♪Tonight Music♪

#1 オープリティウーマン/シルヴィ・バルタン
 
#2 TEA FOR TWO~2人でお茶を~/アニタ・オデイ

#3 ボーイハント/コニー・フランシス

♪Tonight Music♪

#1 Singin’ in rain~雨に唄えば/クリス・コナー

#2 朝日のようにさわやかに/ソニークラークトリオ

#3 インザムード/山本邦山+尺八1979

#4 バードランドの子守歌/メル・トーメ

大阪が世界に誇る技術☆

魔法瓶って一度は使ったことありますよね?(水筒・ポットとか…)

実は日本で初めて魔法瓶が作られたのが大阪だというのをご存じでしょうか?

昨年2012年は、日本の魔法瓶が誕生して100年でした。

発祥の地大阪には、今も魔法瓶メーカーがたくさんあるのですが、老舗・象印マホービンは、「まほうびん記念館」を大阪市北区天満の本社1階に持っていて、1月31日まで特別展・日本のまほうびん生誕100年」を行っています。

 そもそも…魔法瓶は「真空技術を利用した保温・保冷技術

1892年イギリスで技術が誕生、1904年ドイツで家庭用品に技術が使われ、1908年魔法瓶の技術が日本へ、1912年日本の魔法瓶が誕生。

日本のガラス工業の中心大阪で、手がける業者が続々と現れます。

その後、東南アジアなど海外で人気が出て、戦後に製造が復活し色々な商品ができます。(水筒・ポット・炊飯器・ランチジャーなど)

割れないようにガラス製がステンレスになり、押すだけタイプエアー式ポットが爆発的人気になり、軽量化・コンパクト化になり…今に至ります。

 しかし、多い時はおよそ50社あったメーカーが、今は13社まで減少。

でも、11社は大阪に本社を構えているので、まさに大阪を代表する技術なのです。

まほうびん記念館・館長の山口巳年男さん

 1月31日まで特別展・日本のまほうびん生誕100年」が行われていますが、なかなか面白いんです。

各メーカーの1号機を集めていたり(タイガーのジャー、エベレストの花柄エアポット、サーモスのステンレスポットなど)

エピソードまじりの魔法瓶があったり。

たとえば、2004年アテネオリンピックで優勝したマラソンの野口みずき選手が中にスペシャルドリンクと冷たい水を入れた魔法瓶なども。

大阪が世界に誇る「魔法瓶の技術」大切にしたいですね^^

♪Tonight Music♪

#1 I’VE BEEN SEARCHIN’~君をさがしてた~/キーシャ・シャンテ

#2 イパネマの娘/noon

#3 ハートに火をつけて/ヘイリー・ロレン

♪Tonight Music♪

#1 セービング・オール・マイ・ラブ・フォー・ユー
             /ホイットニー・ヒューストン

あの日から18年。

阪神淡路大震災からきょうで丸18年。

神戸市では、昨年、震災を知らない市民が初めて人口の4割を超えたという中、どのように記憶を語り継ぐのか、まだまだ経済的に、精神的に立ち直れていない被災者をどう助けあっていくのか。18年が過ぎた今も課題は山積です。

 きょう、私は初めて5:46を、毎年「追悼式典」が開かれる神戸市中央区・東遊園地で迎えました。ろうそくの優しい光、それに祈りを捧げる人々、涙をハンカチでぬぐう人、改めて震災の大きさ、恐ろしさを感じました。

 5:46に黙とうがささげられ、そのあと、遺族の方、市長、そして、東日本大震災の遺族の方も参加して、セレモニーが行われました。

今夜21時まで開かれた「阪神淡路大震災1.17のつどい」

企画から実施まで、ご遺族や市民のみなさんが神戸市と一緒に開いているというもの。

 会場で、何人かの被災者の方にお話しを聴かせていただきました。

 震災当時まだ2歳で、おぼろげな記憶だけ残っている西宮市の大学生の男性。

東灘区在住で、震災で家が全壊。そして、夫をなくした75歳の女性。

「もうここに来るのは今年が最後かもしれない」という女性の言葉に涙が出そうでした。

 私は、阪神淡路大震災を関西で経験していませんが、愛知でも震度4。

恐ろしい揺れは忘れられませんし、衝撃的な映像の数々も脳裏に焼き付いています。

関西生活10年を迎えた今、被災したり家族を亡くした友達もいます。

そんな中で「阪神淡路大震災は終わっていない…続いている」という話を聴きました。

「苦しみは死ぬまで続く」「失ったものは戻ってこない」

だからこそ、前向きに生きていきたいんだけれど、この大変な状況がまだ続いていることを忘れないでほしい、というメッセージ。

 「伝えていくこと」と同時に「備えること」の大切さ。

同じ苦しみを繰り返さないように、「防災」「減災」の取り組みをしていくことが、今を生きる私たちの「義務」かもしれません。

うさぎさん「もふもふ」

今「動物カフェ」がはやっているのをご存じでしょうか?

大阪・中崎町に、関西で初めてオープンしたうさぎカフェ「うさぎ堂」があると聴き、行って来ました♪

昨年4月にオープンして人気を集めていて、昨年10月には、神戸元町にもオープンしました。

 

お客さんは、女性が多いですが、カップルや外国人の方も。

平日は学生さんも多く、お孫さんづれが来ることもあるそうです。

現在9羽のうさぎちゃんがいます(女の子だけ)

9羽は様々な種類で、白以外にも、グレー、ぶち、目の青い子、赤い子など色々。

うさぎは、小学校の飼育室のイメージでしたが、意外と好奇心旺盛!

ひざの上にかわるがわる乗ってきて、スカートをかじったり、猫のように柱をがりがりしたり。

時間が過ぎるのを忘れてしまいます。

ほんとに癒されました♪

みなさんも是非行ってみてください^^

♪Tonight Music♪

#1 サテンドール/アニタ・オデイ

#2 ウェルカムマット/マット・デニス

#3 昔は良かったね/デュークエリントントリオ

#4 ふるえて眠れ/パティペイジ