風流亭寿近 風流亭さく作

2016年6月27日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

吉川隆史さん(風流亭寿近(じゅにあ)) と
大森敏弘さん(風流亭さく作)にお越しいただきました。

西宮市を拠点に活動している視覚障害者の親睦団体
「楽喜(らっきー)の会」の懇親会に吉川さんと大森さんが参加した時に、
「素人落語 我楽多(がらくた)の会」代表の風流亭半丸(せみまる)さんと
話が盛り上がり、弟子入りすることになったそうです。

落語を全く知らなかった吉川さんの4分後に弟子入りした
大森さんは落語が大好き。

所作を覚えたり、目線のコントロールが難しいそうですが、
お二人とも高座で笑い声が聞こえた時はとてもうれしいそうです。

7月17日(日)西宮市市民交流センターで
お二人の師匠 風流亭半丸さんが出演される
☆☆第25回我楽多寄席☆☆ が開催されます。
午後2時開演。是非ごらんください。

JRPS大阪

2016年6月20日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

大阪府網膜色素変性症協会 略称「JRPS大阪」

副会長 三ツ井直樹さんと松本政雄さんに

お越しいただきました。

日本網膜色素変性症協会が公益社団法人に認定され、

「日本網膜色素変性症協会 大阪支部」から

「大阪府網膜色素変性症協会」に名称が変わりました。

大阪府内で同じ病気をもつ患者さんの生活の質の向上や、

地域への啓発を目的とした協会です。

交流会もありますし、同じような境遇の人たちと会話をする事で、

前向きな気持ちにもなれるそうです。

晴眼者の方々もこういう協会があることを知っておいて、

必要な人に必要な情報が届くお手伝いが出来るといいですね~。

杉本茂さん

2016年6月13日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

杉本茂さんにお越しいただきました。

杉本さんは、泉大津市で我孫子あすなろ経絡指圧療院を

開院されるかたわら、音楽活動も活発にされていて、

いろいろなバンドを組んでおられます。

6月26日(日)に音楽と演劇が両方楽しめるイベントをされます。

「浪花ともあれ、福耳ライヴ-朗読と音楽の午後」

~ばっかりばっかり&ビッグフェイス~

会場は、舞洲障害者スポーツセンター「アミティ舞洲」

参加協力金1500円。定員60名。

演劇結社ばっかりばっかりのバリアフリー演劇と

ビッグフェイスのライブが楽しめます。

ご予約は、090-8237-0985(朝10時から夜10時まで)

きららの会

2016年6月6日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

きららの会 石川佳子さんにお越しいただきました。

恋愛や就職、趣味の話などいろいろな話をして交流楽しむ、

20歳代から40歳代までの集まり「きららの会」。

人に与える印象は、服装も大きく関係しますよね?

目がみえない、みえにくい皆さんが、洋服でお洒落をする。

これは難しいことです。でもお洒落がしたい!

そんな話からカラー講座が定番になったそうです。

途中から見えなくなったのであれば、

「うすいピンク」「深いみどり」「空のような水色」

といえばだいたいイメージできますが、

生まれながら見えない方には、その人が想像できる言葉で

色を伝えるそうです。自分は何色が似合うのか?

優しそうにみられたい、賢そうにみられたい、

そんな時はどんな服がいいのか?

プロのカラーコーディネーターを招いた交流会を

何度もされています。石川さんいわく、

買い物に行って帰った後、自分が欲しかった洋服が買えたかどうか、

家の人に答え合わせをしてもらうそうです。その時に、

自分が欲しかった色で考えていた通りの柄やデザインだと

とてもうれしいそうです。そして、この会は男性も多いそうです。

次回は、和風カラー講座があります。

浴衣の柄選びと風呂敷のアレンジ術をされるそうですが、

和風の色や柄選びって難しそうですね!きららの会でも

初めての試みだそうですので、参加されたい方は

きららの会」で検索してみてください。

和風カラー講座

7月9日(土)  午後1時30分~午後4時30分
京都ライトハウス 会議室(2F)
持ち物:風呂敷(なければハンカチなど)
参加費:500円(同伴者不要)
定員:15名(同伴者除く)
募集締め切り:7月2日(土)