ぶあいそうな手紙

7月31日(金)~シネリーブル梅田で公開の

ブラジル映画 『ぶあいそうな手紙』

舞台はブラジル南部の都市ポルトアレグレという、

ウルグアイとアルゼンチンに近く移民も多い所。

78歳の元カメラマン・エルネストもウルグアイから

移り住んで46年、段々視力は衰えています。

既に妻は亡くなり、息子はサンパウロでの同居を勧めますが

断り続けている・・・・

そんなエルネストへ一通の手紙が届きます!!!

その手紙はスペイン語書かれてる~~視力低下のため

自分ではなかなか読めません(-。-;)

でも身近な人々はポルトガル語が中心なので・・・

スペイン語はちゃんと読めなくて(><;)

さあ~誰に読んで貰い、代筆での返信が出来るのでしょうか? ?

久しぶりの映画の御紹介でした。

シネリーブル梅田では マスクを着用、座席は一席ずつ空けての

鑑賞です。

マスクをお忘れなくm(^-^)m