シグナルエイド&メロガイドホーム

池野通建株式会社 大阪営業所

福祉エコロジーグループ 主事 中井弘美さん と

福祉機器専門職 井上孝三さん にお越しいただきました。

シグナルエイドとは、手の中にすっぽり収まる小型受発信機。

それが情報提供エリアに入った時には、

「ピッピッピッ」と反応します。反応があった時に、

押しボタンスイッチを押すと、目標物から音声案内を

受けられます。

例えば、ご自宅の玄関にメロガイドホームをつけておいて、

ボタンを押したらメロディーで玄関の位置を教えてくれたり、

先週ご紹介した早川福祉会館では「ココは入り口です」

アナウンスで教えてくれます。

常に流れている音声ガイドではなく、

知りたい人が知りたい時に流れるのでみんなに優しい。

そして、信号機に白いBOXが付いている横断歩道では、

「歩行時間延長信号機用小型送信機」になり、

ボタンを押せば、渡れる時間が少し長くなるという機器です。

このシグナルエイドをはじめ、この番組でもご紹介した事のある

視覚障害者向けの商品を実際に触って体感できるイベントが

3月2日(月)午前10時から午後4時まで、

ホテルアウィーナ大阪4階の金剛の間で開催されます。

是非、行って見て使って、体感してみてください。