岡田太丞さん

2017年1月31日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

内閣府が募集している「心の輪を広げる体験作文」に応募され、
平成19年度に内閣府から「佳作」。兵庫県から「最優秀賞」。
平成28年度に兵庫県から「優秀賞」を受賞された、
岡田太丞さんにお越しいただきました。

先週は、視覚障害者になり、歩行訓練を始めた頃のお話を伺いました。
歩行訓練では、復職するために会社まで一人で行ける事。
音声ソフトがある事を知り、それまでは「一本指打法」で操作していた
パソコンを猛勉強。会社に「まだまだ働けるんだ」という
自分自信をプレゼンする為に毎日毎日パソコンを向き合ったそうです。
もともと銀行員で海外で営業をするバリバリの仕事人間。
営業としては復職出来なくても、それまでに培った能力で、
海外の情報を営業マンに発信する社内報を発行。
「この人には、この国のこの情報が必要だな」と発信して、
「ありがとうございます。うまくいきました」と言われた時は、
とても嬉しいそうです。野球でいえば、「バント」だそうです。

とても明るくてお話も面白い岡田さん。
街を歩いていて、毎日通う通勤の道などで、
「お手伝いしましょうか?」と声をかけられた時には、
「大丈夫です、ありがとうございます」と答えるそうですが、
勇気を出して声をかけてくれた方に申し訳ないという気持ちから、
「サンキューカード」を作られたそうです。

パソコンに強い奥様の手作りです。ステキです!!