オーカムマイアイ2

株式会社システムギアビジョンの山口成志さんにお越しいただきました。

今回ご紹介いただいたのは「オーカムマイアイ2」

オーカムというのはイスラエルの大学発ベンチャー企業

「オーカムテクノロジー」のことで、今回はオーカムテクノロジーの

AI搭載のカメラの製作を手伝ったという形になるのだそう。

「オーカムマイアイ2」はメガネに付けられる小さなカメラと

耳元にある小さなスピーカーで自分だけに聞こえる音量で情報を教えてくれます。

主な機能としては、文字の読み上げ、顔の判別(100人ほど登録可能)、色の識別

紙幣の認識、バーコードからの商品読み取り、など。

今回は中に入っているCPUやバッテリーの性能がアップしたにもかかわらず

49万8千円まで値下げされました。さらなる普及を図るためだそうです。

オーカムマイアイ2に関して詳しく知りたい方は

問い合わせ:0797-74-2206

LisPee360&Chapit

株式会社レイトロンの角野和也さんにお越しいただきました。

レイトロンは半導体の設計を行っている会社なのですが、

15年ほど前から大学と連携して音声・映像・無線通信の

分野でも研究開発をしているそうです。

その中の音声認識の研究技術を搭載した製品を2つご紹介頂きました。

まずは「LisPee360(リスピーサンロクマル)」。

声で命令すると家電を操作してくれる、リモコンいらずの代物です。

もう1つは「Chapit(チャピット)」。

こちらも同じく、声で命令すると家電を操作してくれるのですが、

見た目が白いクマのような姿をしていて、簡単な会話やクイズを

出してくれるなど、コミュニケーションをとることもできます。

両方とも、一度登録しておけばゴミの日を通知してくれたり

薬の管理も行ってくれるなど、視覚障害者の方や高齢の方にとって

嬉しい機能がたくさん。

詳しく知りたいという方は

問い合わせ:06-6125-0500

点字ブロック「ほたる」

株式会社清和産業の清本尚哲さんにお越しいただきました。

点字ブロック発祥の地、岡山で大学時代を過ごされた清本さんは

岡山のご友人の関係で点字ブロックの啓発活動をしている団体の

行っているラジオ番組のスポンサーになったことから、

啓発活動を深く知ったそうです。

その中で、この番組にも一度ご出演頂いた竹内昌彦さんを知り、

視覚障害者の方のために商品開発をしようと決意し、

持ち運べる点字ブロック「ほたる」を開発されました。

特殊な粘着シートを使った商品を企画しているノウハウを活かして

綺麗に貼って剥がせるようにしたそうです。

また、視覚障害者の方々のために活動している社会福祉法人などに

収益の一部を寄贈しているそうです。

詳しく知りたいという方は

問い合わせ:06-6758-5528


 

今年の振り返り

今年一年を振り返ってみました。

いろいろな機器をご紹介してきましたが、

企業や個人で、開発に力をいれてくださっている事が

よくわかった一年だったように思います。

来年も、様々な情報、物、人をご紹介していきますので、

よろしくお願いいたします。

 

クリスマス・スペシャル

この日は

ラジオ・チャリティ・ミュージックソン でした。

なので、15分拡大しまして、

夜7時45分からの生放送。

キャットウォークという、

ビートルズのコピーバンドの生演奏や

この番組のエンディングテーマ

♪リアル・ビクトリー を歌う、栗山龍太さんにも

電話でご出演いただきました。

 

みずいろクリップ

 

 

株式会社Raise the Flag の

中村猛さんにお越しいただきました。

中村さんは、

もともと何かをつくることがお好きだったそうで、

「障害は不便だけど不幸では無い」という言葉を聞いて、

「不幸」は難しいけれど、

「不便」だったら自分でも助けられるんじゃないか

と一念発起。この会社を作られたそうです。

そして、出来上がった商品がコレ。「みずいろクリップ」 カードは名刺サイズなので、

クリップも手のひらサイズです。計量容器やカップ麺などについている

水量の線の位置に先端を合わせ、クリップで容器を挟みます。

すると、必要な量が容器に入ると音で知らせてくれます。

これは、水・お湯・油なんでも使えます。

そしてタイマーもついています!

