6月24日

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
6月なのに台風がきて、たくさん雨が降った地域もありましたが
皆さんは大丈夫でしたか?
私は育てているヒマワリや豆だけが気掛かりだったのですが、
補強しておいたのが役に立ったのか特に被害はありませんでした。

先日、突然思い立って奈良県高取町にある壷阪寺へ行ってきました。
奈良に住んでいると「またいつでも行けるから…」となかなか行かない所が
本当にたくさんあるのです。
ですので、思い立ったら即行動!!と、早速行って参りました。
ラベンダーが6月下旬から7月にかけて見頃だという事で行ったのですが、
残念ながらまだあまり咲いていませんでした(・_・)
今後も時間がある時は行きたい場所を訪れて行こうと思っています。
どこかオススメのスポットがありましたら是非教えて下さいね。

本日最初のゲストは黒川英二さんです。

新曲『島之内ブルース』が3月7日に発売されました。
この曲は水木 れいじ先生の作詞家生活30周年記念曲です。

曲のタイトルとなっている‘島之内’は、大阪の‘ミナミ’と呼ばれる
道頓堀などの少し北側にある地域のこと。
昔は島之内も含めて‘ミナミ’と呼んでいたんだそうです。

この‘島之内’という地域は水木先生にとって若い頃によく訪れた
思い出の地域だそうで、この曲への思い入れも格別だとか。
関東のキャンペーンには先生も足を運んで下さり、
ご挨拶だけではなくカップリング曲の『俺たちの明日』を
一緒に歌ったりもして下さったんだそうです。
作家の先生がキャンペーン会場へ足を運ばれることはとても珍しい事なので
会場に集まられたお客様も驚かれたでしょうね。

この曲を歌うときのポイントは冒頭の「だから」です。
この部分を力を入れて歌いすぎるよりは、ひとつひとつ丁寧に歌うこと。
同じ言葉が繰り返されますが、丁寧に歌うことで聴いている人にとっても
色々な想像を膨らませる事が出来るのだそうです。
是非、意識して歌ってみて下さいね。

お二人目のゲストは山本リンダさんです。

山本さんは1966年に歌手デビューされ、今年で46年!!
国内外での歌手活動やテレビ、舞台へのご出演のほかに
ハンドバッグやお財布、本日お召になられている帽子などの
ブランドのプロデュースもされていらっしゃいます。

4月4日に新曲『恋は花火か 地の雪か』が発売されました。
この曲はデビュー当時からお世話になっている
阿久 悠先生と都倉 俊一先生による楽曲。
ご本人にとっても思い入れの強い作品となりました。

この曲のお衣装は山本さんのデザインです。
白いレースのミニ丈のワンピースですが、襟元は着物のようなデザインで
袖も振袖のようです。
真っ白な雪をイメージした生地と情熱の恋をイメージした赤い生地。
とても印象的です。

このお衣装に合わせて今回の振り付けは和のテイストの入った力強い
動きになっているんだそうです。
シンセサイザーを多用したカッコイイ仕上がりとなったこの曲。
自分の好きなように身体を動かして歌って欲しいと話されていました。

今回お届けした曲

6時台

 1  迷い月/藤原浩
 2  よりみち酒/松村和子
 3  篠突く雨/走裕介
 4  江差情話/音羽しのぶ
 5  島之内ブルース/黒川英二
 6  霧雨情話/松原のぶえ
 7  舟唄やんれ/鳴門家寿美若

7時台
 
 8  約束/森山愛子
 9  有楽町で逢いましょう/ジェロ
10  くちなし慕情/松尾雄史
11  恋は花火か 地の雪か/山本リンダ
12  明日花/服部浩子
13  涙くれないか/山内惠介

8時台

14  東京しぐれ/出光仁美
15  奥飛騨慕情/氷川きよし
16  男嫌い/瀬川瑛子
17  昭和放浪記/大川栄策

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
7月のテーマは【まつり】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

次回のゲストは、秋岡秀治さん、岩出和也さん、弁天Rシスターズの皆さんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。