» 2012 » 7月

7月29日

2012/07/29 日曜日 - 21:00:18 by 市川

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
待ちに待ったロンドンオリンピックがいよいよ開幕!!
日本選手の活躍を応援するために競技によっては
夜更かししてしまう事もあるかと思いますが、
しっかり睡眠時間を確保して元気に過ごして下さいね。

写真は、私が訪れたお祭りの写真です。
花火は天神祭の奉納花火。
たまたまですが、ハートに見えました♥
そして、弁天Rシスターズの皆さんが歌われたお祭りにも行ってきました♪
まだまだ各地でお祭りがありますので、
皆さんも暑い夏を楽しく乗り切って下さいね(*’▽’*)♪

本日最初のゲストは松原のぶえさんです。

6月6日に新曲『霧雨情話』が発売されました。
作詞:たかたかし先生 作曲:弦 哲也先生という
王道の演歌!!といった先生方の作品です。

『阿修羅海峡』『雪挽歌』に続く海峡シリーズの第三弾。
海峡物は今作で完結だということで、
歌の中でも明日の光の見える希望を持っていただける歌となっています。

松原さんは今、キャンペーンで全国まわっていらっしゃいますが、
この『霧雨情話』は6月に発売だったので、
会場で大合唱になるくらい皆さんに歌っていただいているそうです。
各地でこの曲が愛されているという事を実感され、
ご自身もすごく嬉しいと話されていました。

お二人目のゲストは三笠優子さんです。

5月9日に新曲『世間さま』が発売されました。

これまで夫婦シリーズとして「あなただけいればいい」と歌っていたのに
今回は「二人だけでは生きられない」と言う内容。
自分の曲ながらちょっと笑ってしまうと話されていました。

暗い顔で歌う曲が多かった三笠さんですが、今回の曲はとても明るい曲。
笑顔で歌うように心がけていらっしゃるそうです。

作詞:鳥井 実先生 作曲:岡 千秋先生 編曲:池多 孝春先生という
お馴染みの先生方の作品ですが、
三笠さんはこの曲のタイトルを初めて聞かれた時に
「‘世間さま’なんてヤダ~」と言ってしまったんだとか。
でも岡先生が「これがいいじゃない!」と言って下さったので
この曲に決まったんだそうです。
今思えば鳥井先生に本当に申し訳ない事を言ってしまったけど、
本当に素晴らしい内容の楽曲ですと話していらっしゃいました。

今回お届けした曲

6時台

 1  一本釣り/島津亜矢
 2  東京しぐれ/出光仁美
 3  奥入瀬恋唄/北山たけし&松原健之
 4  霧雨情話/松原のぶえ
 5  哀しみの終りに/前川清
 6  別れの港/桜井くみ子
 7  明日花/服部浩子

7時台
 
 8  こまくさ帰行/岩本公水
 9  お祭りマンボ/岡林信康
10  その昔/吉幾三
11  世間さま/三笠優子
12  も一度呼ばせてだんな様/三船和子
13  あいたくて/オルリコ

8時台

14  この愛に生きて/金田たつえ
15  残雪の町/氷川きよし
16  24時の孤独/秋元順子
17  舟唄やんれ/鳴門家寿美若

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
8月のテーマは【おどり】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

次回のゲストは、五木ひろしさん、三代目コロムビア・ローズさんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

7月22日

2012/07/22 日曜日 - 21:00:46 by 市川

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
学生さん達が待ちに待った夏休みが始まりましたね。
電車でも家族連れの方々をよく見かけるようになりました。
皆さん今年の夏も素敵な思い出を作って下さいね。

写真は、我が家の枝豆ちゃんです。
水谷さんから頂いたものが、気が付けば随分立派に育ってきました。
あともう少し膨らんだら食べられるのかしら??
子供のようにウキウキしながら水をあげています。

本日最初のゲストは大石まどかさんです。

5月30日に新曲『うちわ』が発売されました。

作詩の辻 哲二先生は、職業としては放送作家をされていらっしゃいます。
作詩家としてはアルバムで1曲書いていらっしゃるだけで、
シングルとしてはこれが初めての作詩だそうです。

