山本浩さん

2017年8月15日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

和歌山県網膜色素変性症協会
会長 山本浩さんにお越しいただきました。

見えない見えにくい方の為の読書といえば、
点訳本や音声で読み上げてくれるモノなど
いろいろありますが、山本さんは対面朗読を
推奨されています。

まだ音声になっていなし本も読むことが出来るし、
機械音よりも人の声の温かさを感じられる。
読み手と本について語る事も出来る。
読み手の方も続きを楽しみにしたり、
ほかの本を紹介しあえたり会話が弾む。

点訳本や音声機器のように
いつでも自分の時間に読めるというわけには
いかないですが、とてもいいそうです。

もっと対面朗読が自由で利用しやすい
体制が整ってほしいと山本さんは願っておられます。

竹内昌彦さん

2017年8月8日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

社会福祉法人 岡山ライトハウス 理事長
社会福祉法人岡山県視覚障害者協会 理事
点字ブロックを守る会代表 の 竹内昌彦さんに
お電話でお話をうかがいました。

竹内さんは、幼少の頃、引き上げ船で肺炎になり、
高熱でほぼ視力を失い、しばらくして失明。
今ほど障害者への理解が進んでない時代に
いじめや差別を乗り越え、東京パラリンピックに出場し、
卓球で金メダルを獲得。大学卒業後、盲学校の教師に。
その後、7歳の長男が死亡。

外国の視覚障害者にも、自立する機会をと、
モンゴルに盲学校を設立。
4年後にはキルギスにも盲学校を設立。
その中で、お金さえあれば目が見えるようになる
子供が大勢いることを知り、ヒカリカナタ基金を設立。
障害の程度にもよりますが、だいたい3万円で
子供一人の目がみえるようになるそうです。

NPO法人にしたのは、
竹内さん本人が天国に旅立った後も
この活動が続いてほしいという想いからだそうです。

竹内さんの講演が8月25日(金)に大阪であります。

8月25日(金)午後1時受付 
午後1時30分~3時30分まで
  
場所:大阪市立社会福祉センター1階 第7会議室
  
テーマ:見えないから見えたもの

問い合せ:一般社団法人 大阪市視覚障害者福祉協会事務所 
        電話:06-6765-5600

川畠成道ヴァイオリンコンサート

2017年8月1日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

一般社団法人 大阪市視覚障害者福祉協会
会長 山野一美さんにお越しいだたきました。

大阪市視覚障害者福祉協会が
結成60周年を記念してコンサートを行います。

晴眼者・健常者の方も是非、お越しください。
日時:9月1日(金)
午後2時40分受付 午後3時開演 午後4時終演予定
場所:いずみホール

申し込み期間:7月25日~8月7日(先着順・全席指定)
申し込み締め切り後、8月15日以降にチケットを発送いたします。

申し込み・お問い合わせ
株式会社アステム 06-6357-3640

日本ライトハウス展

2017年7月25日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

先週に引き続き、

日本ライトハウス情報文化センター

サービス部部長の岡田弥さんと花田潤子さんに

お越しいただきました。

日本ライトハウス展では、参加型の特別ステージ

「アプリバトル」と「ビブリ オバトル」を開催されるそうです。

「アプリバトル」とは、

参加者全員で「使ってみたいアプリNO.1」を決めるバトルです。

発表者が、「これは便利」「ぜひお薦めしたい」というアプリを持ちより、

1人 5分ずつ、順番に紹介します。

すべての発表終了後「どのアプリが使ってみたくなったか」を投票し、

最多票を集めたものを「使ってみたいアプリNO.1」 とします。

「アプリバトル」

9月30日(土 )お昼12時30分から午後2時まで。

参加費 無料

場所 難波御堂筋ホール 特設ステージ

募集人数 3人(募集人数が定員を超えた場合は抽選)

なお、今回ご紹介いただくアプリは、

ご自身のスマホまたはタブレットにインストー ルされたモノでお願いします。

「知的書評合戦ビブリオバトル」とは、

発表者がお気に入りの本を紹介し、参加者全員で「チャンプ 本」を決める

知的書評合戦です。

発表者が読んで面白いと思った本を持ちより、1人5分ずつ 、順番に本を紹介。

発表を聴いて、すべての発表終了後「どの本が一番読みたくなったか?」を

基準に投票し、最多票を集めたものをチャンプ本とします。

「知的書評合戦ビブリオバトル」

10月1日(日)午後2時から午後3時30分まで。

参加費 無料

場所 難波御堂筋ホール 特設ステージ

募集人数 3人(募集人数が定員を超えた場合は抽選)

なお、今回ご紹介いただく本は、

点字・デイジー図書共に製作されている図書とします。

【応募方法】 「アプリバトル」「ビブリ オバトル」 どちらも

8月1日(火)9時半から8月19日 (土)17時まで電話でのみ受付。

お電話は総務係(電話06-6441-0015)まで。

発表者には豪華賞品があります。ぜひご応募下さい!

