五代吉田玉助襲名へ!

2017/12/06 水曜日 - 18:18:03 by 髙岡

べっぴんサークル文楽へ行こう!は人形遣いの吉田幸助さんです。

年明け4月には五代吉田玉助襲名を控えていらっしゃいます。
今回は襲名について色々とうかがいました。

襲名するお名前というのは、遺族のおうちが持っていらっしゃいます。
先ず、この了解が必要ですが、名前は幸助さんの家が持っていらっしゃいますので
この点はクリアです。

難しいのは「いつ」という時期ですよね。

幸助さんも「いつかは・・・」と思っていらっしゃったそうですが、
自分で動き出す、、、難しいですよね。

奥様や周囲からの声や、先輩の助言、簑助師匠にも「おめでとう」と言っていただいて
心も決まりはったようです。

そして、四代玉助をご自身の師匠・お父様に追贈されます。
ご親戚から、お父様が生前話されていたという事をお聞きになったことや、
自分自身が師匠の名前を継ぎたいという思いからお決めになったそうです。

文楽の世界は世襲ではありません。
研修制度などを経て文楽の世界に入る方がたくさんいらっしゃいます。

お父様を見ていらして、人形遣いになりたかった幸助さん。
厳しかったお父様の言葉を今もよく思い出されるそうです。

襲名、本当におめでとうございます!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターは龍角散。

いかにも「お薬」という香りから、最近は飲みやすい商品も販売されていますね。

龍角散を作った藤井家は秋田に国替えされた佐竹義宣に従って
水戸から大曲に移りすみました。
そして、代々秋田藩の御典医を務めていました。

龍角散の原型はその秋田の初代が考案し、二代目が改良したものだそうです。

江戸中期、龍角散は秋田藩(藩主佐竹侯)の家伝薬として伝えられてきましたが、
江戸も末期の頃、改良を加えて、『龍角散』の名がつけられ、
廃藩置県(明治4年)で消える藩から藤井家に下賜されました。
この年、東京神田で創業。

「龍角散」は一般向け薬として売り出されました。

明治26年になって初代藤井得三郎が微粉末状の製剤を完成させます。
昭和39年には社名を株式会社龍角散へ改称。

今私のカバンにはいつも龍角散ダイレクトスティックが入っています。
おまじない薬みたいになっています。
フレーバーが2種類あって、楽しいんですよ。

他にも、 1998年「嚥下補助ゼリー」として世界で初めて服薬補助ゼリーを開発しました。
嚥下が苦手な高齢者や子供さんの服薬の強い味方ですね。

260年もの伝統は、時代に対応しながらベタに留まりませんね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. BAD LUCK ON LOVE~BLUES ON LIFE~
                / tohko
 2. この街で / DREAMS COME TRUE
 3. 露の花 / 長保 有紀
 4. My Cherie Amour / Stevie Wonder
 5. 12月のLove Song / Gackt
 6. SHADOW OF LOVE / A-JARI
    (代走みつくにさんの情熱リクエスト)

ピカレスク◆セブン

2017/11/29 水曜日 - 19:21:19 by 髙岡

「小劇場ブーム」の頃、「見逃すものか!」とよく劇場に行ったものです。

同じ頃その洗礼を受けた中学生が、現在のお芝居の世界の人気脚本家、演出も手がける
毛利亘宏(もうりのぶひろ)さんです。

劇団第三舞台にあこがれて早稲田大学に入り、演劇研究会に入会。
その後、「少年社中」を旗揚げして2018年には20周年を迎えはります。

登場人物のキャラクター設定がとても魅力的な毛利作品。
あちこちの舞台で引っ張りだこの、鈴木勝吾(すずきしょうご)さん、
宮崎秋人(みやざきしゅうと)さんを始め、
‘今’を見ておきたい俳優陣が多数出演します。

和気藹々とした様子のみなさんのお話に垣間見えるお芝居への熱い思い
を、ぜひ確かめにいらしてください!

