いや~本当に色白のべっぴんさんですね。

反りのある美しい石垣。扇の勾配と呼びます。
少し離れた場所には黒田官兵衛ゆかりの野面石の石垣もみられました。

天守閣の2階です。
壁一面に槍などがかけられる武具かけになっています。

天守閣の最上階(6階)には刑部神社があります。
上に行くほど狭くなっていますので、いっそう混雑します。
この日はフランスの団体が来てはりました。

因みに姫路城のガイド冊子は日本語を入れて20ヶ国語用意されています。

昭和の修理の時に節跡を隠す埋木をしたそうです。こんな星形があるんですよ!
このほかには、ひょうたんやハートなんかもあります。

天守閣からの南へは姫路駅へ続く大手前通りが見えます。
お天気がいいと、瀬戸内海を越えて四国まで見渡せるそうです。

内部は急な階段が多いので大変です。
ガイドさんのお話では110段あるそうです。

でも、改修前より移動しやすくなっていましたよ。

帰りつつ、何度も振り向き振り向きその姿を見たくなるほど・・・。
本当に美しい姿です・・・。

ぼたん園も見頃でした。

修理に携わった職人さんは15000人にものぼるそうです。
これだけの建造物を、あるがままに強度を増し次の世代へ渡すのには
大変な事だったと思います。

大胆にかつ慎重に、進められたであろう平成の大修理。

この先もベタでありつづけるのです!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. time will tell / 宇多田 ヒカル

 2. やつらの足音のバラード / ムッシュかまやつ

 3. いつか晴れた日に / 山下 達郎

 4. ランブリング・ドリーマー / 世良 公則

 5. ドーン!やられちゃった節 / 高田 純次

 6. sûre danse / 及川 光博

 7. 雨 / Gigliola Cinquetti

 8. あばれ度胸船 / 城山 みつき

 9. 絆 / 岩崎 宏美

NEWクレラップ

2017/04/19 水曜日 - 19:00:43 by 髙岡

ベタベタベーターは「NEWクレラップ」
「クル クル クレラップ♪ くるくるくるくる くるくるくるくるくるくるくるくる クレラップ ♪~」のCMでお馴染みですね。

日本で最初の家庭用ラップ‘クレラップ’が誕生したのは1960年。
NEWクレラップに生まれ変わったのは1989年でした。
以来、商品名は今も「NEWクレラップ」ですね。

昭和9年に株式会社クレハの前身昭和人絹株式会社が設立され、
吸収合併等を経て、今にいたります。

原料のポリ塩化ビニリデンの最大の特長のひとつがバリア性。
生鮮食品を包むのにいいんですね。
残った食材やお総菜の保存や、テレビのリモコンに巻く方もいらっしゃいますね。

また、耐熱温度が-60℃から140℃ですから
冷凍庫から電子レンジまで使えるわけですね。

しかも小さな子供さんでも上手に使えるように、
パッケージには細かな工夫が施されています。

そもそもラップフィルムは米国で、戦場などで銃弾や火薬などを湿気から守るために開発されたそうです。

今は私のおにぎりを守ってくれていますよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. ONLY YOU / BOOWY

 2. OLA!! / ゆず

 3. HAPPY ENDでふられたい / 杏里

 4. 悲しみよ こんにちは / 斉藤 由貴

 5. LOVE TOGETHER / Nona Reeves

 6. イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ / KAN

 7. ハナビラ / 三戸 なつめ

 8. HOLIDAYS / 木村 カエラ

 9. ロックバルーンは99 / Nena

10. 赤い橋 / 塩乃 華織

11. 空 / 松山 千春

キャンパスノ-ト

2017/04/12 水曜日 - 18:41:56 by 髙岡

「ベタベタベーター」はキャンパスノートでした。

大阪市東成区のコクヨさんの超ロングセラー大ヒット商品です。

コクヨの起こりは1905年。
キャンパスノートが発売されたのは1975年(昭和50年)でした。

当時主流の糸とじではなく、強度を保ったままの無線とじを製品化しました。
なので、ページを開いた時に書きやすい!
また、中の各ページには、

上下に線をひきやすい目印
短い定規でも線が引ける罫線上に3カ所の目印
行数が数えやすい5行ごとの目印

など様々な工夫がこらされています。

現在発売されているキャンパスノートは5代目。

親しんだキャンパスノートのデザインで、年代がわかるほど、
たくさんの方が使ってきました。

真新しいノートのページを開く時のワクワク感って忘れられません!

