タンデム自転車

柏木佳子さんにお話をうかがいました。

8月1日から、大阪府道路交通規則の一部が改正され、

大阪府下でタンデム自転車「後輪一輪」の

公道走行が許可されたそうです。

前で晴眼者がハンドルを握り、後ろには視覚障害者が乗り、

二人で力を合わせて漕ぐ、タンデム自転車。

みえなくても、風でスピードを。

身体の傾きでカーブの大きさを。

香りで町並みを。肌感覚で道の広さを感じるそうです。

今まで、後ろが2輪だとよかったそうで、その為に

わざわざ2輪のタンデム自転車も作ったそうです。

兵庫県や京都府では、すでに後輪一輪のタンデム自転車は、

公道を走ることが出来るそうで、これで大阪も追いつきました!

柏木さんをはじめ、多くの方の働きかけのおかげです。

今後、柏木さんは、兵庫京都大阪の3県合同イベントをしようと

考え中だそうです。