少年社中×東映舞台プロジェクト 「ピカレスク◆セブン」
出演者ほぼ全員がダークヒーローという 物語はいったいどんな結末を見せるのでしょう。

大阪公演は2018年1月20日(土)21日(日) 両日とも12時半・17時開演
場所はサンケイホールブリーゼです。

(鈴木勝吾さん、毛利亘宏さん、タカオカ、宮崎秋人さん)

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

このコーナーに最もたくさん登場してくださっている
文楽人形遣いの吉田幸助さん!

人形遣いの中にあって長身で、とてもステキな方です。
でも、長身だからこそのご苦労もありました。
180cmの身体を屈めての足遣いは想像以上に大変です。

人形遣いは、足10年、左10年といいますが、最近はそうもいかないようです。
幸助さんは15~6年なさったそうです。

世襲ではないこの世界で、お父様の二代目玉幸さんに弟子入りされたのが、14才の時。

厳しい師匠だったというお話は、よくうかがいます。
舞台で、お客さんに聞こえるような大きな声で怒鳴られるということもあったとか。
厳しい事でも有名な引退された竹本住太夫師匠が心配されるほどだったそうです。

我が子ゆえに厳しさもなおさらだったのかもしれませんね。

そんな厳しい修行を経て、今の幸助さんがあるのですね。
ご自身はいたって大らかで優しい方です。
それが舞台でも感じられるような気がします。

若手のリーダーとして、最近では「UMEDA文楽」も大評判です。
いよいよ、来年はお祖父様の名前 吉田玉助を襲名されます。

益々忙しくなりますね!!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターは「亀の子たわし」

東京文京区小石川に住む後の創業者の西尾正左右衛門。
いつか「忙しい母に楽をさせてあげたい。」と思う毎日でした。
ある時、母が編んでいたシュロを針金で巻いた新型の靴拭きマットを作ります。
これがなかなかの評判!
そこで特許をとって大々的に販売を しようと特許庁に出向きます。
すると似た商品が英国ですでに特許を取っていました。
更にその新型マットは何回も使用したり、体重の重い人が乗ると、
毛先が つぶれて効果がなくなると、欠点を指摘され商品は大量に返品されてきました。

ある日、妻(西尾やす)が障子のさんを掃除するのに、マット用の棒、
シュロを曲げてそうじをしていました。
これを見て正左右衛門は、新たに洗浄用の道具にすることを思いつきました。

曲げて手に持って使う物ならば、毛先が簡単につぶれることもない!
昔から、藁や縄を束ねた「たわし」は、洗う道具として使われていましたが、
針金で巻いた棒状のシュロを洗浄用に使うのは初めてだったのです。
女性の使い易い形、大きさ、重さ・・・妻の手を参考に商品化しました。

商品の名前は、たまたま息子が見かけたタライで泳ぐ亀から思いつきました。

「”たわし”に似ているなぁ」亀は長寿で縁起がよく、形も似ていて、水に縁もある。
「亀たわし・・・、親しみやすく 亀の子たわし!」
「たわし」の漢字は当時の漢学者に相談して「束子」とあてはめてもらったものです。

明治40年、亀の子束子西尾商店は東京本郷真砂町に誕生しました。
最初の商品には「歳暮年玉の進物用に」というキャッチフレーズがついていました。
ひとつ3銭。かけそば1杯と同じ値段でした。

現在では世界20ヶ国以上に広がっている亀の子たわし。
2013年にはグッドデザインロングライフデザイン賞を受賞しました。

100年愛され続ける’亀の子たわし’は
今年の年末も大活躍するんでしょうね。

    

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

    

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. CHAMP / B’z
 2. カム・フラージュ / 柏原 芳恵
 3. 羅針盤 / 高橋 優
 4. 恋のハッピー・デート / The Nolans
 5. 新庄恋しや / 水田 竜子

豊竹咲甫太夫さん

2017/11/22 水曜日 - 18:32:55 by 髙岡

先週に引き続き豊竹咲甫太夫のお話をお送りいたしました。

寝る間も惜しんで勉強されている様子や、
師匠 豊竹咲太夫さんとのやりとりなど、興味深いお話をうかがいました。

師匠譲りのきれい好き。
きちっとしていないと気持ちが悪いとおっしゃっていましたが、
それも「師匠がそうだったから、そうなっていったのかも・・・」。

新年1月の公演ではめでたく師匠の豊竹咲太夫さんのお父様
八代目竹本綱太夫の前名六代目豊竹織太夫を襲名されます。

それに先立って12月2日にはミナミの街で‘お練’をされます。
なんと華やかなことでしょう!