そんな辻先生は日本有数のうちわのコレクターです。
‘うちわ’と一言で言うと電気屋さん等で頂くような物を想像しますが、
地域によって形や素材など色々な種類があるそうで、
辻先生は全国各地のうちわを1万本くらい持っていらっしゃるそうです。

新曲『うちわ』の歌詞の中には‘形見’として登場するうちわ。
大石さんとしても‘うちわ’と言えば‘プラスチックの物’
というイメージがあったそうですが、
この曲と出会ったことでこれまでの‘うちわ’のイメージが
大きく変わったと話されていました。

これからお祭りや花火大会などで浴衣を着る機会も増えるかと思います。
ここで、大石さんから女性の皆様へ和装のアドバイスです♪
まず一つ目。
お化粧をハッキリした色に!!
お着物・浴衣は鮮やかな色や柄が多いので、
普段のお化粧よりも色みを入れて立体感のあるメイクにした方がが美しく見えます。
そしてもう一つ。
出来るだけつま先を開いて歩かずに内股を意識して歩いて欲しい!
と話していらっしゃいました。
着る予定のあられる方は是非参考にされて下さいね。

続いてのゲストは吉幾三さんです。

吉さんは今年、芸能生活40周年を迎えられました。

記念として、
『なァ酒よ、ふるさとよ』『母へ、家族へ』『人生(たび)の続き』
という吉さんのこれまでの楽曲をテーマごとに集めたアルバム、
記念シングルの『その昔』、
そして、初のカバーアルバム『あの頃の青春を詩う』が発売されています。

『その昔』は同世代のファンの皆様に向けての楽曲。
しみじみと昔を振り返る男性を描いた内容の楽曲ですが、
キャンペーンで歌うと、女性の方が涙されていたそうです。
話を伺うと、ご自身が主人公の妻のような経験をされていたとか。
そこで男性だけでなく女性にも響く楽曲だったんだと感じられたそうです。

『あの頃の青春を詩う』は吉さんが東京に出てこられた頃に聴いていた
1960年代・1970年代のヒット曲をフォークソングを中心に
16曲の楽曲が収録されているアルバムです。
吉さんにとって初めて他の方の楽曲を収録したアルバムということで
「いま買っていただくと、将来高くなりますよ」と
笑いながら話して下さいました(´▽`)

今回お届けした曲

6時台

 1  北国行き11:50/伊藤美裕
 2  松山しぐれ/城之内早苗
 3  迷い月/藤原浩
 4  うちわ/大石まどか
 5  箱根おんな宿/真咲よう子
 6  北国フェリー/走裕介
 7  故郷~Blue Sky Homeland~/臼澤みさき

7時台
 
 8  ひとり長良川/水森かおり
 9  ふるさと/五木ひろし
10  世間さま/三笠優子
11  その昔/吉幾三
12  三谷ブルース/吉幾三
13  よりみち酒/松村和子

8時台

14  くちなし慕情/松尾雄史
15  約束/森山愛子
16  ミヨちゃん/氷川きよし
17  こころが/坂本冬美

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
7月のテーマは【まつり】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

また、少し気が早いですが、来月のテーマは【おどり】です。
こちらのテーマに沿った楽曲もどしどしお寄せ下さい♪

次回のゲストは、三笠優子さん、松原のぶえさんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

7月15日

2012/07/15 日曜日 - 21:00:42 by 市川

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
三連休という方も多いかと思いますが、皆さんどこか出掛けられましたか?
私は連休より少し早目にお休みをいただいて旅行に行ってきました。
旅先で美味しい物を食べて、素敵な景色を見て。
あっという間でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。
皆さんも素敵な旅のお話しがあれば教えて下さいね♪

本日最初のゲストは谷本知美さんです。

6月6日に新曲『灯り』が発売されました。
今回の曲は聞いていただいた方に
「谷本さんのイメージとは違いますね」と言われるくらい
しっとりと語るタイプの楽曲に仕上がっています。

