は、はちねんかん!

きょうのゲストは
バンド、「ワタナベフラワー」の
クマガイタツロウさん!

原田さんが出演された映画
「切り子の詩」の歌を担当されたのが
ワタナベフラワーさん!
クマガイさんのお話聴いてると
努力と根気って大事って思ったー!
というのも、
NHKの「みんなのうた」に採用されるのが夢で
8年間NHKに送り続けたそう。
その後、さまざまな努力の甲斐あり、
夢が叶って採用!!!
放送されたときは
TVの前で正座して観て、
泣いたそうです。゜゜(´□`。)°゜。

★★★オデカケ タマチャン★★★

のってるぜーい!

サーフィンやったことないけど
のってるぜーい!

サーフィンの板をつかったエクササイズ、
「サーフセットエクササイズ」を体験しに
心斎橋の「ビーキューブ」というスタジオに
いってきましたぁ♡
これが案外きついぜー!
全身の筋肉が
ぷるぷるするぜ!
でもでもっ
来年にはサーフィン・デビュー
するぜー\(^o^)/

(玉川)

ウインズ平阪の「和歌山応援歌」

先週に続き、JR和歌山線、粉河駅前で野菜の種屋さんを営む先輩から
もう1週紹介して欲しい!!とお願いされたので
今回は、先週紹介した粉河寺に隣接する粉河産土(うぶすな)神社です。

こちらは、粉河寺を創建した、大伴の孔子古(おおとものくじこ)の息子、
大伴の船主(おおとものふなぬし)が粉河寺を鎮護(ちんご)するため、
上丹生谷((かみにゅう)の丹生神社と東野の若一王子神社からなりたち、
後に粉河村の総鎮守神社となりました。
今も毎年7月最終の土・日にある紀州三大祭のひとつ「粉河祭」は、この神社の祭礼なのです。

まだ7ヶ月先になりますが、是非来年は粉河祭りにお越しください。
JR粉河駅前から粉河寺までの約1Kmを各町のだんじりが練り歩く勇壮なお祭りです。

平阪の隣(写真中央)は、産土神社の宮司さん
その後ろは、だんじりです。