辰巳周平さん

2015年9月28日 - 8:26 PM by 番組スタッフ

辰巳社会保険労務士事務所 の

辰巳周平さんにお越しいただきました!

社会保険労務士さんの仕事は、とても範囲が広いのが事実。

辰巳さんは、ご自身も網膜色素変性症。その事もあり、

傷害年金になど、特に視覚に障害がある方にとって、

知らないと損をするような情報を毎回教えてくださいます!

今回のお話は、

10月1日から障害年金の制度が変わるということです。

今までは、障害で初めて病院に診察にいった日「初診日」。

この「初診日」がわからないと障害年金がもらえませんでした。

目の病気で進行が遅い場合、「ちょっと視力が落ちたなぁ~」と

病院にいったのが、10年前・20年前の場合もあります。

そんな前の何月何日にどこどこの病院へ行ったという証拠って、

なかなか見つけられなくて、障害年金をあきらめた方も多いでしょう。

それが、第三者の証言によって認められるかもしれません。

そして、一度あきらめた方も再請求出来るそうです。

例えば、「小学生の頃に黒板が見にくくていつも前の席に座っていた。」

「病院に行っていた」などを担任の先生や同級生に証言してもらい、

卒業アルバムなどで、確かに担任であった・同級生であった事実を

証明するそうです。なにかととても大変ですが、受給される可能性が

できました!

詳しく知りたい方は、辰巳社会保険労務士事務所

078-935-4765 でお聞きください。

亀山洋さん

2015年9月21日 - 8:26 PM by 番組スタッフ

亀山洋さんにお越しいただきました!

愛媛県宇和島で写真屋さんを営んでいた亀山さん。

錐体杆体ジストロフィーという病気を患いお店を閉める事に。

奥様のご実家京都のハローワークで、

国立吉備高原職業リハビリテーションセンターを紹介され、

現在入所中。ここは、様々な障害をお持ちの方々が80名、

生活しながら職業訓練をされているそうです。

亀山さんも、それまでのスキルに磨きをかけて、資格取得。

就職に向けていろいろな勉強をされています。

神戸アイライト協会

2015年9月14日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

神戸アイライト協会 理事長 森一成さんに

お越しいただきました!

神戸アイライト協会は、森さんがひとりで始めた

ボランティア協会でした。それから16年と半年。

協力者もだんだん増え、常勤10名。非常勤8名。

ボランティア多数という大きな協会になりました!

そしてやっと、神戸市が事業委託という形で協力して

くださる事になり、常勤専任 歩行訓練士が配置されたそうです。

まだ1人だそうですが、需要があるという実績が積まれていけば、

これから増えるように期待したいところです!

視覚に障害があって、なかなか出歩けない神戸の方、

または神戸に通勤・通学されている方なら、

どなたでも歩行訓練など教わる事ができます!

ガイドヘルパーさん自身の技術向上、また、

ガイドヘルパーさんとの歩き方も教えてくださるそうなので

一度、お電話してみてください。火曜日から土曜日の

午前9時30分から午後4時30分まで

078-221-6019 です。

そしてイベントがあります。

「アイライトフェア2015」

10月11日(日) 午後1時から午後4時30分まで

神戸市立葺合(ふきあい)文化センター 大ホール

歩行訓練士の方や利用者の方のお話が聞けます。

参加は無料です、お問い合わせは、

078-252-1912 神戸アイライト協会まで。

大阪府立中央図書館

2015年9月7日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

大阪府立中央図書館司書部読書支援課障がい者支援室

副主査(司書) 杉田正幸さんにお越しいただきました!

鍼灸師の仕事から、司書として図書館に勤務。

全盲でありながら、一般選考の60倍を超える難関を突破。

図書館では、読書が困難な方への支援やサービスの実施など。

対外的には、公共図書館で働く視覚障害職員の会 なごや会 

西部支部長 や 「障害者へのICT活用研修会」の講師など。

個人的には、SNSで情報発信など、様々な活動をされています。

公共図書館で働く視覚障害職員の会なごや会でのイベントがあります。

「公共図書館の視覚障害者職員の仕事と視覚障害者サービス」

9月13日(日) 大阪府立中央図書館 2階 大会議室

午前11時から午後4時50分まで。

視覚障害を持ちながら、図書館で働く職員さんが

どんな仕事をしているのか。そこにはどういうサービスがあるのか。

実際に働いている方のお話を聞く事ができます。

今回は特に、高校生・大学生などこれから就職を探す方々に

こんな仕事もあるんだと知っていただくこと。

そして、視覚に障害があっても、図書館を利用出来ることを

知っていただく機会になるのではないかと思います。

この研修会に興味がおありの方は、

06-6745-9282(大阪府立中央図書館)の杉田さんまで

お問い合わせください。締め切りは9月10日です!