この曲は北原ミレイさんが11年前に発売されたシングルの
カップリングとして発表されていた楽曲です。
偶然この曲を耳にしたお母様が谷本さんに教えて下さり、
谷本さん自身も「いい曲だな…。」と感じられたんだそうです。

2年くらい前から担当ディレクターさんに
「こんなに素敵な曲があるんです。いつかこんな曲を歌いたいです。」
と話されていた谷本さん。
まさかカバーで歌えるとは思わなかった!と話していらっしゃいました。

編曲は数々のアーティストとも共演されているピアニストの倉田信雄さん。
詞の内容にこだわって編曲をして下さったので、
伴奏が歌詞に合わせて変えられています。
3番は歌詞に出てくる‘雨’のようなピアノの音色が響いてきます。
リズムを刻む楽器がないのでカラオケで歌われる方にとっては
少し難しいかもしれませんが、メロディーを覚えてしっかりと歌って
欲しいですと話されていました。

お二人目のゲストは角川博さんです。

7月からはラジオ日本でレギュラーもスタートされた角川さん。
4月11日に発売された新曲『女のうなじ』が大変好調です。

この曲は、女性の直接的な‘顔’ではなく、
後ろから見た女性の‘うなじ’にポイントを置いています。
うなじから顔を想像して楽しむんだとか・・・。

みなさんもご納得でしょうか?

スタジオでは水谷さんや角川さん、そしてスタジオの外にいる
ディレクターやプロデューサーが皆、大きく頷きながら聴いていました。
男性だけの独特の感性なのかもしれないですね。

ちなみに角川さんによると、女性の姿を見る場合、
頭から順に足元へと見ていくのは若い方。
足元から見上げて行くのは年齢を重ねた方なんだとか。
リスナーの皆様は女性を見るとき、どこからご覧になりますか?

今回お届けした曲

6時台

 1  俺の夕焼け/小金沢昇司
 2  別れの港/桜井くみ子
 3  くれない酒場/黒川真一郎
 4  灯り/谷本知美
 5  月影のブギ/谷本知美
 6  深川ブルース/三代目コロムビア・ローズ
 7  舟唄やんれ/鳴門家寿美若

7時台
 
 8  楽園/瀬口侑希
 9  世界の国からこんにちは/三波春夫
10  ナイアガラ・フォールズ/山川豊
11  霧雨情話/松原のぶえ
12  女のうなじ/角川博
13  江差情歌/音羽しのぶ
14  帰望/松川未樹

8時台

15  ひとり大阪/永井みゆき
16  振り子/氷川きよし
17  こころの絆~明日を信じて~/山本譲二
18  クレオパトラの夢/小林旭・八代亜紀

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
7月のテーマは【まつり】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

次回のゲストは、吉幾三さん、大石まどかさんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

7月8日

2012/07/08 日曜日 - 21:00:19 by 市川

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
今日は久し振りに太陽が顔を出し、暑かったですね。
少し動くだけで汗が出てきて、夏なんだなぁ…と実感いたしました。

私は先日、新歌舞伎座にお芝居を観に行ってきました。
歌舞伎役者さんがご出演の舞台だったのですが、
女形姿が本当に美しくて艷やかで、見ていてウットリしました。
私も美しい所作を身に付けて素敵な女性になりたいと思いました☆彡

本日最初のゲストは松尾雄史さんです。

6月6日『くちなし慕情』でデビューされた松尾さん。

松尾さんは高校生になられた時に歌手になりたいと思われたそうです。
翌年、水森 英夫先生が審査員をされている大会に出場。
見事先生から「高校を卒業したら上京してきなさい」と
声を掛けていただいたんだそうです。

上京後は飲食店でアルバイトをされながら水森先生のレッスンを
2年間受けられ、デビューされることとなりました。

レコーディングは2日かかったそうです。
ご本人としてはそんなに時間がかかると思っていなかったようで
食べ物を持ってスタジオに入らなかったそうです。
すると何度も歌ううちにお腹が減ってきてしまい、
上手く歌えず結局翌週に録る事になりました。
二度目の際はきちんと食べ物も持ち込み、
無事にレコーディングが終了しました。

