» 2011 » 3月

3月27日

2011/03/27 日曜日 - 20:30:56 by 市川

今日最初のゲストは池田輝郎さんです。

池田さんの4枚目のシングル『湯の町哀歌』が元日に発売されました。

2枚目のシングル『雨の夜汽車』のお陰で今の自分がある。
と話される池田さん。
この曲を小さいお子様から大人の方まで歌って下さったので
全国キャンペーンが出来るようになったそうです。

全国にファンが出来たことで、『湯の町哀歌』でも全国を回られています。
震災があった日は大阪でキャンペーンをされていたそうで、
ご自身は揺れにも気づかれなかったとか。
テレビを見て初めて被害の大きさに気づかれて
「このまま歌っていていいのか・・・」と考えられたそうです。

でも自分たちには歌で元気づけることが出来る。と考えられて
4月2日にチャリティーコンサートを予定されています。

池田さんの曲は4作とも女性を追い掛けるけど最終的に女性には会えない。
というもの。
今回も、賑やかな温泉街ではなく寂れた温泉街にいるという情報を得て
女性を探しにきた歌。
若い頃の思い出を引きずりながら旅していくけど、
最終的には逢わずに帰ってくるという切ない曲です。

このとても切ない曲も澄んだキレイな歌声の池田さんの声だと
ズーンと落ち込まずに聴くことができますよね。

池田さんは女性ファンよりも男性ファンが多いそうです。
みなさん池田さんのような声に憧れていらっしゃるのかもしれませんね。

続いてのゲストは音羽しのぶさんです。

1月12日に発売された『愛はときおり・・・』は
《しのぶ》ではなく《音羽しのぶ》の名前で発売。

演歌→音羽しのぶ
歌謡曲→しのぶ

という風に分けていらっしゃいましたが、
今後は演歌も歌謡曲も《音羽しのぶ》でいくそうです。

新曲の『愛はときおり・・・』は作詞・作曲を手がけられた花岡優平先生の
23年前に亡くなられたご友人を思って作られた曲です。

全国各地でこの曲を歌うと
「自分の思いのようだ」「主人を大事にしなきゃ・・・」と
皆さんご自身と重ね合わせて聴かれるようです。
ライブで歌うと泣いてしまわれる方もいるとか。

私も何回聴いても胸がキュウぅぅっとします。

音羽さんはこの曲と出会ったことで、
初めて「紅白に出たい!」と声高らかにおっしゃられました。

言葉には言霊がある。
声に出すと神様が叶えてくださるそうです。
音羽さんの「紅白に出たい!」という目標もきっと
神様と言う名のファンの皆さんの応援で叶うのではないでしょうか。

3人目のゲストは佐々木新一さんです。

昨年11月26日に5年ぶりの待望の新曲
『里ごよみ』が発売されました。

イントロの雰囲気がとてもいい!と大絶賛の佐々木さん。
この曲に出会ったのは昨年の夏。
出会ったときに「これはいける!」と思われたそうです。

ひたすら人生を駆けてきた人たちが、ふと若い頃を思い出し振り返って
あの時、あの日の思い出を呼び起こしてくれる・・・。
いまのタイミングでこの曲と出会えたことに運命を感じたそうです。

カップリングは45年前に大ヒットした『あの娘たずねて』です。
なんと、今回の発売に合わせて録り直したものではなく、
当時の音源が使われているそうです!
今聞いてもアレンジや歌詞がとても洒落ている曲だと話されていました。

今回お届けした曲

6時台

 1  絆酒/千葉一夫
 2  やさしくして/小柳ルミ子
 3  我が娘へ/山川豊
 4  希望の星/永井みゆき
 5  湯の町哀歌/池田輝郎
 6  紅の花/青木美保
 7  ダンチョネ港町/三山ひろし

7時台

 8  愛はときおり・・・/音羽しのぶ
 9  女じょんから二人旅/金松ペア
10  ただ、会いたい~母へ~/西つよし
11  一本道/出光仁美
12  涙唄/大沢桃子
13  里ごよみ/佐々木新一
14  あの娘たずねて/佐々木新一

