むらさきつゆくさの会

大阪YWCAボランティアの
河合由美子さんと
いけばな教室の生徒
宇根山千恵子さんと
盲導犬のククルさんに
お越しいただきました!
大阪YWCAのむらさきつゆくさの会は、
視覚障害者のための生け花講座です。
未生流の中山文甫さん、
中山高昌さん、山野一甫さんなどが
指導してくださるそうです。
【活動日】
毎月1回、第2または第4火曜日 9:30~11:30
発表会と体験会があります。
むらさきつゆくさの会25周年 手でみるいけばな
【日 程】 2019年6月11日(火)
【時 間】午前10時~午後3時
【プログラム】
いけこみ 午前10時~12時
受講生が実際にお花のいけこみを行います
展示   12時~午後3時
受講生のいけたお花を展示しています。
手でさわって楽しむこともできます。
「手でみる」いけばな体験
①午後1時~1時40分
②午後2時20分~3時
みえない方も、みえる方も(アイマスクをして)
いけばなにチャレンジしてみませんか。
*定員 ①②各6名、申込先着順。
トークショー「私といけばな」 午後1時45分~2時15分
*長年ご指導下さっている中山高昌先生と受講生による
座談会
【会 場】大阪YWCA3階ホール
【参加費】いけこみ見学、展示、トークショー:無料
「手でみる」いけばな体験:お花代実費
くわしくは
06-6361-0838 まで。

HOYA の MW-10!!

HOYA MWプロジェクト室長
石塚隆之さんと
日本ライトハウス情報文化センターの
岡田弥さんにお越しいただきました。

MW-10というメガネをお持ちいただきました。
夕方から夜など、暗い所で見えにくい方、
視野狭窄の方は、是非試してほしい商品です。
テレビ画面をみているように、
前方に四角い画面が見えて、
その画面の中に180度近い視野の映像が現れます。
しかも、とても明るく映ります。

横に居る人も、目の前の画面に映るので、
距離感や歩行には、馴れが必要ですが、
学校や会議室などの黒板やパネル、
映画館のスクリーンなどが楽しめます!

昨年のモノよりバージョンアップしています!
昨年のモデルを使用されている方は、
アップデートしていただけるようなので、
一度、相談されればいいと思います。

お値段は、30万円を超えますが、
日本ライトハウスで体験、
そして購入できます。
岡田さんも、開発段階で試して、
こうした方がいいのでは?と
アドバイスされたそうです。

HOYAさんから、
1名様にMW-10をプレゼントしていただけます!

中心の視野があり、暗い所が見えにくい方限定になります。
お便りに、「このMW-10を着用して、何がしたいか」
を必ず書いて、ご応募ください。

バリアフリー映画上映会

HANDS(ハンズ)ちゅうおう の
代表 東和樹さんと
メンバー 高倉由子さんにお越しいただきました。

HANDSというのは、
H(ハンディキャップ)
A(アクション)
N(ネットワーク)
D(ドラマティック)
S(サポート)
という意味だそうです。

その、HANDSちゅうおう主催による
映画上映会があります。
国文太一さんが主演された「しゃべれども しゃべれども」を
音声ガイド、日本語字幕付き で上映。
特別ゲストとして、盲導犬を連れた落語家
桂文太さんのトークも予定されています。
そのほかにも、
地域の施設・団体で製作された物品の紹介や販売もあります。

6月15日(土)  開場 12時   
場所は、中央区民センター 
大阪メトロ堺筋線・中央線『堺筋本町』駅3番出口東へ歩いて2分
参加費は無料。 申し込みは、不要。

問い合わせは、
大阪市中央区社会福祉協議会・ふれあいセンターもも
06-6763-8139 まで。

ブラインドボクシング

ブラインドボクシング協会
会長の佐野雅人さんに
お電話でご出演いただきました。

ブラインドボクシングは、佐野さんが先頭にたって
考えたスポーツで、特許も取得されています。
日本発祥のスポーツです!

名古屋で始まり、全国大会も2回開催されています。
関西では、まだ支部もできておらず、
関西で、ボクシングをされている方、
ボクシングジムを経営されている方、
ブラインドボクシングの練習場として、
場所をお借りできませんか?
定期的に練習できるように、
場所の提供、そして、
指導員としてお手伝いしてくださる方
大募集中。
ゆくゆくは、世界大会も考えておられるそうです!

どのように協力できるのか、詳しくは、
080-5155-9521 佐野さんまで
ご連絡お願いいたします。