写真は愛用のヴィックスドロップを頂戴しているところです。
咲甫太夫さんが使っていると聞いて、弟弟子の咲寿太夫さんたちも
「いい声がでるんすか?」と、のど飴は専らヴィックスだそうです。

文楽の世界によみがえる由緒ある名前を、ぜひ皆様に愛していただきましょう。

襲名前の公演は11月26日までですよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「ベタベタベーター」

道頓堀の一角に、そこだけ時間が止まったような静かな佇まいの
お店があります。

「道頓堀 今井」です。

道頓堀 今井は、天保以来、70年余続いた芝居茶屋でした。
ただ、この芝居茶屋も時代とともにかげりを見せ始めます。 

1919年(大正5)芝居茶屋から、大転換し、5代目が西洋楽器店を始めます。
レコードや蓄音機や、それにマンドリンを店に陳列しました。
商売は大成功し、 大正時代から昭和初期のナニワのジャズを支えた楽器店 となりました。

ところが、第二次世界大戦が勃発。
大阪の中心部を襲った1945年(昭和20)3月13、4日の大空襲で、
「今井楽器店」は消失します。
当主の今井寛三ら一家6人は高槻市の根本山神峯山(かぶさん)寺の塔頭、寂定院に疎開します。
空襲のあと、道頓堀から 大阪城だけがストレートに見えました。

1946年(昭和21)疎開生活から1年2か月余が過ぎ、今井一家道頓堀での生活がスタートします。
一帯は、前年3月の大空襲直後に見た焼け野が原のままでした。

道頓堀に戻って、一家は食べもん屋さんを始めます。
寒天を売り、氷水も売れに売れました。
秋がきて、売り物はぜんざいとおしるこ、焼き栗に変わりました。
そして内緒ながら、うどん、そばを提供するお店へと転換していきました。

1年後、入口右のスペースに疎開先だった高槻から柳の木が植えられます。
「宵待ち柳」と名付けられました。

「今井の味」は、5代目寬三の妻マチ子の思い入れが出発点でした。
若いころ、クッキングスクールに通って味の基本をは学んでいました。

でも、材料が手に入る時代ではありません。
最初は牛肉、牛筋を炊いた煮汁を出汁にしました。
いまのラーメンの出汁に近い味だったようです。
一方で「いつかは昆布で本格的な出汁を」とも思い続けていました。

ある日、訪ねた粉浜の昆布店で、道南産の真昆布を勧められます。
牛肉から昆布の出汁にようやくたどり着いたのです。

この頃(1947年から49年にかけて、)角座が再建されました。
48年には中座が復活しました。
マチ子が「今井の出汁(だし)」を完成させたのが49年(昭和24)
きつねうどん用の出汁でした。

今もこだわりの味は生き続けています。

また、最近では大寅とのコラボメニューや
「もったいない計画」と題して、だしがらを鶏の飼料にして
環境に優しい「次世代の親子丼」のプロジェクトも立ち上がりました。

開店の11時にはお店の前に行列!
お昼時にはひっきりなしにお客さんがいらっしゃいます。

甘めの上品なお出汁が大阪のおうどんによく合います。
これこれ!これが大阪のおうどんです!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Funny Side Up! / NICO Touches the Walls
 2. 酔風ごころ / 北川 裕二
 3. 君が好き Rearrange ver. / 西野 カナ
 4. 恋のアメリカンフットボール / フィンガー5
 5. Power To The People / John Lennon
 6. ヘロン / 山下 達郎

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

豊竹咲甫太夫登場!

2017/11/15 水曜日 - 18:28:20 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」は
豊竹咲甫太夫さんにお話うかがいました!

