世界の貯金箱が集合

10月は貯蓄に関する記念日が多いのをご存じですか?

10月17日は「貯蓄の日

10月10日は「貯金箱の日

これは1を投入口に、0をお金に見立ててということです。

そんな月にぴったりの施設を見つけたので先日行ってきました!

世界の貯金箱博物館

阪神尼崎駅から南西に歩いて5分くらいのところにあるのですが、尼崎信用金庫(あましん)の持つ企業ミュージアムなんです。

日本や欧米、アジア、中東など、古代から現代まで世界62カ国、なんと1万3千点の貯金箱を収蔵。

質・量ともに、世界最大級の貯金箱博物館が尼崎にあるんです!

現在「貯蓄の日・貯金箱展」が開催中でした。

簡単に言うと、世界中の豚の貯金箱を集めた展示です。

世界中で、貯金箱、と言えば豚なんですね(笑)

豚は縁起物である、と。中でも、世界で最初に作られた動物型の貯金箱はヨーロッパで作られた豚の貯金箱だったそうです。

でも、貯金箱にもお国柄が良く出ます。

例えば、イタリア、インドネシア、アフリカなどは、カラフルでおしゃれです。

タイはめがねをしている豚で表情が面白い。

よく考えたら、各国でお金の形も違うし、種類も異なるし、貯金箱のお金を入れる場所(投入口)も違うんです。

日本は頭を大切にするので、頭に投入口がある貯金箱ってあまり見ないはずです。

世界の貯金箱博物館の石山館長(右)

日本で「貯蓄」という概念は江戸時代に家康が貨幣制度を整えてからなので、歴史は浅いです。

石山館長が「昔は楽しみながら、今は苦しみながら、貯金をしているような気がします」とおっしゃったのが印象的でした^^;

今回、こちらの博物館へ行って、貯金箱は、実務・玩具・縁起物など色々な意味合いを持つことが分かりました。

「一円玉もとても大切だ」と思えるのが、貯金箱かも。

消費増税も控えていますし、1円の大切さを改めて考えるために貯金箱を置いてみるのもいいかもしれません。

 「世界の貯金箱博物館」火曜~日曜、午前10時~午後4時開館(月曜・祝日は休み)

お隣に、世界のコインミュージアムがある「尼信会館」もあるので、併せてどうぞ!

♪Tonight Music♪

#1 私の良いとこ/見田村千晴

#2 ロマンティック/キャリン・ホワイト

#3 誓い/ゴスペラーズ

#4 SHE/エルヴィス・コステロ