酒井響希さん

酒井響希さんとご両親にお越しいただきました。

響希さんは、大阪府立視覚支援学校の4年生。

2歳の時に両眼を摘出。

物をたたいて「これは何」を確認していた響希さん。

たまたま遊びに行ったご近所の家にドラムセットがあり、

それを楽しそうに叩く姿をみてご両親は、

ドラムセットを買い、部屋を防音に改装。

お家で録音していただいた音を聴かせていただきましたが、

とてもしっかりはっきりくっきりした音!すばらしい!

少し華奢なスッとした顔立ちの響希くんから想像つかないほど、

力強い音でした。将来は、プロのドラマーになりたいそうです!

11月3日(祝・木)ライトハウス祭りで、ドラム演奏するそうです。

だいたい午後1時40分頃だそうです、応援よろしくお願いします!

ビッグフェイス

杉本茂さんにお越しいただきました!

この番組は②度目の出演になります。

以前、杉本さんのバンドが30周年を迎えると聞き、

30年も続けることって結構難しいこと!

これは是非ライブ告知に来てほしい~という約束を守って

いただきました。

10月22日(土) アートクラブ

大阪市中央区心斎橋2-6-14 アクロスビル 7階

地下鉄「なんば」駅14番出口 北へ徒歩5分

開場 午後1時  開演 午後1時30分  終了予定4時

入場料1500円(1ドリンク+ ケーキ または おつまみ付)

予約される方は ビッグフェイスのだいすぎさんまで、

090-8237-0985 (10時から22時まで)

山本修士さん

先週に引き続き、

西宮市にある仁眼科医院の

山本修士先生にご出演いただきました。

きのう、10月10日は「目の愛護デー」でした。

なので、今週は「目の病気」についてうかがいました。

視覚障害になる病気は、上位から・・・

緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症、加齢黄斑変性、

だそうです。

目の病気は、症状が出てからしか気付かない事が多く、

予防の為に定期検診される方も、ほとんどいません。

糖尿病が原因でも、糖尿病になったからといって、

「眼科に行こう」という考えはあまり持っていません。

夜盲症という症状がでても「夜見えにくいのは当然」と

思ってしまうと検査にいきません。

治療法がない病気もありますが、進行を遅らせる事が出来る病気もあります。

研究は日々進んでいます!IPS細胞に大きな期待をしたいところです。

胃や腸などと同じように、目も定期検診を受ける習慣がつくといいですね。

山本修士さん

西宮市にある仁眼科医院の

山本修士先生にお越しいただきました。

視覚に障害があっても、それを乗り越えて輝く人たちを

ご紹介いただきました。

中部国際空港のバリアフリー化に貢献された方。

電車の運転手から職種を変え、定年まで働いた後、

勉強して鍼灸の免許を取られた方。

営業マンから内勤に変わり、まもなく定年を迎える方。

社労士として障害年金など、多くの障害者を助けている方。

ラジオのパーソナリティーとして、情報を発信している方。

もちろん最後は、西村さんの事です。

このほかにもこの番組では、輝いている人を何人もご紹介してきました。

もちろん、これからもご紹介していきます。