小学校三年生で太夫の道を選び、以来毎日が義太夫・文楽漬け。

元々文楽の三味線弾きのお家でいらっしゃいます。
お祖父様はもちろん、鶴澤清二さんを叔父に持つという’三味線のおうち’なのですが、
4歳でお稽古を始めた頃から「太夫さんかっこいい!」と思ってらしたそうです。

弟さん(後の鶴澤清馗さん)がお生まれになって、「三味線は弟、自分は太夫!」と勝手に決めはったそうです。(笑)

年明けに襲名を控えていらっしゃるので、
今公演は豊竹咲甫太夫というお名前では最後の公演です。

皆さん、ぜひお運びください!

文楽11月公演は11月26日(日)までですよ~。
(15日は休演です)

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

「ベタベタベーター」はマンダムです。

 明治の頃、フランスから輸入した香水を、「鶴香水」「金鶴香水」などの名前で取り扱う
大崎組という会社が大阪にありました。

1927年12月、大阪市内で化粧品を扱う業者が合同して金鶴香水株式会社を設立し、
大崎組から独立した西村新八郎さんが社長に就任することになります。

売り出した整髪料が「丹頂ポマード」「丹頂香油」でした。
丹頂という商品名は、丹頂鶴が慶事の象徴であることと、丹頂鶴の頭部が赤いことから、
人間の頭部に使う整髪料のイメージに合うとされて決定しました。
さらに、丹頂鶴は鶴の王様であり、黄金の鶴を意味するとされることから「金鶴」を社名として命名しました。

 1933年4月に、スティック状で使用する分だけ押し出して、髪に塗って頭髪を整える
「丹頂チック」を発売。うちの父も使っていました!これが爆発的なヒット!
1959年に、丹頂株式会社と社名を変更しました。

1970年、身だしなみに気を配るようになった20代前半の男性向け整髪料だけでなく
コロンやローションなど、化粧品シリーズの開発に乗り出します。
コンセプトは「男の体臭」。
当時化粧品業界でタブーとされていた’臭い’という言葉をあえて採用しました。

当時流行の植物系の上品な香りではなく、
動物系の野性的なアメリカンタイプの香りを採用。
新商品のマンダム(MANDOM)とは、MANとDOMAINの合成語で、男の領域つまり
「男の世界」として命名したのです。

イメージキャラクターに採用したのがチャールズ・ブロンソン。
「マンダム」を表現するにはうってつけの男臭さを発散する
タフな男のイメージのハリウッド俳優です。

CMの演出は大林宣彦さん。CMの効果もあり、再び大ヒットを記録しました。
ブロンソンがCMで呟く「う~ん、マンダム」の台詞は、私もよく真似をしました!

そしてCMソング。ジェリー・ウォレスが唄うCMソング「マンダム~男の世界」も、
シングル売上120万枚の大ヒットになりました。
丹頂は翌年の4月に再び社名を変更し、株式会社マンダムとしました。

マンダムは1978年に若者向け新シリーズ「ギャツビー」を発売。
6回のリニューアルを重ね、99年には初の男性用化粧品シリーズ
売り上げ100億円を突破しています。

伝統あるブランドも、常に時代を見て新鮮さを保つことも大切なんでしょうね。

ベタは新ベタも生み出すんですね。

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. happiness!!! / 木村 カエラ
 2. おもいで蛍 / 沢井 明
 3. トランジスタ・ラジオ / RCサクセション
 4. Finally / 安室 奈美恵
 5. ワインカラーのときめき / 新井 満
 6. Mr.Tambourine Man / The Byrds
 7. おなじ星 / Jungle Smile

元禄寿司本店

2017/11/08 水曜日 - 18:25:46 by 髙岡

ベタベタベーターは元禄寿司。
回転寿司のパイオニアです!

本店は東大阪市。近鉄布施駅からすぐのところにあります。

回転寿司の生みの親は、故・白石義明さん。現在の社長のお父様です。

昭和20年代にいまの東大阪市で、天ぷらを主体とした割烹料理店を営んではりました。
当時周りには工場が多かったので、地方からの集団就職の方が多かったそうです。
その方達が大阪で食べたいと思うものの一つが、「お寿司」でした。

そこで、お寿司やさんに転換しはりました!

