広瀬浩二郎さん

国立民族学博物館 准教授の広瀬浩二郎さんに

お越しいただきました。

兵庫県立美術館で開催される企画展

「つなぐ×つつむ×つかむ 無視覚流鑑賞の極意」を

プロデュースされました。

視覚障害者である広瀬さんの音声ガイドを聞きながら

作品に触れてみましょう。視覚障害者のみなさんが、

どのような感覚で作品を感じているのでしょうか?

作品の大まかな形だけでなく、手触りや温度など、

視覚に多くを頼っている晴眼者が忘れている感覚を総動員して、

全身で作品をみるそうです。

晴眼者の為の、見えない見えにくいという疑似体験ではなく、

視覚に頼らず作品を鑑賞する体験です。

会場を出る最後にどんな作品を触ったのかを観る事は出来ません。

自分が触って感じた作品がその作品そのものなので、観る必要もないのです。

会場にはアンケートがありますので、ご自身が感じた作品の絵を描くのも

おもしろいかなと思います。

つなぐ×つつむ×つかむ 無視覚流鑑賞の極意」の開催期間は、

11月6日(日)まで。是非、兵庫県立美術館に足をお運びください。

9月19日(月・祝)午後3時からは、広瀬さんの講演

「人生の触り方・無視覚流の極意を求めて」があります。