大阪市立美術館で開催中の「フェルメール展」。

「光の画家」とも呼ばれる、ヨハネス・フェルメール。
日本でも大変人気の高い画家ですよね。
私も名前と有名作品は存じ上げておりましたが…
今夜は会場である大阪市立美術館の
篠 雅廣館長に
見どころや当時の時代背景等について伺いました。
今回の展覧会には現存する35点の作品のうち
日本初公開の「取り持ち女」を含む6作品が集結!
実際に作品の前に立つと
本当に光が射しているとしか思えない表現法に圧倒されます。
「フェルメール展」は5月12日まで
天王寺公園内の大阪市立美術館で開催中。

詳しくは公式ホームページなどでご確認下さい!