辰巳周平さん

辰巳社会保険労務士事務所

社会保険労務士の辰巳周平さんに

お越しいただきました。

先週は障害年金について、

今週は年金制度が変わるというお話でした。

今年の8月から、老齢年金の受給に必要な

納付期限が10年になります。これは決して、

若者が10年だけ払えばいいという事ではなく、

いままで支払ってきたのに受給を受けられていない

高齢の方を救う為だそうです。

2月末から7月上旬にかけて、今回の制度で

必ず年金が受け取れる方々に順番に封書が送られます。

7月以降には、今から少し遡って支払えば受給される人や、

サラリーマンの妻など調べれば受給出来る方々に封書が送られます。

合計で107万人が対象者だそうです!

役所に届け出している住所のポストに入りますので、

高齢世帯や空き家で放置しているなど

ご確認される必要があるかもしれません。

請求しないともらえませんし、封書には難しい事が書かれた紙が

入っています。高齢の方には難しいかもしれませんので、

家族の方などが制度を知ることも大切だそうです。

辰巳社会保険労務士事務所 078-935-4765

辰巳周平さん

辰巳社会保険労務士事務所

社会保険労務士の辰巳周平さんに

お越しいただきました。

辰巳さんには2週にわたり年金制度についてうかがいます。

今週は、障害年金について。

いざ、障害年金をもらおうとした時に大事なのは、

①初診日

②年金・保険金を納めているかどうか

③障害の状態

この3点です。

初診日とは、その病気で一番最初に病院に行った日です。

ゲストの辰巳さんも番組パーソナリティの西村も、

網膜色素変性症です。この病気は進行が人ぞれぞれ違います。

たとえば、少し見えにくいなと思って病院にいって、

そのまま大人になって病名が確定したとしたら、

20年30年も前の診察日を調べなければなりません。

大変な作業になる場合もあります。

年金・保険金をもしかして払えてない時期があったとしても、

何か方法があるかもしれません。

そんな時は、社会保険労務士さんにお願いしてみては

いかがでしょうか?社会保険労務士さんの仕事は、

とても幅がひろいので、辰巳さんのように障害年金に

力を入れている方を探されるほうがいいそうです。

お電話でも相談は無料ですので、どんどんご相談ください。

辰巳社会保険労務士事務所 078-935-4765

山本美惠子さん

山本美惠子さんと盲導犬のフェリシアさんに

お越しいただきました。山本さんは全盲ですが、

折り紙が得意!たまに、学校に作品を見せに行ったり、

たまには教えることもあるそうです。

学生の頃は机の下で折った紙飛行機を、

悪い生徒に飛ばしてぶつけるという、

いいのかわるいのかよくわかりませんが、

楽しい性格だったようです。

通っている内科小児科病院の待合室で

折り紙の作品を欲しい方にプレゼントしたり、

千羽鶴を折っていたところ、たまたまそこのお医者さんが

折り紙研究員で、「それならここでやりましょう」と

視覚障害者の方3名を含む、10数人で折り紙教室が

開催されているそうです。先生はお医者さん。

山本さんもそこで、さらにいろいろな折り方を習われているそうです。

指先の感覚が大事なので、手が荒れるとキレイに折れない。

冬場の洗い物は気をつかうそうです。

田中令子さん

田中令子さんにお越しいただきました。

3歳で病気により失明。

子供の頃から身体が弱かったという田中さんは、

27歳で水泳を始めます。水の中は白状がなくても歩ける事を発見!

全く泳げなくて頭をつけるのが怖いところから始めて、

なんと優勝。パラリンピックに出たいという想いで、

マラソンへ転向。そのマラソンでも優勝など数々入賞。

いざこれから!という時にドクターストップ・・・・。

たまたま入った楽器店で、ウクレレを発見し、

「持ち運びが簡単」という理由でレッスン開始。

そしてウクレレと共に演奏できるハーモニカも始める。

ハーモニカの公演が増えて、ハーモニカのみに転向。

そこでクロマティックハーモニカと出会い、

今年の11月、ドイツで開かれる世界大会で上位入賞を目指して、

ただいま猛練習中だそうです!

放送で演奏していただいた曲は、先生から前半はOK!

後半はまだダメと言われていたそうですが、

頑張って演奏してくださいました!

なにごとも0か100。中途半端が嫌いという田中さんの

チャレンジはまだまだ続きそうです!