兵後正剛さん

2018年1月23日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

兵後正剛さんにお電話でご出演いただきました。

兵後さんの半生が、小学校の道徳教科書に

掲載されました。

兵後さんは、元アルペンスキーの選手です。

2002年開催のソルトレークシティーパラリンピックで

視力検査で出場資格を失いました。

その日の体調によって、微妙に変化する視力。

国内検査では問題なかったのに、パラリンピックの事前検査で

0.05基準に合わなかったそうです。

もし、見えていても見えないと自己申告してしまえば

出場資格を失わなかったかもしれません。

失格になり、選手村を出ないといけないところ、

裏方として役に立ちたいと思い、協会を説得。

見事な働きぶりと検査の正直さなどから

フェアプレー賞を受賞されました。

その後は、一度失格になると参加が認められない国際大会に

再び挑戦できるように働きかけ、復帰。

「挫折しても、頑張っていれば違う形で夢は出来る。」

「敗者にはならない。必ず新しい道は開ける。」

兵後さんは、子供たちに

「正直さ」と「あきらめない心」を伝えたいそうです。