万博記念公園

万博記念公園へ行ってきました。

1970年に行われた万博跡地の中心にあるのが自然文化園です。
100haの敷地に約260種60万本の樹木が植えられて、今では100種以上の野鳥も生息しているそうです。

先月コスモスを見にきた時とは、森の色が全然変わっていました。
紅葉って、当たり前ですがモミジだけではない事をつくづく感じます。

高々と青空へ伸びるメタセコイヤやモミの木が、池の水面に映り込んでとても美しい。

ここぞという撮影スポットでは
、カメラを抱えた方々が情報交換しながらファインダーを覗いていましたよ。

高さ3〜10mの場所にある渡り廊下”ソラード”は「鳥の目線で森を見られる」楽しさ!

展望タワーからは緑の森と紅葉に囲まれた太陽の塔が見えます。

公園の中央入り口から正面奥には美しい日本庭園があります。

11月の土・日・祝日は夜のライトアップもあります。

先月は太陽の塔にも入りました!

民俗学博物館や日本民藝館をはじめ、森の他にもいっぱい楽しめます。

帰りにエキスポシティの「竹清」で、美味しいおうどんを食べて帰りました。

1番鮮やかな季節満喫の1日でした!

、、、、、、

先週は果物の柿。
今週は海の牡蠣です。

牡蠣の昆布蒸し。
小粒でしたが、
“美味しい”といっていただきましたー。

髙岡美樹