東京電力福島第一原子力発電所レポート

明日、3月11日で事故から丸5年を迎える
東京電力福島第一原子力発電所。
このたび「NEWS TONIGHT いいおとな」は、
日本記者クラブ協力のもと「日本記者クラブ取材団」として
番組ディレクターが福島第一原発の現場を視察しました。


中に入るために防護服を着るのですが、靴下は2重、手袋は3重に。
さらに、防護マスク、防護メガネまで。

作業員の皆さんに挨拶すると、明るく返してくれる方も多く少し安心しました。


設備の整った食堂もありました。

そして3号機原子炉も間近に見ることが出来ました。


5年経った今でも生々しい状態で残っていました。
遠隔操作のできるロボットも投入してもまだここまでしか進んでいません。

福島第一原発の小野所長にもお話を伺うことができました。
登山でたとえると、5年経ってまだ「1合目」に入ったところ。
まだまだ進んでいないことだらけとのこと。

明日で東日本大震災から5年を迎えますが、
まだ復興へのスタートラインにたったばかり。
震災、原発事故を風化させること無く復興への活動を続けていくことが大切です。