読書日和

出版社 読書日和

代表 福島 憲太さんに

お越しいただきました。

視覚に障害があっても

本が読みたい、読めるようにしたいという想いで、

本を購入すると音声データーで

聞くことができる本を出版する会社を立ち上げられました。

福島さんの右目は全く見えず、

左目は、中心のみ。0.08の視力があるそうです。

そんな中で、参考文献の紹介だけで、

10ページ必要になるほどの本を読み、

「風疹をめぐる旅」をお書きになりました。

そのほかにも、

ダウン症の妹を紹介する小学生を描いた

児童書「ひかりあれ」。

どちらも、金子あつし名義で出版されています。

どちれらの本も最後の方にある、

テキストデーター引換券を出版社に送ると、

購入者宛てに音声データーが送られてきます。

好きな時に好きな時間、

本を読むことができるようになります。

金子あつしさんの本は、

書店で取り寄せていただくか、

インターネットでも購入可能です。

現在、本を自費出版したい人も募集中だそうです。