デビュー曲『くちなし慕情』は大人の女性の歌。
「経験がないので、感情を入れるというより歌うだけで精一杯ですが、
まずは顔と名前と歌を覚えていただきたいです!」と
素敵な笑顔で話して下さいました。

お二人目のゲストは鳴門家寿美若さんです。

寿美若さんは河内音頭の絶滅危惧種と呼ばれている(!?)
大阪・八尾に伝わる「ヤンレー節」の音頭とりでいらっしゃいます。

6月20日に発売されたデビューシングル『舟唄やんれ』はもともと
成世昌平さんのアルバムに収録されていました。
この曲を聞いた寿美若さん。
是非自分も歌いたい!と作詞家のもず唱平先生に直談判され、
一昨年7月に寿美若ヤンレー節40周年記念シングルとして発売。
そしてこの度、テイチクレコードからの発売となりました。

発売されたシングルには歌謡曲として作られた『舟唄やんれ』と、
郷土民謡であるヤンレー節『絆音頭(ヤンレー節)』が収められています。
是非両方をじっくり聴いてみて下さいね。

本日最後のゲストは佐々木新一さんです。

1月11日に新曲『遠い空だよ故郷は』が発売となりました。
佐々木さんは青森県のご出身。現在の東京⇔青森は3時間10分。
「昔から比べればかかる時間はどんどん短くなっているけれど、
親がいなくなるとだんだんと故郷は遠くなると感じる。」
と話されていました。

カップリングは佐々木さんのヒット曲の『君が好きだよ』が
当時の音源で収めされています。
前作のカップリングは『あの娘たずねて』で、今回は『君が好きだよ』。
懐かしい曲ですが、今聴いても決して古さを感じない名曲ですね♪

今回お届けした曲

6時台

 1  情け川/中村美律子
 2  愛・ケセラセラ/パク・ジュニョン
 3  箱根おんな宿/真咲よう子
 4  親友/松尾雄史
 5  くちなし慕情/松尾雄史
 6  も一度呼ばせてだんな様/三船和子
 7  北国フェリー/走裕介

7時台
 
 8  絆音頭(ヤンレー節)/鳴門家寿美若
 9  舟唄やんれ/鳴門家寿美若
10  ひとり長良川/水森かおり
11  女坂/森進一
12  約束/森山愛子
13  遠い空だよ故郷は/佐々木新一
14  君が好きだよ/佐々木新一

8時台

15  ふたりの絆酒/菊地まどか
16  櫻/氷川きよし
17  よりみち酒/松村和子
18  昭和・男道/小林旭

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
7月のテーマは【まつり】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

次回のゲストは、角川博さん、谷本知美さんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。

7月1日

2012/07/01 日曜日 - 21:00:09 by 市川

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
いよいよ2012年も半分が過ぎ、7月がスタートです。
7月に入ると一気に夏が近付いた気がするのは私だけでしょうか!?
今年は関西でも節電の夏になりますので、熱中症対策をしっかりして
元気に夏を乗り切りましょうね!

今日の写真は、野球です♪
先日久し振りに京セラドームに足を運び、野球観戦してきました。
野球を観るのは大好きな私ですが、実は苦手な事があります。
それは7回になると膨らますジェット風船。
肺活量がないからなのか、全く膨らませません。
ちゃんと風船を引っ張ってから膨らませようとするのですが、
なかなかうまくいきません。
昔はヒョイっと膨らませられていたのにな…。
これって何かコツがあるのでしょうか?
どなたか私にジェット風船を簡単に膨らませられる方法を伝授して下さい!

