LisPee360&Chapit

株式会社レイトロンの角野和也さんにお越しいただきました。

レイトロンは半導体の設計を行っている会社なのですが、

15年ほど前から大学と連携して音声・映像・無線通信の

分野でも研究開発をしているそうです。

その中の音声認識の研究技術を搭載した製品を2つご紹介頂きました。

まずは「LisPee360(リスピーサンロクマル)」。

声で命令すると家電を操作してくれる、リモコンいらずの代物です。

もう1つは「Chapit(チャピット)」。

こちらも同じく、声で命令すると家電を操作してくれるのですが、

見た目が白いクマのような姿をしていて、簡単な会話やクイズを

出してくれるなど、コミュニケーションをとることもできます。

両方とも、一度登録しておけばゴミの日を通知してくれたり

薬の管理も行ってくれるなど、視覚障害者の方や高齢の方にとって

嬉しい機能がたくさん。

詳しく知りたいという方は

問い合わせ:06-6125-0500