    ~*~*~*~*~*~*~*~
*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. さくら / ケツメイシ

 2. I need your love / Beverly

 3. ハートをWASH! / 永井 真理子

 4. もう君は誰のものでもない / 高橋 克典

 5. バカヤロー / ウルフルズ

 6. 学園天国 / フィンガー5

 7. 人間として 人間らしく 人生を汚したい / 情熱 マリ子

 8. Beauty And The Beast / Ariana Grande And John Legend

 9. ちんどん人生 浪花節 / にしき こうじ

10. 花吹雪 / 柴田 淳

吉田玉男さん

2017/04/05 水曜日 - 21:19:01 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう」は
文楽 人形遣いの吉田玉男さんにお越しいただきました!
2年前のご自身の襲名公演の時以来ですね。

14歳で入門されて今年50周年を迎えられました。
いつもシュッとしてはりますよねぇ。

ご自身の入門の時のお話など、とても楽しかったです。
聞き損ねた方はぜひタイムフリーで聞いてくださいね。

今週の土曜日、4月8日(土)が初日の四月文楽公演は
豊竹英太夫の六代豊竹呂太夫襲名公演です。

ぜひご覧くださいませ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

サクラの季節のベタな観光スポットの一つ、京都・嵐山へ行ってきました。

嵐山へは、阪急電車と京福、JRのアクセスがあります。
こちらは阪急嵐山駅です。

中之島に、日帰り温浴施設ができていました。

渡月橋を渡るのもけっこうな人の多さでしたよ。
渡月橋は左側通行でした。

お天気は良かったのですが、嵐山を撮ろうと思ったら午後は逆光でした。
渡月橋から西が大堰川、東が桂川になります。
橋から東側の景色はこんな感じ。気持ちい~い。

渡月橋って左側通行なんですね。
ここからずーっとお土産物屋さんが続いています。
桜はまだまだでしたが、すごい人でした!

こちらは嵐電の嵐山駅。
駅構内にお土産屋さんや足湯のコーナーがあります。

最近、阪急と嵐電の西院駅が直結して、乗り継ぎが便利になりました。

今、「キモノ・フォレスト」という友禅のポールを林に見立ててたコーナーができていて、
撮影スポットになっています。夜は駅全体がライトアップされ、光の林が出現するそうですよ。

渡月橋からのびる通りには、おしゃれなお土産屋さんやお食事処がズラッとならんでいます。
10分ほど行くと急に静かになってきて、清涼寺や南北朝時代の将軍の首塚で有名な宝匡院などがあります。

嵐山は、渡月橋からはずれた処にもたくさん見所があります。

レンタサイクルを利用したり、お年を召した方には12~3分で2人4000円くらいが目安の
人力車を利用するなどすれば、効率よくまわれると思いますよ。

2013年の台風の時にはどうなるかと思いましたが、
変わらずたくさんの人を引きつける魅力がいっぱいでした。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 彩~Aja~ / サザンオールスターズ

 2. よー、そこの若いの / 竹原 ピストル

 3. 青い空と赤い花 / 今井 美樹

 4. 君のKissしか欲しくない / 高橋 克典

 5. R.E.D. / JONTE

 6. 樹海の糸 / Cocco

 7. カローラⅡに恋をした / カジ ヒデキ

 8. Love Never Felt So Good / Michael Jackson

 9. Jealousy / ファン・カヒ

10. サクラ・フワリ / 松 たか子

正露丸

2017/03/29 水曜日 - 18:06:08 by 髙岡

今日のベタベタベーターは 正露丸
昔は本当にお世話になりました。遠足や修学旅行にも持って行ってましたもん。

「ラッパのマーク」でお馴染みの大幸製薬の正露丸。

1902年中島佐一さんが大阪府で製造販売していた
忠勇征露丸(現・正露丸)の製造販売権を、
大幸薬品の前身、柴田製薬所の代表者 柴田音治郞さんが1946年に継承しました。

