9月26日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日のゲストお一人目は瀬口侑希さんです。

8月25日「片恋しぐれ」を発売されました。
作詩:坂口照幸 / 作曲:筑紫竜平 / 編曲:南郷達也

今作は別れた人を偲んでひとり酒場で杯を重ねる女性を描いた作品です。

神戸市のご出身で関西に帰ってくると肩の力が抜けてほっとするとおっしゃっていました。
今回は今までになかったものにチャレンジしてみようという話になり
メジャー調の本格演歌を歌わせていただきましたとお話してくださいました。

筑紫竜平先生は大川栄策さんのペンネームで
メジャーソングは口の中に息を残さずフレーズごとに吐き切ってしまう、
譜面を見ながらここの音が表現する意味など大川さんが明るい歌の歌い方の”いろは”から教えてくださったそうです。

どういった経緯で大川さんが作曲をされたのか伺うと
瀬口さんの担当ディレクターさんが元々コロムビアレコードで大川さんの担当をされていたそうです。
そこからのご縁なんだとか!
そんな裏話も聞かせていただきました。

大川さんが作曲をされたのは女性では瀬口さんが第1弾なんだそうですよ
瀬口さんが挑戦されたメジャーな酒場演歌
ぜひCDを買って、聴いてくださいね♪

瀬口さんからリスナーさんへのプレゼントをいただきました!
詳しくは今日のOSAKA歌謡ウェーブをご覧になって下さい♪

ゲストお2人目は成世昌平さんです。

8月25日「三十石船哀歌(さんじゅっこくあいか)」を発売されました。
作詩:もず唱平 / 作曲:堀 慈 / 編曲:伊戸のりお

京都の伏見、大阪の八軒屋を結んだ川ぶね
「淀川三十石船」をモチーフに1人の女性の悲しい物語を描いた民謡演歌です。

三十石船は28人~30人くらいが乗る乗合船で
当時1日9000人もの人が行き交いしていたそうです。
鉄道ができるまでの江戸時代がメインで日本一の輸送機関だったとか!
詳しく教えてくださいました。

この物語の女性は貧しい農家の娘で15才で造り酒屋に奉公に出た。
そこで親切にしてくれた船頭さんを好きになってしまったけど決して一緒になることはない…。
この好きという感情も優しくされたからで本当の恋じゃないのかもしれない。
その後堀江の新地に売られてこのあとの人生どうなっていくのかというすごく悲しい物語をお話してくださいました。

白黒の映画を見ているかのような気持ちになりました。
みなさんもぜひ、CDを買って、聴いて、この世界を楽しんでください♪

コンサートの予定があります。

昌平のおもろい唄の世界 成世昌平コンサート
35周年+1 民謡名人位受賞記念
~淀の流れに~

10月1日(金)の予定でしたが、3月18日(金)に延期になりました。
詳しくは成世さんのホームページなどをご覧になって下さい。

今回お届けした曲

6時台

 1 望郷本線/寺本圭佑
 2 雨と風とリボン/ファンキープリンス
 3 浮世・色恋沙汰/竹村こずえ
 4 風のブーケ/松原健之feat.植村あかり&川村文乃&小片リサ
 5 片恋しぐれ/瀬口侑希《ゲスト》
 6 アキラ/岩佐美咲
 7 東京ホタル/津吹みゆ
 8 泣き唄/京太郎
 

7時台

 9 姉弟役者(新台詞入り)/朝花美穂
10 命の花道/中村美律子
11 三十石船哀歌/成世昌平《ゲスト》
12 恋いちもんめ/多岐川舞子
13 HA-HA-HAPPY/田原俊彦
14 潮騒みなと/椎名佐千子
15 長月の宿/若山かずさ

以上です。

来週のゲストは香西かおりさんKenjiroさんです。

お楽しみに♪
来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

9月19日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日のゲストお一人目は半田浩二さんです。

7月21日に「ひとり手酌酒」を発売されました。
作詞:小野田洋子 / 作曲:南乃星太 / 編曲:杉山ユカリ

失恋した女性が寂しさを紛らわすためにお酒を飲んでる切ない作品です。

半田さんはデビューから33年目でずっと同じレコード会社で
歌っておられる作品は恋の歌が多く、義理や人情を感じる方と水谷さんがおっしゃっていました。

この作品は3連の音符が多くて階段のようになってるからしゃくって歌いました。
高音部分が女性の悲しさをより感じるとお話してくださいました。
歌われる際は音符通りに歌ってみてちょっとずつしゃくりを入れてみる、
独り独りは息をしっかり吸うとアドバイスを教えてくださいました。
このポイントに気をつけて歌ってくださいね♪

