やる気の育て方!

きょうは話題の新刊&その著者のお話です。

商店主専門 ビジネスコーチ岡本文宏さん

「商店主専門」「ビジネスコーチ」どちらも珍し肩書きかもしれませんが、簡単にいうと繁盛店を作る手伝いをする仕事だそうです。

コンサルタントってよく聞きますが、コンサルタントとは少し立ち位置が違う、と。

コーチは経営者の伴奏者としてともに歩んでいく、相手にゆっくり考えてもらう時間を共有する、それがコーチだそうです。

そんなビジネスコーチの岡本さん、20代でアパレル専門店のチェーンに勤務。かなり優秀な業績をあげられ、独立。30代にセブンイレブンのフランチャイズ店経営をされ(しかし!そこで大変苦労をされて一大転機があったそう)その後、2005年にメンタルチャージISC研究所を設立、各地での講演(年100本以上)や執筆活動(雑誌や本など)をされています。

 

30歳でお店を持った時に人生の転機‥20代は色々なことがうまく進みましたが、自分で何でもやってしまう性格が裏目になり、人がどんどんやめていきます。そのしわ寄せは自分や自分の家族に来ます。

仕事に忙殺されている中、当時まだ幼かった娘さんが入院したことに気づかなかったのを知った時、これではいけない!と、生き方を変えなくてはいけない!としみじみ思ったそうです。

その後、ビジネスやマーケティングなどの本を読みあさり、セミナーや講習会に出かけて色々学ばれました。

そんな岡本さんの新書が「小さなお店専門の経営コーチから学ぶ 繁盛店のやる気の育て方

今回はこの時期にぴったりな‘やる気’

やる気を引き出すには、とにかく部下とのコミュニケーションをあらゆる方法で取り信頼関係を築く。

また、自分自身がやる気を出している姿を見せると部下がついてくる。

自分にも周りにもいい循環が広がることがサクセスにつながる、というのを私も改めて感じました。

岡本さんのチャンスに出会うきっかけの話も印象的でした。

とにかく「こんなことをやりたい!と言葉にしていく、周りに伝えていく」それが成功の秘訣だと。

取材インタビューで、色々なことを学ばせていただきました。