商売は順調でしたが、職人さんが定着しませんでした。
そんなある日、吹田にあるビール工場の見学がありました。
1948年の事でした。

工場で使われているベルトコンベアを見て閃きます。
1957年。コンベア旋回式食事台が完成。
1958年4月に「廻る元禄1号店」が誕生したのです。

本店ではレーンは2つ廻っています。
お店に入ると威勢のいいかけ声!気持ちがいいですね。

珍しいクジラベーコンを発見!
おいしかったですよ~。

一皿125円。
平日のお昼間もお客さんはほぼいっぱい。
隣の席の男性は、3皿をアテにビールを楽しんではりました。

今や日本のアチコチにある回転寿司。
気持ちのいい接客は、パイオニアの本店のプライドでしょうか。
一般的な回転寿司屋さんより、板前さんや店員さんとの距離感が近く、
機械的な感じがしません。ザ・寿司屋!!

お店の外には’持ち帰りオーダーの書き込み台’がありました。

「お寿司=高級」という図式を変えた回転寿司。

元禄寿司さんありがとうございます!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 君の街まで / ASIAN KUNG-FU GENERATION
 2. 新庄恋しや / 水田 竜子
 3. 少女時代 / 原 由子
 4. 人として / 海援隊
 5. That’s The Way / KC & The Sunshine Band
 6. 今すぐKiss Me / リンドバーグ
 7. 千の夜と一つの朝 / ELLIS

女義太夫!

2017/11/01 水曜日 - 18:46:12 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」のコーナーには、
‘文楽’の太夫さんに、よくお越し頂いています。

日本には江戸の昔から「女(むすめ)義太夫」という、芸能があります。
最近ではNHKの朝の連続テレビ小説「わろてんか」に
広瀬アリスさん演じる’リリコ’が、女義太夫として登場しています。

今、まさにこの時代にがんばっていらっしゃる現役の女義太夫のお二人、
竹本雛子さんと、お三味線の豊澤雛文さんにお越しいただきました。

昔は女義太夫といえばアイドルだったんです!
「どうする連」と呼ばれる追っかけがいたほどなんですよ!
そんな女義太夫も、聞く機会が本当に少なくなりました。

なんとか知っていただいて、興味を持ってもらいたいと、
先日からワークショップを開催されたりと活動なさっています。

平成29年11月19日(日曜日)14時開演(13時30分開場)
豊澤雛文さん、 竹本雛子さん、豊澤住輔さん,竹本住蝶さん出演 の
女義太夫を聴く会が行われます。

場所は 大阪能楽堂です。

実は私10何年前、雛文さんのおばあさま、竹本綾春師匠に
義太夫を教えていただいた事があります。昭和町のご自宅へお邪魔していたんです。
ご縁ですねぇ。

11月11日(土)には、あべのハルカスでワークショップの最終回もひらかれます。

ぜひ皆さん、お出かけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日のベタベタベーターは「フルタのセコイヤチョコレート」

フルタ製菓は1952年古田三兄弟が創業しました。
本社工場は大阪市生野区です。

元々乳ボーロなど焼き菓子の製造からスタートしたそうです。
当時、とりたてて珍しいお菓子ではなかった乳ボーロ。
競争が激しく安く買い叩かれてしまいました。

見るに見かねた桃谷商店街にあるニコニコ堂というお店が
まとまった数を買ってくださったという事もあったそうです。。

その当時の日本では、チョコレートが先進的なお菓子として大変な人気でした。
そこでチョコレートの製造に着手します。

そこからはチョコレートを中心に様々な商品を展開していきました。
大手メーカーとの差別化の中で様々なアイデアを取り入れた商品が支持され現在に至っています。

1976年に発売されたセコイヤチョコレートは「まっすぐすくすく育つように」と名付けられました。
昨年は「メタセコイヤの並木」で有名な滋賀県高島市と
また看板商品の一つ、メガネの形のハイエイトチョコから、
今年はメガネで有名な福井県鯖江市と包括連携協定を結び、限定商品を発売しています。