完全防水で洗うことが出来るそうです。

そしてその先端と逆側では、色の判別が出来ます。

知りたい物に押し当てると音声で教えてくれます。

服を選ぶ時や、黒・紺・濃いグレーなど、

見分けが付きにくい時にすごく便利そうです。

完全防水なので、電池交換は出来ませんが、

送り返すと、

バッテリーの交換だけでなく、修理、

そして、それまでの使用デートに基づいて

バージョンアップをしてくださるそうです。

 

 

 

 

 

つむぎ新春コンサート

社会福祉法人つむぎ福祉会

理事 泉本徳秀さんにお越しいただきました。

電話ゲストは、

チキンガーリックステーキの前澤 弘明さん。

毎年恒例になりました、

第25回つむぎ新春コンサート

来年も行われます。

結成30周年を迎える ア・カペラグループ

チキンガーリックステーキの唄もお楽しみに。

2020年2月1日(土)開場午後3時30分  開演午後4時

会場:ドーンセンター7階ホール

(大阪府立男女共同参画・青少年センター)

大阪メトロ谷町線『天満橋』駅下車1番出口より東へ約350m

詳細・お問い合わせは、

社会福祉法人つむぎ福祉会 06-6625-8253 まで。

栗山龍太さん

栗山龍太さんにお電話でご出演いただきました。

昨年の10月からこの番組のエンディングテーマに

栗山龍太さんの♪リアルビクトリーを使わせていただいています。

とてもいい曲で番組関係者全員がこの曲にしよう、と思いました。

ラジオ・チャリティー・ミュージックソンでも

何度か歌っていただきました。

栗山さんは、「パラリンピックの会場で歌いたい」と話されていました。

始めはどうなるかと思っていましたが、

前へ前へ、着実に前進して、いろいろなイベントで歌を披露され、

応援の輪が広がり、今度は、東京都知事が登場するイベントで

歌う機会もあるようです!これはいよいよ、と期待が高まります!

どうか都知事に♪リアルビクトリーが届きますように!

番組も応援しています。

カラオケのジョイサウンドにも入っているようですので、

是非歌ってください!

 

 

 

 

露の新治さん

露の新治さんにお越しいただきました。

露の新治さんは、40年以上のベテランで、

2015年に「新ちゃんのお笑い人権高座」の功績が認められ、

第6回奈良人権文化選奨を受賞。

同じ年に「第10回露の新治寄席」の成果により、

第70回文化庁芸術祭優秀賞を受賞されています。

この度、落語の歴史と文化を面白く学べる講演会

『落語の歴史と文化を学ぶ』を

天満天神繁昌亭で開催されます。

日時:令和2年1月15日(水)

午前9時30分開場、10時開演、12時終演予定

出演:露の新治(落語)
露の新幸(つゆの しんこう)(落語)
桂 りょうば(落語)
はやしや薫子(ゆきこ)(下座三味線)
参加費:無料

お電話いただいた方、おひとりのご予約が可能です。

障害をお持ちの方で、ガイドさんや盲導犬、車いすの方は、

その旨をお伝えください。

お問い合わせは、大阪市視覚障害者福祉協会 06-6765-5600まで。

 

読書日和

出版社 読書日和

代表 福島 憲太さんに

お越しいただきました。

視覚に障害があっても

本が読みたい、読めるようにしたいという想いで、

本を購入すると音声データーで

聞くことができる本を出版する会社を立ち上げられました。

福島さんの右目は全く見えず、

左目は、中心のみ。0.08の視力があるそうです。

そんな中で、参考文献の紹介だけで、

10ページ必要になるほどの本を読み、

「風疹をめぐる旅」をお書きになりました。

そのほかにも、

ダウン症の妹を紹介する小学生を描いた

児童書「ひかりあれ」。

どちらも、金子あつし名義で出版されています。

どちれらの本も最後の方にある、

テキストデーター引換券を出版社に送ると、

購入者宛てに音声データーが送られてきます。

好きな時に好きな時間、

本を読むことができるようになります。

金子あつしさんの本は、

書店で取り寄せていただくか、

インターネットでも購入可能です。

現在、本を自費出版したい人も募集中だそうです。