NPO法人弱視の子どもたちに絵本を

NPO法人 弱視の子どもたちに絵本を

事務局の田中加津代さんにお越しいただきました。

自分で本を読むことができる出来る、そして自分に自信が持てる。

お気に入りの本と出会う幸せをみんなが味わえます。

手で触ると柔らかい!

砂や貝殻は本物を使って出来ています。

弱視の方だけでなく、全盲の方、

そして晴眼者も楽しめます。

子供も大人も楽しく読める絵本にできあがっています。

是非、見てください。

お問い合わせは、

090-4642-5662 です。

大阪 点字付きかるたを楽しむ会

大阪 点字付きかるたを楽しむ会

代表の兵藤美奈子さんに

お越しいただきました。

4枚ずつ並べて取っていくスタイルで、

この会を立ち上げた兵藤さんは、

「大阪」と名付けたのは、

兵庫や京都など、各県に点字付きかるたが広まって

大勢が楽しめるようになってほしいという

願いが込められているそうです。

どんな感じなのか興味のある方は

090-3841-9107 野々村さんまで

連絡してください。

二宮大樹さん

二宮大樹さんにお越しいただきました。

この6月から、司法書士として勤務されています。

志したのは、実家の遺産相続問題を
さささーっと解決する司法書士をみて
「すごい!」と思ったからだそうです。

しかし、視覚に障害を持ちながらの勉強。
諦めかけた時に、
視覚障害者の先輩で、同じような仕事を
している方と出会い、不可能ではないんだと
一念発起!

きっとこれから、
いろいろと困っている方を助けていかれると思います!

岡本さやかさん

岡本さやかさんにお越しいただきました。

もともとお菓子作りが好きで、
お料理も得意。

しかし、目が見えにくくなるにつれて、
カップ何ccなどの目盛りがわかりづらくなったそうです。
お菓子作りは分量が肝心。

そこで、目に障害があっても、
分量が量りやすく、
簡単に作ることができるレシピを
沢山考案されています。

お菓子だけではなく、二人のお子さんがいる
お母さんなので、おかずメニューも
考案されています。

クックパッドの
「さーやgogoのキッチン」
で探してみてください。