点訳ボランティア

木戸口恭子さんにお越しいただきました。

木戸口さんは、点訳ボランティの講師をされますが、

もともとは、学生時代に

「人の役に立つことをしたい」という想いで、

点訳を習い始めたそうです。

「あいうえお・・・・」50音にひとつずつ

点字がありますが、それがただただ並んでいても、

何が書いてあるのか読み解くのは困難です。

たとえば、

「もうすぐはちじさんじゅっぷんです」

これを漢字も数字も使うと

「もうすぐ8時30分です」と書いてあります。

これが本などの長文になると、とても読みにくいですよね。

数字の前には、「次は数字ですよ」というマークを

打つそうです。

そんな独自のルールがいろいろあるので、

50音を覚えればいいという訳ではないそうです。

音声で読み上げてくれる機能が増えてはきましたが、

読書は自分のペースで読みたいし、

たまに途中で読み返したい時などありますよね。

そんな時はやはり点字がいいそうです。

点訳ボランティアの養成講座があります。

8月22日~10月24日までの毎週水曜日

午後1時から4時まで。全10回。

参加費は無料。

お問い合わせ 大阪市視覚障害者福祉協会

06-6765-5600(西林)まで