フルタつながりで「古田織部」をCM起用したところから、
古田織部美術館から、第1回織部賞を受賞しています。

なんだか面白い会社ですよね~。

今も昔も変わらない夢あるチョコレート菓子。
子供達の’大好き’も変わらずベタなのかもしれませんね!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日オンエアした楽曲です♪
 1. メリッサ / ポルノグラフィティ
 2. SHOW ME / 森川 由加里
 3. NAVY BLUE / Char
 4. 慕情 / 中島 みゆき
 5. Unchained Melody
        / The Righteous Brothers
 6. 流氷の宿 / 大月 みやこ

豊竹咲寿さん再び

2017/10/25 水曜日 - 18:58:28 by 髙岡

豊竹咲太夫師匠に入門したのが13歳の時。
ことし28歳になられたので、15年の芸歴になるんでしょうか。

ただ、おかみさん(師匠の奥様をこう呼ぶそうです。)から、
高校は行っといた方がいいと言われて、高校生活も経験しはりました。

高校時代には、いちからお芝居を作ったりもされたそうで、
「いい経験になった」そうですよ。

悩んだ時期には、時間をもらって色んな事を試してもみはったそうですが、
最後は「文楽の世界」に。

「物語が好きなんです。」とおっしゃっていたのは印象的でしたね。

年明け初春文楽公演は 八代目 竹本綱太夫50回忌追善
豊竹咲甫太夫 改め 六代目 竹本織太夫襲名披露  のおめでたい公演も控えています。

先ず、11月3日(金・祝)からの初春文楽公演へおでかけください。
若い人達もがんばってはります!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターのコーナーは「改源」

前身となる会社は大正13年(1924年)、中西武五郎さんが創業しました。
創業当初の店名は売薬問屋中西武商店といい、各地の隠れた名薬、
家伝薬を世に広めるため、東京から鹿児島に至る本舗の数十種に及ぶ製品を取り扱い、
販売をしていました。

改源は、大正7年頃広島の沢井十字堂薬舗店主である
沢井文治(後に中西武商店取締役工場長で『改源爺』とも言われた)さんの
先見性と研究熱心、人一倍のねばり強さから生まれました。

沢井文治さんが、広島から東進し神戸まで販路拡張中の頃、
各地の隠れた名薬、家伝薬を世に広めようという中西武五郎さんと出会います。
ぜひ『改源』を全国展開したいと、創業の年の11月に兵庫県一手販売の契約を結びます。
そして昭和8年(1933年)に全国専売元となりました。

「売薬問屋中西武商店」は、東京から鹿児島に至る本舗の数十種に及ぶ製品を
取り扱い販売していましたが、『改源』がその中心となっていき、
やがてはその『改源』が社名にまでなったのだそうです。

ちなみに「改源」の語源は中国の孟子の言葉
「幟然として改め」「源源として来る」からの引用で、「日々新た又新た」
「毎日が開闢(かいびゃく)毎日が天地・世界の始め」という意味です。

改源のテレビCMといえば「かぜひいてまんねん」の風神雷神さん。
デビューは昭和57年でした。
現在は大阪・北浜の道修町に本社をおいてはりますね。

かぜはひかないように気をつけるのが一番。そしてひき始めが大切です。

自分にあったお薬を見つけておきたいものですね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 歌ウサギ / スピッツ
 2. ガラスの十代 / 光GENJI
 3. Walk This Way / Aerosmith
 4. 泣かせて大阪 / 山口 かおる

豊竹咲寿太夫さん

2017/10/18 水曜日 - 18:27:22 by 髙岡

現在28歳。このコーナー最年少のゲスト、豊竹咲寿太夫さんです。
国立文楽劇場の近くにある高津小学校のご出身なんです。

高津小学校の6年生は、1年間文楽劇場の技芸員さんから文楽の手ほどきを受けます。
咲寿さんもそのおひとりでした。

元々、文楽やクラッシック、舞台などを見に出かける習慣のご家庭だったという事も、
大きく影響していらっしゃるようですが、
中学に進学してすぐに、入門の意向を伝え、名前ももらいはったのだそうです。

当時、文楽の世界にすすんだ小学生のドキュメンタリー映像を、
偶然にも私は見ていました。
その事がずっと忘れられませんでした。
あの時の少年が、まさに咲寿さんだったのです。