カップリングには3年ほど前に発売された
「男のほろり酒」のアコースティックバージョンを収録されています。

ぜひ、CDを買って、聴いてください♪

ゲストお2人目は羽山みずきさんです。

7月7日七夕の日に「わたし舟」を発売されました。
作詩:もりちよこ/作曲:聖川湧/編曲:馬飼野俊一

好きな人とこのまま進んでもいいのかどうか躊躇う不安な気持ち、複雑な大人の恋心を歌った作品です。

今までとは違うテイストの作品に挑戦させていただきましたとお話してくださいました。

前作は弓道がテーマ。
先輩の弓を引く姿に憧れて高校3年間弓道部に所属していて体力的にも精神的にも鍛えられた。
続けることの大切さを学んだとおっしゃっていました。

最近はYouTubeで色んなジャンルの曲にチャレンジをしているんですが、歌唱力やリズムの勉強になってるんです。
リズム感は特に猛特訓して歌の幅も広がりましたとお話されていました。
リズム感はみちのく娘でも鍛えられたそうです。

新曲はイントロが弦楽器のみで色んな事を想像出来る作品。
結末を歌っていないのでどうなるのか皆さんに楽しんで聴いていただきたいですとおっしゃっていました。

ぜひ、CDを買って、聴いてくださいね♪

今回お届けした曲

6時台

 1 ひとり貴船川/葵かを里
 2 胸の汽笛は今も/前川 清
 3 あの頃私若かった/長保有紀
 4 夢に酔わせて/香西かおり
 5 ひとり手酌酒/半田浩二《ゲスト》
 6 茜の炎/大石まどか
 7 銀のロザリオ/チョン・テフ

7時台

 8 なさけ舟唄/岩本公水
 9 寄り酔い/徳永ゆうき
10 わたし舟/羽山みずき《ゲスト》
11 Treasure of life~人生の宝物~/HANZO
12 Happy!/氷川きよし
13 夢一筋/島津悦子
14 三十石船哀歌/成世昌平

以上です。

来週のゲストは成世昌平さん瀬口侑希さんです。

お楽しみに♪
来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

9月12日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日のゲストお一人目は福島はじめさんです。

8月4日「相馬 明日酒(あしたざけ)」を発売されました。
作詩:麻こよみ / 作曲: 徳久広司 / 編曲:石倉重信

今回は福島さんの故郷である福島県相馬をテーマにした応援歌です。

地元をテーマにした作品は今回が初めてで
歌を通じて地元と繋がれる事がとても嬉しい、南相馬市のふるさと大使をさせていただいてるんですが、
ミュージックビデオの撮影の際もすごく協力してくださいましたとおっしゃっていました。
震災から10年が経ちますが、今もなお復興に力を注いでいる地元の方たちに対しての応援歌なんですと
お話してくださいました。

民謡出身の福島さんらしさが出ている新曲で
新相馬節を参考にして作っていただいたそうです。
民謡がベースだから民謡の大先輩、成世昌平さんにお電話させていただいて
歌い方や声の出し方など、アドバイスをしていただきました。
すごく丁寧に教えてくださったんですとおっしゃっていました。

レコーディングでは徳久先生も色々教えて下さり
ある意味レッスンを受けさせていただいてるような感じでしたとお話されていましたよ♪

カップリング曲「悲恋花」は三拍子の純演歌で
福島さんお得意の女唄が収録されています。

ぜひ、新曲を買って、聴いてくださいね♪

ゲストお2人目は大石まどかさんです。

8月4日にデビュー30周年記念曲「茜の炎」を発売されました。
作詩:及川眠子 / 作曲:幸 耕平 / 編曲:坂本昌之

一度は恋に破れてしまってもう恋なんてしないと思っていた訳ありな女性が主人公。
再びの出会いから恋に落ちてしまう模様を描いた純愛歌をオシャレに綴った大人な作品です。

25周年の時には25年過ぎたんだなあと通過点のように感じていた。
仲良しの多岐川舞子さん、石原詢子さんからは30年は全然違う感覚だよ、楽しみに待っててと言われていたそうです。
実際重みも違い、このコロナ禍で30周年の曲が出せるかも不安だったとお話してくださいました。

