ユニバーサルスタジオ「大阪対LA」

きょうは「本場ハリウッドでユニバーサル・スタジオへ行った」という話です。

大阪にもあるUSJの本店みたいなものですね。

カリフォルニア州ロサンゼルス市にある地区「ハリウッド」は世界の映画産業の中心地。

ハリウッドは「ひいらぎの森」という意味で、もともと自然いっぱいの農園だったところに映画スタジオを作った、という経緯があります。

ハリウッドの中心街は、アカデミー賞の授賞式が行われるドルビーシアター(上の写真)があったり、歴代スターの手形や壁画があったりとLAで一番賑わう観光地です。

そんな中心部から少し離れた、山手に「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」があります。

「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」について、「ジャパン」と同じところ・違うところ、という観点でお話したいと思います。

<同じところ>

・入口のところに「ユニバーサルスタジオ」というロゴマークの地球儀みたいな球体がある!

でもジャパンの方が立派‥!?

ユニバーサルシティがある!

園外にシティがあるのは大阪と同じ。

しかも、全く同じ青いキングコングの看板がありました。

でもお土産屋やマッサージ屋や飲食店や、とにかく色々あって、ジャパンより立派?

乗り物も同じようなものが!

ジュラシックパークが全く同じ。

出口に土産物屋に誘導されるところや、滝を落ちるところや‥デジャブかと思いました^^;

<違うところ>

・なんと丘で上下に分かれた二層のパーク構成!!

超長いエスカレーター(長いのを6本くらい乗り継いで)下に行きます。

園内地図が立体的なので?だったのですが、エスカレーターを見つけてようやくと理解(笑)

アトラクションの数が圧倒的に少ない!

14個です。(ジャパンは41)そこで思ったのが、やはり、本場のユニバーサル・スタジオはスタジオなんです。

映画スタジオメインで、そこに付随したアトラクションなどの施設。

狙いは、よりハリウッド映画に親しんでもらうこと、興行収入を上げること。

でも、ジャパンは、アミューズメントパークなんですよね。

ハリウッド映画がどんなものかと日本人(特に子どもたち)に裾野を広げる、という意味合いがあるのでは?というのが、感じたことです。

ですから、映画スタジオ見学ツアーとか、最新3D技術などは本当に素晴らしいなぁと感じました。

日本でハリウッド進出を狙う俳優さんがたくさんいる気持ちが分かりました。

3日間の滞在記、いかがでしたでしょうか?

これからも未知な国へたくさん出かけて、新鮮な発見をしてきたいです。

♪Tonight Music♪

#1 ティアーズ・イン・ヘヴン/エリック・クラプトン

#2 A WHOLE NEW WORLD/ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル