リアルビクトリー

2018年9月4日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

栗山龍太(くりやまりょうた)さんと
盲導犬のアンジーさんが
横浜から来てくださいました。

栗山さん、高槻市出身。
11歳で失明され、筑波大学を卒業。
現在は、特別支援学校の教師であり、
シンガーソングライターとしても活動中。

2020年。東京で開催される
オリンピック・パラリンピック。
パラアスリートを応援したいという
栗山さんの熱い想いから作られた曲が
「リアルビクトリー」(本当の勝利)

国籍・人権・障害の有る無しにかかわらず、
最善を尽くして戦いぬいた人たちが、
勝ち負けを超えたその先に出会う
「共に認め合える」という心。
その尊い心こそが、これからの時代を動かす
パワーの源であり、
リアル・ビクトリーではないか・・・・!

このようの想いで書かれた歌詞について
西村登代子さんは
「選手の頑張りが目に浮かぶようだ」と
目がうるうるしていました。

そして、いまこの曲を
パラリンピックの開会式で歌いたい!
コーラスで大勢で参加しよう!
まだ何も決まってはいません。
ぜんぜん決まっていません。
けれど、決まる前から練習はしましょう。
合唱団で参加したい!
みんなで歌えば怖くない。
リアル・ビクトリー
で検索して、曲を覚えてみませんか?
まだ決定していませんが、狙ってはいるそうです。

なによりも一度聴いてみてください。

アンジー!!