文楽11月公演

〈第1部 午前11時開演)
八陣守護城 (はちじんしゅごのほんじょう)
  浪花入江の段
  主計之介早討の段
  正清本城の段

鑓の権三重帷子 (やりのごんざかさねかたびら)
  浜の宮馬場の段
  浅香市之進留守宅の段
  数寄屋の段
  伏見京橋妻敵討の段
  
  
〈第2部 午後4時開演〉
心中宵庚申 (しんじゅうよいごうしん)
  上田村の段
  八百屋の段
  道行思ひの短夜

紅葉狩 (もみじがり)

11月の文楽公演も興味深い演目が並びます。
チケットは発売中です。ぜひ、お出かけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターは’味の素の冷凍ギョーザ’です。
私、愛用しております!

1972年、群馬工場で始まった味の素の冷凍食品は、シューマイやポテトコロッケ、
ギョーザなどの12品からスタートしました。

発売の前年1971年の家庭における電子レンジの普及率はまだ5%未満でした。
しかし、バブル景気での活況、女性の社会進出などが、便利な冷凍食品を後押しすることになります。

97年、油なしでパリっと焼ける「ちゃんとシリーズ」が発売され、
2012年には油・水なしでパリっと焼けるうえに、さらにパリッとジューシーに、
簡単に羽根付きギョウザが誰でも焼けるようになりました。

そして冷凍食品の単品売上高において、2003年から2011年まで、
9年連続トップになりました。

味の素の冷凍ギョーザは発売45周年
現在、クイズに答えて抽選でコールマンのアウトドアグッズなどが当たる、
キャンペーン中ですよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 恋、弾けました。 / ゆず
 2. 大阪ロマネスク / 関ジャニ∞
 3. 麗人 / 沢田 研二
 4. 青春の輝き / Carpenters
 5. おもいで蛍 / 沢井 明
 6. PIECES OF A DREAM / CHEMISRY

ピップエレキバン

2017/10/11 水曜日 - 20:33:12 by 髙岡

私もほぼ毎晩貼っています。
ピップエレキバン。

大阪に本社をおく、ピップフジモトの商品です。
発売は1972年ですから、45年になるんですね。

ピップの創業は1908年(明治41年)です。
大阪市西区新町に「藤本真次商店」を創業しました。
元は医療品卸の会社でしたが、
60年代には商品の製造販売にのりだしました。
ただ、本業が卸でしたから、取引先と競合する商品は避けなくてはいけません。

そこで生まれたのが、あの「シャンプーハット」でした!
子供が洗髪する時に最もいやがる「目ぇにシャンプーが入る!」のを防いでくれる
夢の商品ですよね。欲しかったわぁ~。

そして、さらにオリジナル商品の開発に力をいれます。
当時、磁気治療器が大変な人気でした。
それまで装身具の形をした商品だったものがほとんどだったものを、
違う形にできないかと考えていました。

戦前からあった、四角いガーゼの中央に小さな鉄球をつけたものが、
幹部に貼ると、鍼に似た効果があるとされていました。
民間療法の中には、体のツボに生米を絆創膏で貼り付けるというものもありました。

そこで、鉄球やお米の代わりに、磁石を使ったらどうだろうか?
肌に密着するので、大きな働きを期待できるのでは?

2年かけてできあがった商品が、「ピップエレキバン」でした。

1970年に発売した生理用ショーツの商品名が「ピップショーツ」。
「ピップ」は英語で「すばらしい人」という意味があるそうです。

ここから名前がつきました。

すっかり浸透した商品名を社名にしたのは、1984年でした。

来年2018年、創業110周年、「商品開発事業本部」設立50周年に先駆けて、
1982年から大阪・道頓堀にある看板を、今年10月5日に一新しました。
今回は時計台になったんですよ。
毎時0分の45秒前から映像が流れ、鐘の音ともにともに時報を知らせるものです。

パソコンやスマホを使わない日はない毎日。
若者の肩にもピップ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. YUME日和 / 島谷 ひとみ
 2. Doors~勇気の軌跡~ / 嵐
 3. No.1 / 槇原 敬之
 4. 愛情 / 小柳 ゆき
 5. 長い夜 / 松山 千春
 6. 遺伝 / 斉藤 和義
 7. 勇み足サミー / BARBEE BOYS
 8. Private Eyes / Daryl Hall&John Oates
 9. 港わかれ雪 / 花咲 ゆき美
10. やさしいキスをして / DREAMS COME TRUE

