茶木敏行さん

テノール歌手の茶木敏行さんに
お越しいただきました。

視覚に障害がある方の仕事をいえば、
針・鍼灸・マッサージがメインで
まだまだ他の選択肢が少ない時代。
京都府立盲学校高等部 在学中に
「そんなのは嫌だ」とずっと思っていたそうです。
そして音楽の先生に惹かれ、
歌ってみると先生もびっくり。
卒業後、大阪芸術大学演奏学科に入学されたそうです。

日本で活躍された後、
ドイツ、スイス、ロシア、イタリアでも絶賛。
帰国後は、生まれつきの弱視のためオペラ出演は断念し、
ソロ歌手として活動されています。
大阪府の舞台芸術奨励新人賞も受賞されました。

そんな中、歌手として大事な喉。
風邪をこじらせ、演奏会の前日に声が出ない事があったそうです。
そこで、独特な流派の先生と出会い、
翌日の演奏会は大成功。

高校生の頃、嫌がっていて針・鍼灸の奥深さに気付き、
改めて勉強をし、国家資格も取得。
その中国の独特な流派の先生に学び、
茶木鍼灸院も開院されています。

とても勉強家の茶木先生です。