阿部恵子さん&ペルル

盲導犬ユーザーの阿部恵子さんと盲導犬のペルルちゃん。

阿部さんは、ペルルちゃんが初めての盲導犬。

盲導犬について知っているようで、知らない事。沢山ありました。

一緒に歩いていて困ることは、

盲導犬をみて「かわいい~」と話かけたり、

急になでたりされる事だそうです。なかには、

盲導犬が大人しいのをいいことに驚かせたり怖がらせたり、

邪魔をする人もいるそうです。ひどい話ですね~。

盲導犬は、とても緊張して仕事をしています。

とても神経をつかって飼い主さんを守っています。

人間でも、必死に働いている人をみたら、

声は掛けにくいですよね、それと同じことなんです。

盲導犬をみたら、そっと、騒がずに心の中で応援してください。

盲導犬ユーザーの人間も、とても緊張しています。

指示を出すのは人間です。常に地図を頭の中で考え、

横断歩道では、耳を澄まし信号機や車の音を聞いています。

ひとりと1匹は、助け合って歩いています。なので、

そっと応援してあげましょう。でも、もしも、

盲導犬が怪我をしていたり、何かくっついてたりしたら、

飼い主さん、盲導犬ユーザーの人間の方に、斜め後ろから

そっと話しかけてください。みんなが心優しく、温かい気持ちで

過ごせるような国になるといいですね~