8時台

15  ずっとあなたが好きでした/坂本冬美
16  あの娘と野菊と渡し舟/氷川きよし
17  歌路遥かに/島津亜矢
18  遠き昭和の・・・/小林旭

次回のゲストは、多岐川舞子さん、千葉一夫さん、沢井アキラさんです。
たくさんのメッセージ、リクエストお待ちしております。

3月20日

2011/03/20 日曜日 - 20:30:15 by 市川

今夜最初のゲストは服部浩子さんです。

2月2日に『未練のなみだ』が発売されました。
実はこの新曲、作る段階から
‘歌手・服部浩子の財産になるような曲を作ろう’
というコンセプトで作られたんだそうです。

初めての徳久先生の楽曲。
レコーディング当日に先生から出された課題は、
「歌手ではなく、女優・服部浩子として歌う」ということでした。

先生いわく、服部さんの歌は‘優等生すぎる’そうです。

歌い方を指導すればその通りに歌うことが出来るけど、それだけの世界。
もう22年歌っているのなら、人に言われてやらされるのではなく
自分の歌の世界は自分で作って欲しい。

そういう気持ちからこの課題が出されたんだそうです。

実際いつも通りに歌ったものと演じて歌ったものを聞き比べると
服部さん自身では分析しきれないけど何かが違うと感じられました。

そのとき作詞の池田充男先生がおっしゃられたのが
「演じたときの方が生っぽい」

離れたところで歌っているのではなく、
まるで耳元で歌われているような温もりや息遣いが感じられる。
と言っていただけたそうです。

お客様の前で歌うと、他の楽曲と比べて拍手のタイミング少し遅いそうで、
聴いてくださっている人も余韻を楽しんでもらえているのではないかと
話されていました。

今回の曲で服部さんが新たに習得された‘生っぽい’歌声、
是非お楽しみください。

続いてのゲストは中村美津子さんです。

3月23日に新曲『おんな風の盆』が発売されます。
今回の曲はこれまでとは雰囲気の違うしっとりとした演歌です。

曲の舞台は越中八尾(やつお)おわら風の盆。
そのおわらの踊り手の女性が主人公です。
この時だけ、待って待って待ち焦がれていたあの人に会える・・・。
そんな隠れた恋を歌っています。

幸せ演歌もいいけど、こういう歌にも憧れていたとおっしゃる中村さん。
『人生一度』で元気は出し切ったので、しっとりした歌が嬉しいそうです。

まだ見たことがないというおわらの行事、
是非行って、肌で感じてみたいと話されていました。

そして7月12日からは大阪 新歌舞伎座で
中村美津子デビュー25周年記念公演がスタート。
風間トオルさんや事務所の後輩の菊池まどかさんらとの浪花人情喜劇と
‘夏祭り’のような熱唱ステージだそうです。

チケットの予約は5月15日から。
絶対行きたい!という方はカレンダーにメモしておいて下さいね。

放送中も何度かご案内しておりましたが、
ラジオ大阪、産経新聞、産経新聞厚生文化事業団の3社では
3月11日に発生した東日本大震災で大きな被害がでていることから
被災された方々への義援金を受け付けております。

番組でも23日の公開録音の会場で募金箱を設置することとなっております。

今日は、公開録音にお越しの方へ無料の化粧品サンプルを配布される
株式会社ミックコスモ代表取締役社長 樋口進様がスタジオにお見えになり
義援金を頂戴いたしました。
樋口様、株式会社ミックコスモの皆様ありがとうございました。
お預かりした義援金は産経新聞厚生文化事業団を通じ、
被災地へお届けいたします。

番組をお聴きいただいている方で是非協力したいとお考えの方は、
ラジオ大阪ホームページをご覧いただき、ご協力をお願いいたします。

今回お届けした曲

6時台

1  星空の下で/北川大介・竹川美子
2  涙唄/大沢桃子
3  オホーツク岬/新川二郎
4  逢いたいね/キム・ランヒ
5  未練のなみだ/服部浩子
6  志摩の磯笛/服部浩子
7  カラオケ流し/蒼彦太
8  おんなの神輿/森山愛子

7時台

9  おんな風の盆/中村美律子
10 男なら~平成節~/西方裕之
11 倖せ夢さぐり/三代目コロムビア・ローズ
12 白樺の誓い/山内惠介
13 大阪ふたり雨/都はるみ
14 男の人生/北島三郎
15 北海子守唄/川野夏美

