5月20日

こんばんは!番組アシスタントの市川まゆです。
早いもので5月も下旬。
だんだんと過ごしやすい気候になってきたので
ついどこかへ出掛けたくなりますよね。
私は先日、十津川村へ行ってきました!
山々が本当に色鮮やかで、見ているだけで癒されました。
そして、何年か振りに‘谷瀬の吊り橋’にも行きました!
高さ54メートル!
吊り橋なので人が歩くとユラユラと揺れますが
大自然の中に自分がぽっかり浮かんでいるようで心地よかったです♪
同じ県内とはいえ車で3時間かかる十津川村。
ちょっぴり遠いですが、温泉もあるし、お魚も美味しいし、
また機会があれば行きたいと思います。

本日最初のゲストはみやさと奏さんです。

5月2日にデビューされたみやさとさんは岩手県宮古市のご出身。
高校2年生の時に出場された東北最大の大会である「みちのく歌謡祭」で
審査員をされていた作曲家・叶 弦大先生にスカウトされました。

デビュー曲『風港』について伺うと、
「感情を込めすぎてパワフルに歌う癖があって、
 先生に教えていただいたように優しく歌うことがなかなか出来なかった」
「これまでは歌手の皆さんの楽曲を歌っていたのでお手本があったけど、
 自分の曲なのでどのように歌えばいいのか分からなかった」
と教えて下さいました。

なんとこの曲のレコーディングには10日も費やされたんだとか!!!
これまで番組で歌手の方にレコーディングについて伺ってきましたが、
10日というのは初めて!時間をかけて丁寧に作られたんですね。

将来は人を笑顔に出来る歌手になりたい!!とおっしゃるみやさとさん。
これから全国各地を回られるそうですので、
是非皆さんも応援して差し上げて下さいね♪

二人目のゲストは半田浩二さんです。

半田さんは1988年7月に『済州エア・ポート』デビューされて
今年で25周年を迎えられました。

新曲『旅ふたたび』が4月4日に発売されました。
作詞家の中山大三郎先生が亡くなられてから丸7年。
担当プロデューサーの松下章一さんが大事にお持ちになられていた
中山先生の詞を「25周年の節目だから」といただいたんだそうです。

内容としては男性と女性の恋が描かれた楽曲ではありますが、
25年間歌い続けてこれた事への喜びと感謝、
そして30周年に向けて再びがんばって行こうという意味を込めて
タイトルが付けられたそうです。

改めてデビューされてからの25年を振り返ると
これまで本当に色々な場所を訪れ、たくさんの方に出会い、
楽曲も70曲を超えた。
長く歌を続けてこられた事が本当にありがたいと話されていました。

今回お届けした曲

6時台

 1  女の階段/小桜舞子
 2  うちわ/大石まどか
 3  哀しみの終わりに/前川清
 4  風港/みやさと奏
 5  くれない酒場/黒川真一朗
 6  も一度呼ばせてだんな様/三船和子
 7  人時/坂本冬美

7時台
 
 8  陽だまりの花/岩出和也
 9  学園広場/舟木一夫
10  倖せの花/三代沙也可
11  旅ふたたび/半田浩二
12  辰巳の左褄/西尾夕紀
13  釜山発/前田有紀
14  五十鈴川/竹川美子

8時台

15  おとこ星/和田青児
16  人生かぞえ歌/水谷千重子
17  峠春秋/氷川きよし
18  ひとり長良川/水森かおり

以上です。

≪まゆに教えて!昭和の名曲♪≫
5月のテーマは【空】です。

タイトル、もしくは歌詞の中にテーマが入った楽曲を
当時のエピソードと共に教えて下さい。

少し早いですが、来月のテーマを発表いたしました。
6月のテーマは【雨】です。
こちらのテーマに沿った楽曲もお待ちしております。

次回のゲストは、香西かおりさん、市川たかしさん、レーモンド松屋さんです。
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。