本日最初のゲストは岩出和也さんです。

新曲『陽だまりの花』が4月25日に発売になりました。
この曲は大きな会場で人に聴かせる為に歌うのではなく、
自分自身で噛み締めてしみじみと歌うのにピッタリの曲だと
感じていらっしゃるそうです。

歌詞に出てくる「おまえがいればいい」という部分は
キャンペーンでは会場に来られた女性のお名前を‘おまえ’の部分に入れて
歌ったりもされているとか。
岩出さんの甘い声で歌われると女性はみんなクラっときますよね(#^.^#)

カップリング曲は、ご自身で作られた出身地・大阪 岸和田の曲。
『男の大祭り~だんじり』です。
デビューしてからずっと歌いたかっただんじりの歌。
ようやく歌えるという事がとても嬉しいと話されていました。

10年前から詞を作られていたそうで、当初は4番まであったんだとか!
今回レコーディングするにあたり、岸和田らしい歌詞を追加されたりして
レコードメーカーの方の指摘を一つ一つクリアしていかれました。
一ヶ月くらいのやり取りを経て完成したこの曲。
是非、だんじりを思い浮かべながらお聴き下さい。

続いてのゲストは弁天R.シスターズの皆さんです。

弁天R.シスターズとは、皆さんもご存知かと思いますが、
ラジオ大阪のアナウンサーユニットです。
メンバーは松本雅子アナウンサー、和田麻美子アナウンサー、
そして小川真由アナウンサー。
平均身長149.9cmという可愛らしいユニットです。

昨年の歌謡ウェ~ブの公開録音にもご出演いただいた皆さんが
7月1日に『魔法のカガミ』でデビューされました。

通常のお仕事の合間にボイストレーニングを詰まれ、
3人で時間を合わせて振り付けも必死に練習されていました。
私もOBCのスタジオで振り付けの練習をされている姿を
何度か目撃しましたが、本当に真剣な表情をされていました。

目標は年末に行われる歌番組!!!
今年の大晦日のスケジュールはもちろん空けているそうです(笑)

本日最後のゲストは秋岡秀治さんです。

新曲『裏町酒』が5月9日に発売されました。
今回は最近少なくなってきた四行詩の楽曲です。
演歌らしい演歌にしたかったという事で、仁井谷 俊也先生に
あえて「四行でお願いします」とご依頼されたんだそうです。

この曲は冒頭から1オクターブ(8音)上の音に繋がる
とても難しいメロディーがあります。
この旋律を聞いたとき秋岡さんは、作曲の岡 千秋先生からの
「あなたならこのメロディーをどう歌う?」というメッセージだなと
感じられたそうです。

どのように歌うと良いのかを考えているうちに、
主人公の別れた女性へのやり切れない思いをこのメロディーに乗せて
爆発させよう!と思い、他の音を引っ掛けたりすることなく
1オクターブ上の音を歌われたそうです。
どうやらこの歌い方が正解だったようで、
レコーディングでも岡先生からは何もおっしゃられなかったそうです。
さすが、秋岡さんですね♪

この曲を歌うポイントを伺いますと、
四行詩ということで、間をたっぷりと取らないといけないので
前のめりにならずに、じっくりと噛み締めながら歌って欲しいです。
と話されていました。

今回お届けした曲

6時台

 1  石見のおんな/永井裕子
 2  瀬戸内しぐれ/西方裕之
 3  深川ブルース/三代目コロムビア・ローズ
 4  陽だまりの花/岩出和也
 5  男の大祭り~だんじり/岩出和也
 6  こころが/坂本冬美
 7  たんぽぽの花/都はるみ

7時台
 
 8  魔法のカガミ/弁天R.シスターズ
 9  恋のシャンソン人形/弁天R.シスターズ
10  その昔/吉幾三
11  灯り/谷本知美
12  越後母慕情/上杉香緒里
13  裏町酒/秋岡秀治

8時台

14  女に生まれて/三山ひろし
15  京都白川 おんな川/葵かを里
16  職人/北島三郎
17  浜唄/石川さゆり

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
7月のテーマは【まつり】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

次回のゲストは、佐々木新一さん、鳴門家寿美若さん、松尾雄史さんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。