ラッパのマークが誕生したのは、1969年です。

主成分は木クレオソート。
この原料 木タールは紀元前の古代エジプトから使われていたのだそうです。

木クレオソートは医薬品。
防腐剤の石炭クレオソートとは全く別の物質です。

(写真はセイロガン糖衣Aです。)

この歴史ある正露丸の新型薬が4月3日に発売されます。
服用後すぐに胃で溶けやすい液体カプセルタイプ「正露丸クイックC」です。

直近の新型薬は、66年発売の「セイロガン糖衣」ですから、51年ぶりの新型薬ですね。

一般用医薬品の下痢止め薬で現在もトップシェアの正露丸ですが、
国内売り上高は伸び悩んでいるそうです。
お腹を壊す人が減ったということでしょうか?

あの独特の香りだけでなんだか安心していた頃が懐かしいです~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 春風 / つじ あやの

 2. お嫁においで / 福山 雅治

 3. ベジタブル / 大貫 妙子

 4. サクラ色 / アンジェラ・アキ

 5. サヨナラホームラン / スガ シカオ

 6. 浮気なパレットキャット / ハウンド・ドッグ

 7. 紅散華 / 水沢 明美

 8. Don’t know why / 松田 聖子

法善寺横丁

2017/03/22 水曜日 - 18:24:40 by 髙岡

今日のベタベタベーターは「法善寺横丁」
大阪ミナミの真ん中に位置する、長さ80mほどの東西にのびた露地です。
そもそも浄土宗天龍山法善寺の境内の露店から発展しました。

中心にいてはるのが「水かけ不動」さんです。
お参りの人々がひしゃくで水をかけるので、常に苔むしたお姿です。

界隈でも有名なのが「夫婦善哉」
店内には、所縁の俳優さん達の色紙などがならんでいます。
「一杯分のお善哉を二つのお椀で食べる」

久しぶりでしたが、やっぱり一人でいただきました。
おいしいも~ん。

平日に行ったのですが観光客らしき方々もいらしてました。

いつ来ても、え~雰囲気ですねぇ。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. スウィート・ソウル・レビュー / ピチカート・ファイヴ

 2. キミ、メグル、ボク / 秦 基博

 3. Good Morning-Call / 小泉 今日子

 4. 野に咲く花のように / 槇原 敬之

 5. 月の法善寺横丁 / 藤島 桓夫

 6. 未来飛行 / 徳永 英明

 7. SARA / Starship

 8. 飛鳥川 / 永井 裕子

 9. 旅立ちの唄 / Mr.Children

吉田幸助さん

2017/03/15 水曜日 - 18:15:38 by 髙岡

べっぴんサークル文楽へ行こうに、文楽人形遣いの吉田幸助さんが来てくださいました。

幸助さんが中心になって3/24,25,26(各日2回公演)と行われる「うめだ文楽」
は今年で3年目。(於/グランフロント大阪 北館4階ナレッジシアター)
続いてきたというのは素晴らしい事です!

なんと今回の狐忠信は、幸助さん初役だそうです!
当日券も若干出るそうですので、
皆さんぜひともお出かけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日のベタベタベーターは、「毎日香」

明治38年、日露戦争から復員し、堺で大八車をひきながらお線香を商った
鬼頭勇治郎さんが、多くの人に親しまれたいと自分でも作ったのがこの「毎日香」
だそうです。

お彼岸も近いですね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. Sweet Emotion / 杏里

 2. 恋 / 星野 源

 3. 夢をあきらめないで / 岡村 孝子

 4. もう何も言わないで / ウインズ平阪

 5. 春風 / SOFFet

 6. SING / カーペンターズ

 7. Battle Without Honor Or Humanity / 布袋 寅泰

 8. 幸せの種 / 澤田 かおり

 9. 花になれ / 指田 郁也