赤福餅

2017/10/04 水曜日 - 18:20:01 by 髙岡

赤福餅が誕生したのは、宝永四年(1707年)。
310年前のことです。
形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどっていて、
餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しているそうですね。
また、この赤福餅という名前は『「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字をとって、
「赤福」と名付けたと言い伝えられている。』と、ホームページに書かれています。

折りに入った赤福餅を買うと、木製のさじ(ヘラ)と伊勢だよりが入っています。
伊勢だよりは、多色刷り版画の第一人者徳力富吉郎(とくりきとみきちろう)さんの作です。
ディレクターは今日買ってきてくれはったので、中秋の名月の話しが書かれていました。
この伊勢たよりは約400種類あるそうですよ。

お伊勢さんには、毎月一日に普段より早く起きて、神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」というならわしがあるそうです。
無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお祈りします。
この朔日参りのお客様をお迎えするために作り始めたのが「朔日餅」です。

本店ではなんと、午前3時30分から販売!?
百貨店などで買い求める時は予約必要です。

以前お伊勢さんに行った時、’お餅めぐり’をしました。
古くからのお餅屋さんが多いんですね。
岩戸屋さんの岩戸餅
1575年の創業と伝えられる二軒茶屋餅角屋本店の二軒茶屋餅
その他、御福餅(御福餅本家)へんば餅(へんばや商店 本店)  等々・・・。

最もメジャーなのが赤福餅なんじゃないでしょうか。
「伊勢のめいぶ~つ~.赤福餅はえぇじゃないか♪」でお馴染み赤太郎のキャラクターグッズもあるそうですよ。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」

大阪歴史博物館で開催中の特別企画展「世界に誇る大阪の遺産ー文楽と朝鮮通信使ー」を見てきました。

近年寄贈された戦前・戦後の文楽座・朝日座で文楽の広報に携わった中村利雄さんが収集されたポスターや番付など、
また文楽人形鬘師・床山の名越昭司さん製作の鬘見本や制作道具などの一部が展示されています。

文楽人形の髪型は200種類を超えると言われています。
公演ごとに鬘師さん、床山さんが作って、また公演ごとに消えていくものなんだそうです!

会場にはたくさんの鬘が展示されています。
ガラス越しとはいえこんなに間近で見られるなんて!
男女、年代、仕事、役柄によって変わる髪型・・・様々です。

制作の道具なども面白かったですよ。
鬘を作ったり結髪したりの作業の様子のビデオがロビーで上映されていて、
とても興味深かかったです。
1年生くらいの男の子がじーっと見ていました。

戦前の文楽のポスターなどもキレイに残っていて、見る事ができます。
昭和18年のポスターには「求敵必滅、輝く海軍記念日」なんて書かれていて、
演目にも新作「水漬く屍」という作品があります。
これは大阪地方海軍人事部指導なんだそうです。

この特別企画展は常設展のチケット(大人600円、高校生、大学生400円、
中学生以下無料)で見られます。
行くまで、文楽と朝鮮通信使とどんな関係があるのかなぁ?と思っていたのですが、
この2つは全然別のエリアに展示されていて、関係性を見る企画展ではありませんでした。

特別企画展は11月26日(日)です。

*一部を除いて会場は写真撮影ができました。

こちらは中之島文楽での人形です。
人形遣いさんの手に渡るまでに、たくさんの人が携わってはるんですね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 紙飛行機 / コブクロ
 2. 恋のはじまり / 家入 レオ×大原櫻子×藤原さくら
 3. Dear My Heart~君のためにラヴ・ソング~ / NOBODY
 4. SMILY / 大塚 愛
 5. YES-YES-YES / オフコース
 6. 麦の唄 / 中島 みゆき
 7. 星のラブレター / THE BOOM
 8. Sky High / Jigsaw
 9. 標ない道 / 香西 かおり
10. 今夜月の見える丘に / B’z