崎元宏美さん

国立神戸視力障害センター 自立訓練ヨガ講師

健康運動指導士の崎元宏美さんに

お越しいただきました。

国立神戸視力障害センターは、

自立の為に、生活訓練や仕事の為の訓練を

受けることが出来る施設です。

そこで、ヨガの指導をされているそうです。

生活に必要かどうか?と疑問をお持ちの方もいるかも

しれませんが、歩く事ひとつでも気を張っている

状態ですので、ヨガによって心も体もリラックスし、

ふ~~っと息をつくことが出来る。

そして身体の柔軟性も養われ、転倒防止になる。

ということだそうです!

この施設の利用者でなくても参加できるヨガがあります。

「チャレンジド・ヨガ~視覚障がいの方のヨガ~」が神戸で開催されます。

6月11日(日) 14時~15時30分 です。

場所: 国立神戸視力障害センター 地域交流棟1階研修室

参加費: 1000円(ヘルパーさんなど付き添いの方は500円)
(ご参加は障がいの有無に関わらず、どなたでもご参加いただけるクラスです)

チャレンジド・ヨガ関西事務局
お電話 080-1460-4680(崎元)までお問い合わせください。

◆持ち物・服装など
*動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
ヨガは裸足で行うのをお薦めしていますが、
裸足に抵抗がある方は、五本指ソックス(足裏に滑りとめ付きがお薦めです)を
ご用意下さい。

*汗ふきタオル

*1枚羽織る物

*お飲物

※ヨガマットはこちらでご用意いたします。

◆次回は7月9日(日) となります。

第10回ふれあいフェスティバル

第10回東住吉障害者ふれあいフェスティバル

が無事に終わりました。

ご来場くださった多くの皆様、ありがとうございました!

残念ながらお越しになれなかった方、

放送で少し雰囲気が伝わったでしょうか?

大きなイベントは今回が最後になりますが、

来年からも何か楽しいイベントを計画されると思いますので、

お楽しみに!

「テレビが聞ける」ラジオ

株式会社アステムの西田浩文さんに

お越しいただきました。

「テレビが聞ける」ラジオが日常生活用具に

指定されたそうです!

地デジ放送になってから、

ラジオでテレビの音が聞けなくなってお困りの方が多く、

アステムさんが開発された「テレビが聞ける」ラジオ。

音声ガイド機能もついてあり、ボタンもわかりやすい商品が

障害者手帳をお持ちの方は安く買うことが出来ます。

一般のお店では売っていませんので、

日常生活用具を取り扱っている施設か

株式会社アステム 06-4801-9730

にお問い合わせください。

桂九雀さん

桂九雀さんに電話で、お話をうかがいました!

第10回東住吉障害者ふれあいフェスティバルが

5月21日(日)阿倍野区民センター大ホールで

開催されます。

九雀さんの落語と

吹奏楽と映像と落語の共演でお送りする「忠臣蔵」は

原田アナウンサーの解説付き。視覚に障害があるみなさんも

お楽しみいただけます。

一度観た方からは、是非もう一度観たい!

その話を聞いた方からも、またやってほしい!という

熱い要望があり、再演が決まりました!

この機会に是非ご覧ください。

神戸アイセンターについて

神戸アイセンターの三宅卓先生に

お話をうかがいました。

着々と工事が進んでいる神戸アイセンター。

ここは、眼科の病院と研究所、

生活訓練や職業訓練が同じ建物で出来ます。

視覚に障害がある中で、病院に行って、

そこで紹介された訓練施設まで行くことは、

簡単な事ではありません。

始めての道、始めての施設への戸惑い。

ヘルパー・ガイドさんの予約など必要になります。

それが同じ建物内で出来れば、とても安心です。

神戸アイセンターでは、視覚障害者の方々が音楽やスポーツなど

趣味を楽しむ事も出来るそうで、そんな姿を知る事で

同じような病気に悩む人たちが前を向けたり、

やる気になったりと、いままで交わる事がなかった

人や物が集まるそうです。

とても期待が高まります!