視覚支援学校のオープンスクールと見学会

2018年7月3日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

大阪府立大阪南視覚支援学校

丸谷賢司さんにお越しいただきました。

大阪府立大阪南視覚支援学校

オープンスクールと学校見学会があるそうです。

<オープンスクール>
第1回  7月22日(日)
第2回 12月 2日(日)
平日に仕事や学校を休めない人のために日曜日に
体験授業や個別相談も受け付けています。

<学校見学会>
11月8日(木)
日頃の授業や学校の様子を見学できます。

※いずれも予約が必要です。
大阪府立大阪南視覚支援学校
問い合せ:06-6693-3471

そして
大阪府立大阪北視覚支援学校もオープンスクールがあります。
<オープンスクール>
7月14日(土)
大阪府立大阪北視覚支援学校
問い合わせ;06-6328-7000 内田教頭まで

NPO法人弱視の子どもたちに絵本を

2018年6月26日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

NPO法人 弱視の子どもたちに絵本を

事務局の田中加津代さんにお越しいただきました。

自分で本を読むことができる出来る、そして自分に自信が持てる。

お気に入りの本と出会う幸せをみんなが味わえます。

手で触ると柔らかい!

砂や貝殻は本物を使って出来ています。

弱視の方だけでなく、全盲の方、

そして晴眼者も楽しめます。

子供も大人も楽しく読める絵本にできあがっています。

是非、見てください。

お問い合わせは、

090-4642-5662 です。

大阪 点字付きかるたを楽しむ会

2018年6月19日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

大阪 点字付きかるたを楽しむ会

代表の兵藤美奈子さんに

お越しいただきました。

4枚ずつ並べて取っていくスタイルで、

この会を立ち上げた兵藤さんは、

「大阪」と名付けたのは、

兵庫や京都など、各県に点字付きかるたが広まって

大勢が楽しめるようになってほしいという

願いが込められているそうです。

どんな感じなのか興味のある方は

090-3841-9107 野々村さんまで

連絡してください。

二宮大樹さん

2018年6月12日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

二宮大樹さんにお越しいただきました。

この6月から、司法書士として勤務されています。

志したのは、実家の遺産相続問題を
さささーっと解決する司法書士をみて
「すごい!」と思ったからだそうです。

しかし、視覚に障害を持ちながらの勉強。
諦めかけた時に、
視覚障害者の先輩で、同じような仕事を
している方と出会い、不可能ではないんだと
一念発起!

きっとこれから、
いろいろと困っている方を助けていかれると思います!

岡本さやかさん

2018年6月5日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

岡本さやかさんにお越しいただきました。

もともとお菓子作りが好きで、
お料理も得意。

しかし、目が見えにくくなるにつれて、
カップ何ccなどの目盛りがわかりづらくなったそうです。
お菓子作りは分量が肝心。

そこで、目に障害があっても、
分量が量りやすく、
簡単に作ることができるレシピを
沢山考案されています。

お菓子だけではなく、二人のお子さんがいる
お母さんなので、おかずメニューも
考案されています。

クックパッドの
「さーやgogoのキッチン」
で探してみてください。

堺市・福祉まつり

2018年5月29日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

大阪市視覚障害者の生活を守る会
副会長 千田勝夫さん
おなじく副会長 不動久雄さんに
お越しいただきました。

6月17日(日) 午前10時から午後3時まで
JR阪和線「堺市駅」すぐの
サンスクエア堺と東雲公園で開催される
「福祉まつり」に
クイックマッサージと点字教室を出店されます。
国家試験をもったマッサージ師の腕を
500円で体験できますよ。

上鍛冶公博さん

2018年5月22日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

視覚障害者の単独白杖歩行外出を応援する会

代表の上鍛冶公博さんにお越しいただきました。

公共の施設や駅などには必ずある点字ブロック。

点字ブロックと白杖があれば、

視覚障害者の方はひとりで目的地に行けると

思っていませんか?行けないそうなんです。

何度も歩いている所ならいいのですが、

初めての場所、なれない場所では、

点字ブロックにそって歩いていても、

どこの分岐で曲がればいいのか、

どこまで真っ直ぐ行けばいいのか、

点字ブロックのルート情報が必要だそうです。

そういえば、盲導犬と一緒でも、

道順を指図しているのは人間なので、

利用者の頭の中に地図があって、

自分の向きがわかっていないと目的地に行けない。

同じような事だったんですね~!

そこで上鍛冶さんと晴眼者のおばたさんいとうさんの

3人、それと地元のボランティアの方の協力で、

関西の点字ブロックルートを調査し、

テキスト化されているのが、

視覚障害者の単独白杖歩行外出を応援する会

だそうです。

実際に、みんなで点字ブロックを歩き、

距離をはかり、目的地までの詳細な情報を

言葉で説明しています。

東京では沢山あるのに、関西ではまだ10ほどだそうです。

それでもこの10ほどのルートは

上鍛冶さん達の努力のおかげですね。

これからどんどん増やしていかれるそうです。

みたい方は 「認定NPO法人ことばの道案内」のHPで

ウォーキングナビ または ことばでわかる駅情報

クリックしてください。

上鍛冶さんを動かす原動力は、好きなアイドル。

コンサートで全国を飛び回るそうで、

そのためにも点字ブロックのルート情報は必要だそうです!

遠藤哲也さん

2018年5月15日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

毎日新聞社「点字毎日」編集部 編集長の

遠藤哲也さんにお越しいただきました。

遠藤さんは、この4月に編集長に任命されたばかり。

もともと、

平成元年に記者になり事件や事故も取材されて

いたそうですが、20数年前に産まれた娘さんに

障害があることが判り、学校に行くようになると

さまざまな差別や問題を知るようになったそうです。

そこからいろいろな障害者問題や社会福祉について

知るようになり、取材もするようになり、

今回の編集長着任はまさに運命!

今後も精力的に活動されることでしょう!

「点字毎日」は大正11年から発刊。

ラジオもない時代に戦中戦後も発刊し続けた

功績が称えられ「日本記者クラブ賞特別賞」を

受賞されました。おめでとうございます。

そして点字作文コンクールが今年もあります。

視覚に障害がある方も晴眼者も応募できます。

くわしくは、06-6346-8386 まで。

5月末がしめきりです。

土屋昭男さん

2018年5月8日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

土屋鍼灸院の土屋昭男さんに

お越しいただきました。

土屋さんは、厚生労働省から

厚生労働行政モニターに任命されたそうです。

いろいろな意見を上にあげるための制度で、

毎年1月か2月に募集しているそうです。

鍼灸院を経営されている土屋さんは、

街にあふれるマッサージやリラクゼーションも

気持ちいいでしょうが、国家資格を持っている

針や鍼灸院をもっと理解して利用してほしいと

お話されていました。

杉本茂さん

2018年5月1日 - 8:25 PM by 番組スタッフ

杉本茂さんにお越しいただきました。

今まで何度も

ギターデュオ絶対ポンカンのメンバーとして

ステキな音楽を聴かせていただいています。

視覚に障害があるみなさんが外出される時に

動向されるヘルパーさんが持つ資格、

同行援護研修を利用者側の杉本さんが

受講されたそうです。

相手を知る。どんな研修を受けているのか

気になったそうです。