新曲のお話になり、茜色って夕日の色で人生の終盤を指している。
そんな時に出会った恋の相手だからきっと年下なのよと作詩の及川先生がおっしゃっていたそうです。

炎の色は青から上に行くにつれて黄色っぽくなる。
これを恋に例えて水谷さんが青は何も不純物がない若い恋、そこから良いこと悪いこと色んな経験をして茜色になるから先生はそれをイメージされたんじゃないですかねとお話されていて
その解釈すごいですね!と言いながら聞いておりました。

放送日の今日は大石さんのお父さんのお誕生日なんだそうです!
民謡の先生で三味線の音、父の民謡を聴いて育ったので民謡は子守唄のような安心感があり心が落ち着くんです。
生きていたら74歳でしたとお話してくださいました。

カップリングには竹内まりやさんのカバーで「シングル・アゲイン」
ダンディ坂野さんとのデュエットで
「愛が生まれた日」が収録されています。

ぜひ、新曲を買って、聴いてくださいね♪

今回お届けした曲

6時台

 1 片恋しぐれ/瀬口侑希
 2 峠の夕陽/三門忠司
 3 ごめんね~ありがとう/梓 夕子
 4 東京ホタル/津吹みゆ
 5 相馬 明日酒/福島はじめ《ゲスト》
 6 酔わせて候/山崎ていじ
 7 人生七曲り/入山アキ子

7時台
 
 8 乗換駅/こおり健太
 9 長月の宿/若山かずさ
10 茜の炎/大石まどか《ゲスト》
11 君がそばにいるから/純烈
12 望郷本線/寺本圭佑
13 HA-HA-HAPPY/田原俊彦
14 津軽海峡鮪船/鏡 五郎
15 命の花道/中村美律子

以上です。

来週のゲストは半田浩二さん(お電話)羽山みずきさん(スタジオ)です。

お楽しみに♪
来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

9月5日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日のゲストは真田ナオキさんです。

8月18日アルバム「真田ナオキの世界」を発売されました。
全曲 作詞・作曲:吉 幾三 / 編曲:矢野立美

昨年日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞され
勢いのある真田さんのオリジナルアルバムが発売されました。
師匠、吉幾三さんの書き下ろした新録9曲を含む
全12曲が収録されています。
全てオリジナル曲です。

このアルバムについて
矢野さんの弦の使い方が独特でゾクゾクするような音遊びが楽しい、
師匠のにおいもする枠にとらわれないボリューム感たっぷりの作品ですとお話してくださいました。
歌うことの楽しさや大変さの狭間でワクワクしてレコーディングが心配で寝れない日もあったそうですよ。

演歌、バラード、ラテン、ブルースなど色んな真田さんが詰まっています♪

今回はこの中から7番目に収録されている
リード曲「ひとりぼっち」をお聴きいただきました。
レコーディングの時、録音する前に
この主人公は大切な人がいなくなっちゃったんだよ、
会えなくなっちゃったんだよと師匠が話をしてくださり録音をスタートしたんですが
歌い終わって部屋から出てくると吉さんが泣いておられたんですとお話されていました。
さいごの「ひとりぼっちで」は男のつよがり、決意を込めて歌ったとおっしゃっていました。

そして吉さんからのボイスメッセージをお土産に持ってきてくださってびっくり!
粋なサプライズでした♪ありがとうございます♪

お知らせです!

「いいね!イマうた真田ナオキです」がスタートします。
初回放送は9月28日(火)夜21時~です。
ぜひ、こちらもお聴きくださいね♪

しゃらら組(真田組)の皆さんの楽しみが増えますね♪

新曲「本気で(マジ)惚れた」全3タイプも発売中です。
こちらも手に取ってお聴きください。

今回お届けした曲

6時台

 1 恋いちもんめ/多岐川舞子
 2 秘桜/市川由紀乃
 3 男護り船/鳥羽一郎
 4 夢に酔わせて/香西かおり
 5 命の道/大沢桃子
 6 みどりのケセラセラ/丘 みどり
 7 ひとり放浪(さすらい)/杉田 淳
 8 望郷ひとり言/越川ゆう子
 9 帰郷/西方裕之

7時台
 
10 浮世・色恋沙汰/竹村こずえ
11 茜の炎/大石まどか
12 ひとりぼっち/真田ナオキ《ゲスト》
13 あの頃私若かった/長保有紀
14 9月に逢いたい/氷川きよし
15 寄り酔い/徳永ゆうき
16 笑顔でいようね/水森かおり

以上です。

来週のゲストは大石まどかさん福島はじめさんです。

お楽しみに♪
来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。