8時台

16 献身/山口かおる
17 あの娘と野菊と渡し舟/氷川きよし
18 長崎の雨/川中美幸
19 旅路の果ての…/山本譲二

以上です。

次回のゲストは、佐々木新一さんと音羽しのぶさん、池田輝郎さんです。

3月13日

2011/03/13 日曜日 - 20:30:55 by 市川

今夜最初のゲストは今月『カラオケ流し』でデビューされたばかりの
蒼彦太さんです。

香川県出身の蒼さんは幼い頃から歌が大好き。
中学生のときに氷川きよしさんに憧れて演歌を始められました。

高校に入ってから地元の先生に教わり、
その先生から伊戸先生を紹介していただき上京が決まったそうです。

上京後はでアルバイトをしながら歌の練習をして、
伊戸先生からの課題がクリアできたらレッスンを受けて・・・
を繰り返し、デビューが決まりました。

11月、いよいよ初めてのレコーディングの日です。
レコーディングするにあたりディレクターさんに、
「今回の勢いで録音をするから!」と言われ、
プレッシャーもありながら勢いたっぷりで歌ったそうです。

OKが出たときは嬉しかった反面
「本当にこれでいいのかな?」とも思ったそうです。

その日録音してもらったばかりのCDを持って帰った蒼さん。
嬉しくて嬉しくて何回も何回も寝ずに聞き続けたんですって♪

今回、デビューの喜びを満面の笑顔で語って下さった蒼さん。
今度は23日の公開録音で生歌を聞かせていただけるので
私もとても楽しみです☆

続いてのゲストはサエラのお二人です。

菊池由利子さん(ボーカル)と高橋朋子さん(ピアノ)
お二人のユニットです。
ユニット名の【サエラ】というのはフランス語で
「あちらこちら」という意味。
歌謡曲、童謡、民謡まで‘あちらこちら’の音楽を
分け隔てなく聴いてきた二人、ということだそうです。

等身大でいることを心がけているとおっしゃるサエラのお二人。
お二人の出会いは地元のママさんコーラスです。

最初は働きながら遊んでいる感じで歌っていた二人ですが、
地元のイベントなどで声がかかるようになり、歌っていくうちに、
もっと多くの人に聞いてもらいたい!という気持ちが強くなり
ライブをしたり自主制作CDも出されたそうです。

10月に『白もくれん』でメジャーデビュー。
11月にはアルバムをなんと4作品同時発売しました!

オリジナル編
民謡編
童謡編
歌謡曲編

という4つのジャンルをたっぷり歌ったアルバムです。

お二人に大阪の印象をお聞きすると
菊池さんは
「津軽の人と関西人が似ていて何度も来たい!」
高橋さんは
「食べ物も美味しいし、何もかもが珍しい!」
とおっしゃられました。

是非また大阪にいらしてくださいね♪♪♪


(左:高橋さん 右:菊池さん)

今夜3組目のゲストは北山たけしさんです。

今年1月に発売された『男のなみだ雨』は
デビュー8年目の北山さんにとって初めて女性が登場する艶歌。
ご本人も「歌にはこんなに違う世界観があるんだと発見した」そうです。

この曲は別れた女性への気持ちが断ち切れない男性の歌。

これまでは自分の気持ちをストレートに伝える歌でしたが
今回は主人公になりきって歌う、演じる演歌です。
初めての演じる演歌なので、演じるのがとても楽しいんだそうです。
ちなみに北山さんのイメージは高倉健さん。
‘北山健’になりきって歌っていらっしゃるそうですよ(^^)

ちなみにこの曲のデモテープは作曲の宮下健治先生の歌声。
宮下先生はテイチクレコードの元プロの歌手だった方なので
お上手すぎてどう歌えばいいか迷ったんだそうです。
でも先生に「北山くんらしく丁寧に」とアドバイスを貰ったことで
自分らしく歌えたんだそうです。

北山さんのこの曲を歌うポイントは
歌うときのチカラの割合。

これまでの曲は10のチカラで歌っていたけど、
この曲は6のチカラで歌うそうです。

初めは歌っていても物足りなかったけど、
6で歌うことの方がカラダ全体にチカラが入って難しいということに
気づかれたそうです。

カラオケで歌われる方も是非挑戦してみてくださいね♪

今回お届けした曲

6時台

1  あの時代にはもどれない/前川清
2  蛍の娘/カレン
3  ダンチョネ港町/三山ひろし
4  玄海恋太鼓/永井裕子
5  花まる街道旅鴉/蒼彦太
6  カラオケ流し/蒼彦太
7  ずっとあなたが好きでした/坂本冬美
8  マルセイユの雨/鳥羽一郎

