「携帯トイレ」の開発

3.11まで1カ月を切りました。

この番組の中でも1.17と3.11周辺だけではなく、日常的に防災・震災について考えていこうということで、定期的に「防災の話」をしていきたいと思っています。

 きょうは、防災グッズの一つ「携帯トイレ」の商品開発・販売している会社へお邪魔してきました!

大阪府南部・岸和田市にある「まいにち株式会社」です。

もともと広告会社でスタートしたのですが、1997年に第二創業として「モノづくり」に乗り出したというユニークな会社。

そして、1999年、災害時に、水が無くてもすぐ使える簡易トイレ「マイレット」の販売を開始。

今では、携帯トイレを始め、「現場のトイレ」「車のトイレ」の開発・販売、そのほか震災時のグッズの販売も手掛けている。

 

「携帯トイレ」を開発しようと思ったのは、やはり、阪神淡路大震災がきっかけ。

「何か役に立ちたい」との思いでボランティアに行き、一番痛感したのが「トイレの不便さ」だったそう。

でも、それまでは広告会社なので、全く災害時用品の開発はしていなかったため、開発までには大変な時間と苦労があったそうです。

 まいにち株式会社奥さん

開発で一番苦労したのが、「コンパクトにすること」

防災グッズは色々あるので、ひとつひとつが小さく、持ち運びができないといけない。

凝固材でかためるんですが、2次災害(菌の繁殖や食中毒など)を防ぐためには殺菌剤、消臭剤を混ぜたい…でも凝固剤の量が増える。その解決方法を見出すのが大変だったそう。

でも今は、わずか7グラムの凝固剤!これはすごいことです。

「備えあれば憂いなし」ですね、やはり。

お話を聞いていて、携帯トイレはじめ防災グッズをきちんと揃え、ご近所付き合いもしておきたいなと改めて感じました☆

関心のある方は「マイレット」「携帯トイレ」で検索をしてみてください。

♪Tonight Music♪

#1 愛にすべてを/WET WET WET

#2 ユーアーザベストシング/ザ・スタイル・カウンシル

#3 愛は沈黙の中で/ローナン・キーティング

#4 レディ・イン・レッド/クリス・デー・バー