大阪府高等学校演劇研究大会

2017年10月10日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

柏木佳子さん 隅田康子さんに

お越しいただいきました。

全盲の柏木さんは、タンデム自転車で

颯爽と風をきって走る、とても活動的な明るい女性。

高校生の演劇を観に行った時、動作で笑わせる場面では、

周りが笑うのに自分は全く何が起きたかわからずに、

「演劇でも音声で動きを解説してくれたら、

もっと多くの人が楽しめるのにな~」と

取り残された気分になるそうです。

そして、学校での講演では、

興味のある生徒はじっくり聞いているけれど、

授業で仕方なく聞いている生徒はそこで終わってしまう。

「聞いてインプットした事を興味のある事でアウトプットできれば、

より深い理解に繋がるのではないかな~」と感じていたそうです。

この二つの熱い想いを柏木さんの元恩師に話をしたところ、

ぴったりの人がいる・・・と紹介されたのが、隅田康子さん。

隅田さんは当時、高校の演劇部の顧問をされていました。

柏木さんの熱い想いに賛同。早速、校内発表で音声解説を取り入れ、

地区大会の地区大会でも取り入れ、府の大会でも実施。

柏木さんから話をきいて1年もしない間に実現してしまいました!

高校生も初めての経験で、何が必要で必要でないかがわからない状態。

最初は、やる子が少なかったのが、だんだん増えてきたそうです。

「○○学校○年の○○です。初めてですが頑張りますのでよろしくお願いします。」

から緊張感が伝わるそうで、

「Aが立ち上がりました、あ、Bでした。すみません、Bが立ち上がりました」

のように間違う事をあるそうです。

柏木さんや隅田さんは、完璧な音声ガイドは求めていない。間違えてもいい。

視覚に障害がある人に何をどう伝えたらいいのかを考える経験になれば

それでいいとおっしゃいます。1年生の時よりも2年3年と確実にレベルアップ

しているそうで、高校生が一生懸命取り組んでいる姿を是非、観にいってください。

11月18日(土)19日(日)

箕面市立メイプルシアター

「第67回大阪府高等学校演劇研究大会」

入場無料

FMラジオをお持ちの方はご持参ください。

音声解説は会場内のみFMの電波で音声解説を聞く事ができます。

貸し出しも13台あります。貸し出し希望者や詳細は、

夜8時以降 090-5106-7522 もしくは

sandylove8582@ybb.ne.jp までお問い合わせください。