7時台

9  白もくれん/サエラ
10 ホーハイ節/サエラ
11 我が娘へ/山川豊
12 女じょんから二人旅/金松ペア
13 春の雪/角川博
14 愛の嵐/竹島宏
15 男のなみだ雨/北山たけし

8時台

16 その花は…変わらぬ愛(ニュー・バージョン)/秋元順子
17 恋するだるま/浅田あつこ
18 あの娘と野菊と渡し舟/氷川きよし
19 ふたりの船唄/天童よしみ

以上です。

次回のゲストは、鳥羽一郎さんと中村美津子さんと服部浩子さんです。

3月6日

2011/03/06 日曜日 - 20:30:40 by 市川

今夜最初のゲストは走裕介さんです。

1月12日発売になった新曲『おんなの雪』は
走さんにとって初めての女歌です。
実はデビュー曲の『流氷の駅』と一緒に出来ていた曲でしたが、
師匠の船村徹先生に「まだ走くんには早すぎるだろう」と言われて
ずっと温めていた曲なんだそうです!!

今回レコーディングをする際に当時の音源を聞き直した走さん。
「荒削りもいいところでこれは出せない・・・」
と感じられたそうです。

デビュー以降キャンペーン等でもこの曲は歌わなったようですが、
「今思うとこの歌を歌うための基礎を作っていたのかもしれない」
とおっしゃられていました。

ゆうちゃん

と聞くとプロ野球の斉藤佑樹選手(北海道日本ハム)を
思い浮かべる方が多いと思いますが、
走さんは日本コロムビアの裕ちゃん!!

私も今度からこっそり‘裕ちゃん’と呼びたいと思います(^^)

続いてのゲストは水田竜子さんです。

元日に発売された新曲『霧の土讃線』は
JR四国土讃線全線開通60周年記念曲です。
土讃線というのは四国中央部を走る線で、
路線総延長199.5キロ/全61駅の路線。

(地図上の赤い線が土讃線です。)

山脈や渓谷を走っているので、少し進んではスイッチバック。
また進んではスイッチバック。という風に進んでいくんだそうです。

どうしよう・・・
逢いたい・・・

そんな心の揺れ動きが表されているこの曲。
歌うときのポイントは
「燃えて燃えて燃えて」
「待って待って待って」など
同じ言葉を繰り返すので、それを自分の中で上手く表現すること!
だそうです。

さて、初めて水谷さんにお会いした時から
「市川さんは水田竜子さんに似てるね」と言われていた私。
水田さんがゲストで来られるのをずっと楽しみにしていました♪

今回ご対面しての感想は、
「あ・・・ホンマに似てる!!」です。

水田さんにも「私の妹だよね!?」と言っていただいたので
とっても嬉しかったです。

ブログをご覧の皆様、いかがでしょうか?
本当に姉妹のようではありませんか???

今夜3人目のゲストは青戸健さんです。

これまでの青戸さんの曲と180度正反対!
金のドテラが眩しい新曲『五右衛門さん』が1月19日に発売になりました。

ずっと応援してくださっている方から「壊れちゃったんじゃないの!?」と
思われる曲だとご自身で話されていました。

この曲のポイントは‘歌わずに演じること’。
舞台に立っている気分で歌うといいんだそうですよ♪

スタジオにお衣装も持ってきて下さったので
キラキラに輝く衣装を纏った青戸さんとお写真を撮らせていただきました☆

今回お届けした曲

6時台

1  あかね空/真木柚布子
2  男の人生/北島三郎
3  北海子守唄/川野夏美
4  涙唄/大沢桃子
5  おんなの雪/走裕介
6  おんなの神輿/森山愛子
7  カラオケ流し/蒼彦太

7時台

8  霧の土讃線/水田竜子
9  男のなみだ雨/北山たけし
10 倖せ夢さぐり/三代目コロムビア・ローズ
11 冬の日本海/田川寿美
12 ふるさとの木の下で…/あさみちゆき
13 五右衛門さん/青戸健

8時台

14 港のほたる草/井上由美子
15 八甲田/森進一
16 未練のなみだ/服部浩子
17 あの娘と野菊と渡し舟/氷川きよし

以上です。

次回のゲストは、北山たけしさんとサエラさんと蒼彦太さんです。