どこもとおもいで

今日は京都府宇治市に来ています。
屋根裏にご主人の思い出の品が眠っています、と
お便りをくださった奥さんのよしえさんです♪
こんにちは~

ご主人は23年前に他界されているんですが、
そのご主人が残していたものを
屋根裏から引っ張り出してきてくれました!

こちらは昭和34年当時の全国の列車ダイヤです!

昭和30年代の切符や写真もたくさんあります。

大学では鉄道研究会に入っていたというご主人が、
おそらく結婚する前に集めていたものだそうで、
日本全国各地の電車の切符があるんですよ♪

ちなみにご主人は電車の部品(パンタグラフ)などを
作る仕事をされていたんだそうです!

鉄道模型やご主人手作りの鉄道模型のコントローラーまで…!

あるのは分かっていたけどなかなか捨てられず
大量に残っていた雑誌の鉄道ジャーナルは売り、
いずれ息子さんが整理すると言ってくれているんだとか…

結婚してからは静岡県の大井川鉄道に
行ったのを今でも覚えているというよしえさん、
27歳の頃に共通の知り合いがいてご主人と出会い、
声が爽やかで、まずそこに惹かれたんだそうですよ♪

これからもご主人の思い出の品大事にしてくださいね!
ありがとうございました(●’U‘●)ノ