ウインズ平阪の「和歌山応援歌」

今日の和歌山情報は、本州の最南端串本町にある

こちらの「橋杭岩」

串本から大島に向かい、約850mに渡って大小40余りの岩柱が1列にならび、
その規則的な並び方が橋の杭に似ていることから、この名が付きました。
海の浸食により岩の硬い部分だけが残ったものですが、
その昔、弘法大師と天邪鬼(あまのじゃく)が一晩で橋を架ける賭をして、
一夜にして立てたという伝説も伝わっています。
吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。
こちらの国道42号線沿いにある道の駅「くしもと橋杭岩」には、無料駐車場があり、
車を停め、ゆっくり観覧いただけます。

この写真は、平阪が交通安全太師として、
道の駅で講和したときのものです。
紀南にお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。