何を語るのか?深い皺!

オーストリアのドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私』を紹介しました。

ナチスの宣伝相ゲッベルスの秘書として、敗戦までの3年間勤めた

女性が103歳にして沈黙を破り淡々と語るのですが・・・

深い皺が言葉以上に苦渋を語っているよう・・・

その女性ブルンヒルデ・ポムゼルは昨年1月に106歳で亡くなりました。

最初で最後の独白となりました。

シネ・リーブル梅田で6月30日(土)~上映です。

(お便り)

○  夫が亡くなり8年、遺品の整理に掛からなくては。

○  スポーツ好きの78歳、卓球を再び楽しんでます ♪

○  運転免許証自主返納の前にフェリーに乗ってもう一度故郷へ!

○  小遣いを前借りしてでも、思い切って行きたいコンサート! ♪

等を紹介しました。

今月も沢山のお便りを有り難うございます。

来月七月のテーマ(世話)についても、よろしくお願いしますm(-・-)m

Comments are closed.