運命のドラフト・・・越後屋さんは何を話す!?

きょうはドラフト会議がありましたね。

阪神は、どのスポーツ紙も予想せずの

白鴎大の大山悠輔内野手を指名!

今春のリーグ戦で8本塁打、日米大学野球選手権では4番をつとめた

強打者です!

もちろん!大山選手には活躍を期待しています!!

ただ、その一方で、番組には越後屋さんあてに、メールをたくさん頂きました。

「ぶった切ってください」と。笑

越後屋さんによりますと

きのうの夜までずっと球団は「田中投手か佐々木投手」と話していたそうです。

ところが!

きょう午前の4者会談で、

「野手中心の方針」と決まり、金本監督が「くじをひきたくない」という話もあってなのか、

一本釣りの大山選手に・・・

ということを関係者から聞いたとのことです。

もちろん今年は野手は足りないと、

越後屋さんは指摘されています。

阪神ファンの方はもちろんご存知かとは思いますが

詳しくはコラムを見てくださいね♪

「鬼筆」!!名前がいいですね(@^^@)↓

「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

野手は「足」「守備」の次に「打力」を見ると。

確かに大山選手は肩はいいが、梅野選手も「打力」を見込まれての入団だった・・・。

それに3塁は外国人選手の獲得が見込まれていたので、

守備はどこにつくのか・・・と。

う~ん!!

これからのタイガースはどうなっていくのか、

これからも目が離せません!!!!

そして、越後屋さんがこれからどのように阪神をご覧になるのか・・・

気になることが膨大すぎます!!!

「おまけ」

きょうの10時のもえみーは、先日訪れた、キトラ古墳の壁画の公開についてお話しました!

ロマンを感じた一方で

最寄り駅の壺阪山から会場まで歩いていると・・・

気になった「かかし祭り」!

う~ん!!この味わい深さ!!
こちらも負けず劣らず気になるところが満載です(@^▽^@)/