藝術の秋

2018年10月19日 - 11:28 PM by otonastaff

京都・岡崎公園内の「京都国立近代美術館」で
今日から
「没後50年 藤田嗣治展」が開催されています。

おかっぱ頭にちょび髭、丸眼鏡…
今もフランスの地に眠る藤田嗣治の没後50年の節目に
かつてないほどの規模で開催される展覧会です。
藤田の代名詞である「乳白色の裸婦像」を始め
初期の作品から晩年に描かれたキリスト教画に至るまで
世界中の収集家・美術館の協力を得て
全ての次代に渡る藤田作品が網羅されています。
しみじみ美しいですね…


(上写真/(真ん中)「カフェ」(1949年制作)ポンピドゥー・センター蔵
 下写真/(右)「猫(闘争)」(1940年制作)東京国立近代美術館蔵
©Foundation Foujita/ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2017 E2833)
そして生涯を芸術にかけた画家・藤田の気迫にも圧倒されます。
専門知識が無くとも、芸術に触れるのは心が躍るものだと実感。
「没後50年 藤田嗣治展」
10月19日(金)~12月16日(日)
京都国立近代美術館にて開催(休館日は月曜日)
詳しくは特設ホームページなどでご確認下さい。
****************************
そしてこの展覧会のチケットを5人の方にプレゼントです。
ご希望の方は「藤田嗣治展チケット希望」とご記入の上ご応募ください!
はがき:〒552-8501 ラジオ大阪「News Tonightいいおとな」
FAX:06-6577-0301
mail:otona@obc1314.co.jp

藝術の秋って楽しいですね。
是非アートを訪ねて京都にお出かけ下さい★