日本ライトハウス

2017年7月18日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

社会福祉法人 日本ライトハウス情報文化センター

サービス部 部長 の 岡田 弥さんと

サービス部 の 花田 潤子さんに

お越しいだたきました。

日本ライトハウス情報文化センターでは、

音声図書の貸出しや、読み上げなど

小説や映画を楽しむサービス。

拡大読書器など生活に欠かせない機器や

ゲームやおもちゃなどの販売や

使い方の説明。

パソコンや電子機器の講習会。

いろいろな相談受付など、いろいろな事をされています。

絶対ポンカン

2017年7月11日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

ギターデュオ絶対ポンカンの

杉本茂さん 神吉正夫さんにお越しいただきました。

絶対音感はないけれど、

杉本さんの「本(ぽん)」と神吉さんの「神(かん)」で

絶対ポンカンという名前になったそうです。

「アコースティック ポンカンと仲間たちライブ」

シリーズその1 よし笛デュオ さわさわ篇

8月27日(日)開演 午後1時30分 終了午後3時45分予定

場所 大阪・本町 綺羅星(きらら)ホール

協力金 ひとり1500円

予約制 090-8237-0985(午前10時から午後10時まで)

平田進也さん

2017年7月4日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

日本旅行のカリスマ添乗員

平田進也さんにお越しいただきました。

ツアー参加常連の、あるご夫婦のお話。

いつもご夫婦で仲良く参加されていて、

ある時、ご主人の介護が始まったそうです。

大好きな旅行も行けない状態でしたが、

平田さんの協力もと、ツアーに参加。

ご主人も非日常を楽しみ、

奥様も介護から少し放れ、のんびりお風呂に入って、

とても感動してお帰りになられたそうです。

数日後、奥様から連絡が入りました。ご主人が、

「また旅行に行きたい。今度は自分が奥様を連れて行く」

と、それまで立てなかったのに、立ち上がろうと頑張って

いるそうです。

そんな経験から、なにかそんなツアーが出来ないかなと

思案しているところ、テレビ番組で視覚障害者の方を

旅行に連れて行くという企画がきたそうです。

大成功とは言えないけれど、知らなかった事、

学んだ事が沢山あったそうで、いままで

どれだけ無知だったのか気付かされたそうです。

今後、平田さんとラジオ大阪と一緒に、

ツアーなど出来たらいいなという、前向きな検討が

始まりそうな感じです。

見えない世界に その声を

2017年6月27日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

ラジオ大阪では、5月30日(火)の午後10時30分から、

「ラジオ大阪 報道特別番組 見えない世界に その声を」

を放送しました。この番組を制作した和田麻実子アナウンサーが

きょうのゲスト。

視覚障害者の日常を面白く落語で伝えている方を紹介したり、

点字ブロックの内方線についてなど、取り上げていました。

そういえば、点字ブロックで片方の端が線になっているのが

あるな~と思いましたが、ホームの内側を示す為のものとは

知りませんでした。左右両方が線路の場合や、なにかの拍子で

点字ブロックの外側に出てしまって、どちらが内側か

判断がつかない場合は、内方線があると便利ですよね。

ホーム柵やホームドア、点字ブロックの整備も大事ですが、

それよりも早く、いますぐ出来るのは、声かけです。

盲導犬に指示を出したり、白杖を使っているのは利用者本人ですから、

本人が方向が判らなくなると動けませんので、

「何かお手伝いすることはありますか?」の一声が

やはり大事だそうです。

和田アナウンサーも、

最近は、声かけをする人が増えたとはいえ、

関心がない人は全く関心がないと、温度差に

驚いていました。

これからも伝え続けていかないといけないな~と思います。

そして、先週ご紹介した、日本サービスドッグ協会さんから

プレゼントをいただきました!

肉球ストラップです。

三種類あります。通常1000円で販売していて、

協会への寄付になるところを今回だけ、

3名の方に2個ずつプレゼントします。

どの石になるかは選べませんが、

ご応募お待ちしております。

日本サービスドッグ協会

2017年6月20日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

特定非営利活動法人日本サービスドッグ協会

副理事長の谷口二朗さん と盲導犬のレフ君。

イベントスタッフの杉田智子さんにお越しいただきました。

引退した補助犬たちの支援をされています。

盲導犬・聴導犬・介助犬を育てる為の報道は多いですが、

引退した後、犬たちはどうなるのか、ほとんど報道されません。

そこで立ち上がったのが、日本サービスドッグ協会

人間のために働いてくれた補助犬たちの老後が、

少しでも安らかで穏やかなものであるように、

介護支援をされています。

奈良県の葛城市にあります。

犬も人間のように年を重ねると介護が必要になります。

協会では、介護用品の貸し出しや、治療費の援助などされています。

谷口さんは、現在2頭目の盲導犬レフ君と一緒に過ごしています。

先代のサファイアは、引退してから谷口さんが引き取り、

しばらく、家では2頭の犬を暮らしていました。

最期はガンになり、谷口さんの腕の中で天国に旅立ったそうです。

杉田さんはいま、3頭の引退犬と暮らしています。

介護や看取りは辛いことですが、

人間の為に大変な仕事をしてくれた犬たちを

愛情いっぱいにのんびりと過ごさせてあげようと思う方、

ぜひ、里親になってみませんか?

環境的にそれは無理という方は、グッズの購入や

タオルなどの寄付も受け付けています。

詳しくは、日本サービスドッグ協会 のホームページか、

電話 0745-62-3605 に、月曜・水曜・金曜の

午前10時から午後5時の間におかけください。

恥ずかしがりやのレフ君 3歳

ホーム転落をなくす会

2017年6月13日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター
館長の原田敦史さんにお越しいただきました。

ホーム転落をなくす会を有志のみなさんと

たちあげられたそうです!

大きな駅には転落防止柵がだんだんと増えてきましたが、

なかなか進みませんが、声かけなどは今すぐ始められます。

でも、どんな風にしたらいいのかわからない人も多いということで、

ポスターを作成されたそうです!

イベントやお店で置いてもいいよ~という方、

ホーム転落をなくす会のフェイスブックから

メッセージを送るか、

stoptenraku@gmail.com までメールしてください。